「ほっ」と。キャンペーン

タグ:ヨウム&ダルマ ( 461 ) タグの人気記事

今日は早、春一番が吹きました。日もずいぶんと長くなりましたし、もうすぐ春ですね~。
暖かくなるのはいいのですが、これからの季節、私は苦手です。花粉は飛びますし、強風の日が多くて埃っぽくて。暖かいかと思ったら急に寒くなったり天候が不安定で私の心身まで不安定にするのがこの春先の時期。
1月の終わりに捻った足首もやっとこさよくなってきて、2週間がかりで風邪を克服したばかりです。また体調を崩さないように気を付けたいものです。

恋の季節でしょうか?最近やたらと愛があふれている花ちゃまです。

いつも素直にケージに戻ってくれる子ですが、こんな風に朝から指を握り締めてエグエグされると、後ろ髪引かれますね。
「花ちゃん、可愛いね。大好きだよ~」と私が声かけるとすぐにエグエグモードになるので、こちらの気持ちがちゃんと言葉で伝わっているんでしょうね~。愛おしいです。emoticon-0115-inlove.gif
c0133013_15090517.jpg
           ほぼ一頭身の花emoticon-0136-giggle.gif

c0133013_15091027.jpg
好物をワイルドに頬張る海くん。相変わらずです。寄り目になったこの顔、堪りません。食べてる時の海は細くなって顔が鋭角になってるもんだからなんだか写真を縦に引き伸ばしたみたいです。
c0133013_15090864.jpg
 カメラを向けるとそっぽを向くオトコですが、チラッとこちらを気にしています。


c0133013_15091401.jpg
先週またまたおかめsが産卵しました。暮れにやはり3つ卵を産んで抱卵しつつ年を越し、先月終わりに撤去したばかりでした。
詩さん、最近産卵サイクル短くなってる?そしていつも産むのは3個。
c0133013_15091380.jpg



さてさて、先日久しぶりのイタリアンでいただいたワインです。
c0133013_15090298.jpg
最初一口飲んだ時はちょっとクセのあるワインだなと思ったのですが、慣れてくると美味しく感じられました。口の中に柑橘系の香りがふわっとするのですがどこかスパイシーな感じ。
結局、私の舌はどんなワインでも慣れてしまえば美味しいと感じるのかもしれませんね。
c0133013_16182709.jpg
この夜もたくさんおいしいイタリアンをいただいたのですが、こちらのお豆と野菜のスープ、体がじわーっと癒される優しいお味で本当に美味しかったです。この日は風邪のひき始めで体調がイマイチだったせいか、メインまで行きつかず、パスタ2種類で〆ました。
c0133013_16183082.jpg
       尾鷲の牡蠣と九条葱、柚子のスパゲットーニ
c0133013_16183290.jpg
蝦夷鹿のパッパルデッレ。美味しかったです。この冬は蝦夷鹿をいただく機会に恵まれました。みんな美味しかった。

こちらのイタリアンレストランは我々夫婦のお気に入りでちょいちょい訪問するお店なのですが、この時は28年暮れのイタリアン〆に来てから1ヶ月半ぶりくらいでした。
それなのにシェフが前回お会いした時より明らかに体が絞られていて、見違えるように痩せていることに私はすぐに気がつきました。
どうしたのですか?と聞くと糖質制限ダイエットの成果だそう。
やはり料理人の方は、生活も夜型で味見やら試食やらで常にカロリーオーバーしてしまいそうですし、血糖値の高い方が多いと聞きますね。シェフは40歳になったのを機に、肉体改造をしようと一念発起して炭水化物を絶ったそうです。
2週間くらいで6キロ落ちたそうですよ。すごいですね、糖質を制限するだけで短期間でそんなに痩せられるのですね。
美味しいパスタ料理を作ってくれるシェフですが、パスタは一切食べてないそうですよ。
美味しい物を食べたいだけ食べてきた私、時々立ち止まって一度体をリセットするのも大切な事かな?と思いました。
でも、炭水化物を制限するって厳しいです~。特にパスタが食べられないなんて。禁断症状起こしちゃいそうです。私には無理かな~。




[PR]
by sanakk | 2017-02-17 13:39 | Comments(0)

絶叫アトラクション 他

ぼやぼやしてたら、あらなんと今日は節分ですね~。どこへ行っても恵方巻ばっかり販売しているので少々うんざりしています。
おまけに数日前から珍しく風邪をひきこんだらしく、頭の芯がぼーっとして気管支がムズムズして咳が出るしあまり芳しくありません。emoticon-0107-sweating.gif

c0133013_16175134.jpg
先週の始めに娘YUKAと富士急ハイランドに遊びに行ってきました。実は私、いい年をして絶叫アトラクションが大好きなんです。
1月の富士山麓はピリリと突き刺さるような寒さで都心より4~5度は気温が低いんじゃないかと思いました。遊園地内は路肩に雪が残った状態で、この数日前に積雪したことを物語っていました。学生たち春休み前の寒い季節の月曜日ということで、空いておりました。
前回来園した時は(おととし9月)、ものすごく混雑していてどのアトラクションも3時間待ちと殺人的でした。おまけに途中から雨天となりアトラクションは止まり、私たちは「フジヤマ」一つしか乗れませんでした。仕方なくお隣の富士山温泉に入って帰ったのでした。
今回はそのリベンジ。そしてこの時期はすっごく寒いけど穴場だということが分かりました。遊びに来ている人の半分以上は外国人ではないかな?
おかげで憧れの「ええじゃないか」に二度も乗ることが出来てご満悦の我々でした。
YUKAはまだ若いからいいですが、私はそろそろ絶叫アトラクションの年齢上限に引っかかるのも近い未来なので・・・今のうちに楽しんでおかなくては・・・。
さて、ここまでは良かったのですが、YUKAに誘われ「絶叫戦慄迷宮」に入ることになりました。そういわゆるお化け屋敷です。私が苦手な歩いて進むやつ。
かつて惨殺が行われた古い病院の廃屋と言う設定のお化け屋敷みたいです。
c0133013_16175757.jpg
最初にグループごとに通される部屋でまず心臓破りの写真撮影があります。爆音のシャッター音とともに椅子が動く仕掛け。とりあえずきゃあきゃあ言わされます。
その後は心配していたほど怖くはなく(強がり)順調に早足で歩き去り出口もそろそろという頃、追いかけてきたお化けから逃げようとして段差で足を踏み外し、右の足の甲で着地するという今考えてもイタイイタイ結果になってしまいました。emoticon-0106-crying.gif
かろうじて転びはしなかったものの、びっこをひきひき逃げる私をお化けさんも心配そうにゆっくりと追いかけてくれました。
これはやってしまった!完全に捻挫だ~もしかして靭帯断裂?と思った私は、お化け屋敷を出てから、スタッフの人に救護室はどこか聞きました。
すると「足を挫かれましたか?」とスタッフの人。けっこう私のようなどんくさいお客さんが居るのかもしれませんね。
でも思うんですが、薄暗くてパニックを起こしやすいお化け屋敷に階段や段差をつくるのはどうかと思いますよ。絶対危ないと思います。
私のような中高年は反射神経や踏ん張りもききませんから・・・悲しいかな、自分の運動能力の衰えを実感いたしました。
スタッフの人がどこかへ電話したら、湿布薬を持ってすっ飛んできてくれたのは先ほどお化けをやっていたらしい血のりのついた白衣を着たサイコパスの医者でした。
大丈夫ですか?すぐ湿布をはりましょう、とお化け医者に言われてなんだかちょっと可笑しかったです。
靴下を脱いで足首を出すと、もう既にくるぶしの周りが腫れ始め、くびれの無い豚足のような足になっていました。
本当に遊びに行って故障して帰ってくるほど情けない事はありません。
自分の体の機能をよく把握して遊びに行かないといけませんね。気持ちだけは絶叫アトラクションを楽しめるほど若いつもりなんですけどね。
c0133013_16180528.jpg
捻挫してから3日後の足。右足はアキレス健がみえなくなるほど腫れました。
そして内出血で赤紫から青紫に変わり、今は黄色くなり腫れも大分引いてふつうに歩けるまでに回復しています。靭帯断裂はしてなかったようです。
やれやれ・・・emoticon-0141-whew.gif



c0133013_16334072.jpg
さてさて、そんなおバカな私に優しい海くん。転寝する私の肩に止まってずっと見守ってくれていたらしいです。(娘撮影)
オカメやピーちゃんもそうなのですが、私が起きてる時は遠巻きで見ているくせに眠ってしまうと飛んできてわらわらと私の体に集うらしいです。
c0133013_16174858.jpg
c0133013_16181815.jpg
 久しぶりのピー爺さん、最近あんまり飛べなくなっちゃいました。でも元気ですよ。
c0133013_16181018.jpg
花ちゃまは相変わらずです。最近、ケージの底紙荒しがすごいです。掃除して新しく新聞紙換えてもあっという間にこんな風になってしまいます。
なにかストレスでも抱えているのでしょうか~。
c0133013_16181444.jpg
          スキンシップが足りてないの~?花ちゃま。emoticon-0107-sweating.gif







[PR]
by sanakk | 2017-02-03 16:58 | Comments(4)

銀婚式とイタリアン納め

2016年もいよいよあと5日。いろんなことが起こった1年でした。特に7月以降。たぶんこの先も忘れられない年となりそうです。その割には、詳細な事は記憶から飛んでいます。あまりにも目まぐるしくいろんなことに対応しなければならなかったので自分内蔵のHDではキャパオーバーだったようです。
かねてから故義母の入退院は続いていましたが、病気一つしなかったおやーじゅが難病発症し入院手術することになったり、2か月前には実母が突然急性膵炎を発症して緊急入院したりと自分以外の件で病院に行く機会の多い1年でした。
本当に人間、長く生きてると何が起こるか分かりません。自分だっていつ病気になるかもしれないし、心と身の回りの準備はいつでもしておかないと、と思いました。
幸い今の所私は健康で、美味しく食べて呑んでおります。
頸椎後縦靭帯骨化症という診断を下されたおやーじゅも一時はどうなるかと思いましたが、良い病院と名医に出会えたおかげで今では仕事に復帰しバリバリ働いております。
実母は11月の初めに退院して、食事制限が多少あるものの今は元気に暮らしています。
いろいろあったけど、とりあえず年の瀬の今「セーフ!」と言えることをありがたいと思います。
そして今日(26日)は我々夫婦の25回目の結婚記念日でありまして、世間で言う銀婚式ってやつですね。
若い時は定期的に激しい喧嘩を繰り返してきましたが、よくもまあ銀婚式を迎えられたものだと思います。
ここまできたら、夫婦そろって元気で金婚式を迎えることを目指したいと思います。emoticon-0102-bigsmile.gif

25年も続けられたのは、ひとえに私たち夫婦が美味い物を食べに行くのが好き、という唯一のそしてとても重要な共通点があったことが良かったのだと思います。
それが無かったたら果たして今頃どうなっていたことか・・・。
そんな我々が25周年記念と年内最後のイタリアン食べ納めを兼ねて出かけたお気に入りイタリアンレストランのクリスマス特別コースです↓

c0133013_15323423.jpg

冷前菜- 尾鷲オニエビ 根室帆立 利尻雲丹 蕪の器 オニエビのコンソメジュレ

c0133013_15323903.jpg
 温前菜- 寿雀卵 モンドールチーズ ゆり根 冬トリュフ
(実は今回のコースで一番気に入った一皿。ワインが進みます)


c0133013_15341109.jpg
この日ただいたフランスのスパークリング。しっかり発砲するタイプでバランスの良い美味しいワインでした。

c0133013_15324382.jpg

パスタ1- ブロッコリー 自家製からすみ フェデリーニ

c0133013_15331704.jpg
パスタ2- トルテッリーニ イン ブロード

c0133013_15332337.jpg
 魚料理- 尾鷲平すずき 菊芋 ビーツ

c0133013_15332795.jpg
肉料理- 南伊豆鹿ロース カーボロネロ
(柔らかくて脂の少ない赤身、鹿のお肉美味しいですね
)

c0133013_15340428.jpg
             お肉料理からのパスタ、ブッタネスカ!!
これじゃまだ足りないでしょう、とシェフが特別に作ってくれました。私たち大食い夫婦の胃袋の容量をよく把握してくれているシェフです。

c0133013_15340859.jpg
         クリスマススペシャルドルチェ- 苺のシブースト(本当に美味しかった!)

もう3年続けて年末には必ずこちらのお店にお邪魔しておりますが、いつもはアラカルトでクリスマスコースをいただくのは初めてでした。
素晴らしいラインナップでした。どれも美味しくてドルチェまでペロリ、でした。
今年も美味しいイタリアン納めが出来たこと、神様に感謝です。
来年も美味しい物いっぱい食べるぞ~。

と決意も新たにしたところで、おとりさま。

c0133013_15342083.jpg

なでなで待ちの花ちゃま。根気強く頭を下げてじっとしております。でも、なでなでしてあげるとすぐにダメ出ししてきます。
最近ちょっぴり気難しい鼠色娘。

c0133013_15342425.jpg
今朝、何に怯えたのかケージに慌てて帰ってこの体勢のまま10分くらい微動だにせず。あなたはハシビロコウですか?
何か異変を感じたのでしょうか~?海は時々こういうことがあるのです。私たちには感じることのない第6感があるのでしょうか?大きなお目目を見開いてじっと見つめる先に何かが見えていたのでしょうか~?ぞぞぞ




[PR]
by sanakk | 2016-12-26 16:43 | Comments(5)
いよいよ平成28年も残りわずかとなってまいりました。あと10日なんて信じられませんね。毎年同じような事を言ってる気がしますが・・・。


c0133013_16105746.jpg
12月初旬の週末、去年の9月に亡くなった実家のわんこラッシーの納骨をしてまいりました。
c0133013_16110303.jpg
何故、1年以上も納骨しなかったかというと、sana家の動物霊園は厚木市にあって遠いということと、なんとなく寂しくてその気になれなかったから。
しかし、この夏に亡くなった義母の納骨も済ませたし、ラッシーのお骨だけぽつんといつまでも残しておくのもなぁということで、年内にちゃんと納めるところに納めようということになりました。
c0133013_16103924.jpg
私は初めて来ました〇〇家愛犬の墓。おやーじゅも10年以上来てなかったそうです。結構立派です。義父や義母は、ご先祖様の供養はしっかりと行う人たちでした。ペットも然り、ですね。あ、義父はまだ存命ですが・・・。
c0133013_16154960.jpg
お墓を開けてみると、先輩わんこがふたりはいってました。ラッシーも寂しくないですね。因みにみんなシェットランドシープドックです。
墓地の管理事務所で墓石にラッシーの名前と没年月日を彫ってもらう手配をして帰りました。来年出来上がった頃、またお参りに行きたいと思います。
ラッシー、今頃天国で先輩わんこのラスター、ラッキーと3頭で楽しく走り回って遊んでいるでしょうか?今気がついたけど、みんな名前の最初が「ラ」だ。
ところで愛犬の墓に小鳥を葬ってもよいのでしょうか?一応、墓地側は埋葬する動物は犬や猫に限らないと言ってましたが。愛犬の墓と彫られちゃってるので。
縁起でもないですね!ウチの鳥たちはまだまだ元気ですが、ちょっとだけそんなことを考えてしまいました。


さて、その元気な我が家の鳥たちのはなし。
c0133013_16104672.jpg
先日、インスタグラムで知った小鳥のおやつ。人が食べてもすごく美味しいということだったので早速アマゾンで探してお取り寄せしてみました。
クランベリー果実入りのクッキースティックです。ためしに私も食べてみたら、あらホント、美味しい。人間のおやつになります。
ちょっと粉っぽいけど、自然な甘さで歯ごたえもサクッと軽くて食べやすいです。
でも、思ったとおり、花も海も見るのも怖いと言う感じで怯えて、逃げていきました。
c0133013_16104865.jpg
美味しそうに私が食べて見せたら花はちょっとだけ興味を示して手に持ちましたが、すぐに我に返って投げ捨て。
海は完全に拒否。
本当にインコたちって保守的。新しい物は苦手ですね~。私もちょっとそういうところありますから、気持ちはわからないでもないですけどね~。
c0133013_16105131.jpg
鳥クッキーといっしょに海用に新しくセラミックヒーターを購入しましたが、やはり取り付けた途端腰を抜かし床に転げ落ちた海でした。
c0133013_16105367.jpg
ケージの中で新しいヒーターから一番離れた場所にしがみついて動けなくなってしまったので仕方なく撤去しました。
海も来年の春には14歳。ぼちぼちシニアエイジなのかな~と思って、冷え込む夜間に使おうと思ったんですけどね~。
部屋を暗くして見えなくしからそぉーっと取付けようかな。

c0133013_16105575.jpg
2日目に花は鳥クッキーを受け入れてくれました。床に落としていたクッキーを知らない間に拾い上げ美味しそうに食べてました。emoticon-0136-giggle.gif
あらら、今回は意外と早かったわね、花ちゃま。
食べてみたら美味しいと気づいたみたいであげればあげただけどんどん食べます。
c0133013_16110056.jpg
でも・・・・これ、どれだけお腹に入っているんでしょうね~。ロスが多すぎるような気がします~。

最近、WOWOWに加入しました。
スポーツやライブ、普通の地上波じゃやってない番組が見られてイイですね。夜な夜な映画を観る機会も増えました。
民放では毎年お決まりのつまんない番組しかやってない年末年始、WOWOWから録画した映画を観て過ごせそうです。
c0133013_16104402.jpg
あら、海くんが若き日のレオさまと!(wowowで放送していた17年前の映画THE BEACHより)
レオさま、わかーい。いまじゃすっかりオジサマの貫録がでてます。私もトシとるはずです。




[PR]
by sanakk | 2016-12-20 15:48 | Comments(4)
未明の地震に目覚めました。起きてテレビをつけると予想以上に騒ぎになっているのでびっくり。震源はまたしても東北、福島県沖だそうで。津波注意報が出ていましたね。
被害が拡大しないことを祈ります。

東京でも久しぶりにハッキリと体感できる揺れにsana家の鳥たちで一番騒いだのはこの方。
c0133013_10512681.jpg
ケージの底に落ちて「ギャッ!ギャッ!」と短い悲鳴を上げているのが聞こえました。朝の放鳥タイムになってもまだ怖いのか首だけ出して辺りを警戒しては引っ込むを繰り返していました。
c0133013_10522574.jpg
私の呼びかけでやっとこさ出てきた海くん。怪我などは無いようです。怖かったねぇemoticon-0107-sweating.gif

c0133013_10524761.jpg
意外にもこのヒトたちは、まったく騒ぎませんでしたよ。パニック起こす鳥の代表選手のはずなのに。ふたり一緒で安心だったのかな?

c0133013_10533473.jpg
そして昨日の事、家族としゃべりながら上の空で花をなでなでして無意識にひっくり返そうとしたら、珍しくガブっと一撃を食らいました。流血沙汰はたぶん10年以上なかった事です。
c0133013_10532274.jpg
まあご覧の通り、出血した割には傷口は小さく大したことは無いのですが・・・(こういうの見たくなかった人ごめんなさい・・・)
多分、おしゃべり中の私にひっくり返されると思ってなかったのに不意をつかれて驚いた花は反射的に私の指を噛んでしまったのでしょう。本気噛みはしてないのだけれど尖った嘴の先が突き刺さりました。
そのことにショックを受けたのは私じゃなくて花の方でした。びっくりして私の手から飛び去りしばらくオドオドとしてました。私の肩に飛んでこようともせず・・・。デリケイトな花の心が傷ついたかもです。
c0133013_10562843.jpg
ごめんね。おかあさんの不注意だったね。花は何があっても噛んだりしない子だとタカをくくって適当な扱いをした私のフォルトでした。


さてさて、今年もあと一か月とちょと。なんか実感がないですが~。
c0133013_10571181.jpg
ボージョレーヌーヴォー赤、白、いただきました。
こちらは職場でお付き合いのある会社が契約しているワイナリーのもので過去トロフェ・リヨン(フランスのボージョレーヌーヴォーのコンクール)で近年3回金賞を取っているそうです。しかも今年は葡萄の熟成が良く素晴らしいビンテージになっているとか・・・。
何を肴にいただこうか、家呑みが楽しみです。emoticon-0111-blush.gif





[PR]
by sanakk | 2016-11-22 11:11 | Comments(2)

もうすぐ11月だというのに、季節が遡ったような暑さの一週間でした。
来週からは、ぐっと気温も下がり秋らしい気候になるそうです。そろそろ夜間の鳥たちの保温を考えなければ。
熱帯雨林のような我が家のリビングもさすがに11月にもなると夜間は冷え込むので。




食いしん坊海はオカメsのケージに頭をつっこんでシードのつまみ食い。
「あたしのおやつを食べないで~」と抗議する詩を威嚇する始末。(威嚇するだけで攻撃はしませんけどemoticon-0107-sweating.gif)こういうの盗人猛々しいって言うんでしょうか?

c0133013_16440461.jpg
実際はピーちゃんの10倍以上の大きさの花ですがずーっと後ろに下がるとそんなに体格差があるように見えませんね。花はいつもピーちゃんのカゴの周りをウロウロしてます。
c0133013_16442807.jpg

この夏のバタバタですっかり希の病院通いがストップしてしまいました。飲み薬もとっくに切らせています。
夜になると呼吸は相変わらず荒いのですが、良く通る声で鳴くし食欲もあるのでしばらくこのままで行こうと決めました。
c0133013_16445185.jpg
薬水も無いので、一年ぶりに詩との同居を再開しました。
なーんとなく距離が縮まらないふたり。希はうれしそうなんだけど・・・、詩がねぇ~。
のびのびと広いケージで一人暮らししていたのに、急に相方が帰って来たとなると、もはや気ままな独り暮らしの方がいいわーというのが詩の本音なのかな?まあ、人間の夫婦にもあるあるですねemoticon-0102-bigsmile.gif


先日、義母の納骨を無事終わらせました。
朝から大雨の日でした。あちらこちら手配してあったので、もう日にちを移動することはできず、雨の中の強行となりました。母がまだお墓には入りたくない、と言っているのかな~とちょっと思いましたね。
それでも墓地に車で赴く途中、雨は小降りになりました。傘も差さずに法事を済ませられるほどでした。
それなのにいよいよお骨をお墓に納める時になって再び急に雨足が強くなりました。ああ、やっぱりお義母さんはまだ入りたくないのだわ、と思いましたよ。でも仕方ないです。生きてる私たちはひとつひとつ物事を片付けて前に進んでいく必要がありますから。
義母のいろんな事を、閉じて行く作業はちっとも進んでいません。なんとなく忙しさのせいにして後回しにしている私です。でもそろそろ本腰入れなくては・・・。
納骨に出席してくれた埼玉の叔母(実妹)が母の衣類を全部引き取って整理してくれると言ってくださいました。本当に助かりました。
クローゼット一杯の母の服やタンスにいっぱいのセーターやブラウス・・・そのうちいつか処分しなければなりませんが捨てるのはしのびないし、売れる物でもないし。
おやーじゅ仕事用の大型ワンボックスカーの荷台いっぱいに積んだ母の衣類と一緒に叔母を埼玉まで送りました。
本当に叔母に感謝です。
自分もこれからは何があるかわからないのだから、物を増やさないように生きようと思いました。増やしてしまったら要らないものはさっさと処分しなければ・・・と。


c0133013_16431160.jpg
叔母を送った時走った、首都高中央環状線からの景色です。ちょうど荒川に沿って走る船堀橋から小菅くらいまでの間、左側にスカイツリーを見ながら大東京を荒川越しに俯瞰しているようで私の好きな路線です。
この時は朝からの雨がやっと夕暮れになって止んで、明日は晴れるかなぁという夕焼けを見ることができました。
ふと気がつくと青い光がふわふわとスカイツリーの周りを不思議な動きで飛んでいます。
ありゃなんだ?!未確認飛行物体かっ!     
と、一瞬ワクワクしましたが、車の窓ガラスに映った私のスマホカメラのライトと思われます。なーんだ・・・・




[PR]
by sanakk | 2016-10-21 17:00 | Comments(2)

渚園ライブ参戦!


c0133013_15114904.jpg
日曜日、静岡県浜松市の弁天島へ行ってきました。新幹線の切符捨てられずにいます。
余りにもエキサイティングで楽しかったから、余韻から抜け出せずにいます。
c0133013_15130792.jpg

それは、ワンオクことONE OK ROCK の渚園スペシャルライブに参戦して来たからでーす。娘YUKAと。
渚園は私も初めて行きました。新幹線浜松駅から東海道本線に乗り換えて12分の弁天島駅下車、浜名湖に浮かぶだだっ広いキャンプ場がライブ会場でした。
当日、天気は雨の予報でした。もちろんライブは雨天決行です。かつてあのB’zがこの渚園で10万人規模のライブをした時の情報では(台風とぶつかったそう)芝生の会場は地面がドロドロになり大変だったとききました。
あーあ、誰かさんの行いが悪いから・・・、とため息交じりテンションも下げ下げの状態で雨がそぼ降る中、東京駅に向かいました。
が、しかし、浜松市の現地に近づくにつれて、新幹線の車窓は明るく日差しが強く差し込むようになるじゃありませんか。あー、やっぱり私の行いが良いからだわ、とかなんとか言いながら現地に着いたのが11時前。
c0133013_15152434.jpg

        浜松市は快晴。弁天島海浜公園から見る赤い鳥居。
c0133013_15150876.jpg
ライブのスタートは15:30から。まだまだ時間がありますが、まずは会場の渚園に行って自分のブロック内で良いポジションを確保しなくてはなりません。今回はオールスタンディングのライブだったのです。実は私、スタンディングのライブは初参戦です。しかもワンオクなんて若い子(おそらく10代から20代前半の人がほとんど?)ばかりが集まるロックコンサートです。2時間半の縦ノリジャンプに果たして耐えられるのか自信がありませんでした。
我々のブロックはA2。なんとなんとステージに向かって一番前の中央。最高のブロックが当ったのでした。もうこれで2016年の運気は使い果たした感じです。
ライブスタートまで4時間、暑さとの戦いでした。雨の予報が一転して晴れになってラッキーと思いましたが、暑いのもなかなか辛いものです。
c0133013_15265354.jpg
会場には当然椅子はありませんので、自分のポジションを確保したら地べたに座ってひたすら太陽光を浴びながら待ちます。
スタート前2時間を切った頃、もっと人が入るので立って前に詰めてくださいとアナウンスが入り、立たされました。苦しい苦しい。
ライブを愉しむためには老体にムチ打って苦行に耐えないといけないんですね~。
その日の観客5万5000人の中で自分が最高齢なんじゃないか、と思っていましたが、なんのなんの、そんなことはなかったです。チラホラですが同年代かもしくはもう少し先輩と思われる方々もいらっしゃいました。まあ、だいたい我々と同じように親子連れというパターンが多かったですけどね。

さて、ワンオクのライブですが、楽しかったです。最高でした!!娘の影響でしたが、私自身が本当に好きになりました。
今回は、この土曜日曜のみのライブでしたが来年はツアーも敢行するとのこと。
絶対ぜーったい、またYUKAと参加します。東京近辺でチケットとれなければ、地方だって行きます。それまでにはもっと体力つけておかないと。
猛暑の中立ちっぱなし&2時間半縦ノリ腕上げジャンプ、時には隣の人と肩を組んで激しく前後に首振り、汗だく、足は砂埃まみれ。
疲れました~。
c0133013_15582224.jpg
c0133013_15581255.jpg
本当にワンオクライブ初参戦でA-2ブロックを当てたことは奇跡と言ってもいいくらい幸運な事でした。
ステイタスシンボルのように一日腕に巻いていたアームバンドです。記念に保存しておきます。
帰りの新幹線はビールを飲んで廃人になってました。 因みに翌日は腰痛と首の筋肉痛、肩凝りで一日ぎくしゃくと歩いてました。
それでもまた参戦したーい。

と、熱く語った後はちょこっとお鳥さま。emoticon-0111-blush.gif
一日お出かけした翌日は、明らかに甘えんぼうになる花ちゃま。
c0133013_15320959.jpg
とことこと私の前に歩いてきて、お辞儀してはチラッと見上げて、カキカキ待ちをしていました。
c0133013_15335393.jpg
ピンボケ写真ですが、
ドアの下のわずかな隙間を観ようとしています。そこまで首をねじらなくても・・・emoticon-0102-bigsmile.gif
c0133013_15332683.jpg
海くんはいつもマイペース。彼のルーティンは変わりません。毎朝、私のそばで物欲しそうなあるいは賢そうな瞳で佇んでいます。










[PR]
by sanakk | 2016-09-13 15:55 | Comments(0)
残暑続いておりますが、9月に入るとやっぱり朝夕の風に秋を感じますね~。
先日、義母の四十九日の法要を済ませなんとか一息ついているところです。
c0133013_09583157.jpg
法要の日、ご仏前にお供えした果物の籠です。留守にすると部屋は暑くなり、果物もすぐに傷んでしまうので申し訳ないけどすぐに引き上げてきて、家族でありがたくいただくことにしました。
それにしても大きな粒のシャインマスカットや長野パープル、こんな機会じゃないと絶対買わない高級果物ですね。ほっぺたが落ちそうに美味しかったですよ。
もちろん鳥たちにもおすそ分けしました。
c0133013_10003388.jpg
初めての大きなグリーンのブドウの粒におっかなびっくりな花。
なかなか手に持とうとしないので私が齧って断面を見せたらおそるおそる舐めてみる花でした。
c0133013_10052655.jpg
ちょっと今まで食べたことのない美味しさと気づいたのか、花にしては珍しく根気よく食べていましたが、最後はボトっと落としてました。

今夜あたりは、大きな白桃や桜桃が食べごろでしょう。果物が大好きだった義母を思い出しつつ味わいましょう。

c0133013_10010409.jpg
無邪気な瞳で見上げてくる花とその向こうはピーちゃんです。
c0133013_10022677.jpg
めずらしく昨夜ケージから出てきたんだけど、じーっと私の横に佇んで動こうとしません。
c0133013_10030540.jpg
こんな風にひょいと捕まえられるなんて若い時にはあり得なかったこと。(私の指を持つ小さなあんよが可愛い!)
けれど、決して具合が悪い訳ではないのでご安心を。自然な老化現象だと思います。
ここからまだまだ長生きを期待しております、ピーちゃん。

c0133013_10034240.jpg
しばらく切らしていたピスタチオに久々にありついた海。嬉しそうに食べていました。
無塩ピスタチオを購入していたいつものお店が欠品しており、結構探してしまいました。
無塩のピスタチオって意外と普通のお店には置いてないものですね。無糖のドライフルーツがなかなか無いように・・・。
c0133013_10043387.jpg
背中から私にクンクンされて、若干逃げ腰になっている花。今朝は何とも言えないクセになるニオイでした。
暑いので日光浴もこのところしていませんから、ちょっと蒸れたような甘いようなすっぱいような粉っぽいかほり。鳥好きでなきゃ絶対嗅ぎたくない匂いかもしれません。
今朝も白い粉たくさん吸引して癒され、一日の活力をいただきました。


いよいよ本格的に秋の味覚の到来ですね。
c0133013_10054480.png
先日、馴染の和食屋さんでいただきました。生秋刀魚のお造りと塩焼き。もう少したてば家で安価な生秋刀魚が食べられるのでしょうけど、やはり新物入荷となると注文せずにはいられませんでした。
美味しかったです~。
今年の秋刀魚は去年よりさらに高値になるとききました。年々日本近海での漁獲高が減少しているようですね。昔から安くて美味しい庶民の味方が、そのうち高級魚になってしまうのでしょうか?
c0133013_10052923.jpg
秋刀魚を肴にいただいたお酒たち。青森県の田酒と山形県の霞城寿。どちらも大好きな日本酒です。
秋はやっぱり日本酒ですね~。(一年中お酒は美味しいですがemoticon-0110-tongueout.gif)





[PR]
by sanakk | 2016-09-06 10:16 | Comments(4)
7月に入ってからいろいろと慌ただしい毎日となり更新さぼっておりました。
次から次へとクリアしなければならない問題が起き、あちらこちらに電話を掛けたり人と会ったりしてました。
いろんな問題が同時に勃発したので、私の頭の回路は混線しショートしそうになりました。とにかく、優先順位を決めて早急に解決しなければならない事から着手して、ひとつひとつ解決していきました。なんとかとりあえずの出口が見えてきたのでほっと一息ついているところです。
この数週間、鳥たちともじっくりと向き合う時間が取れず、朝ケージの掃除をする時に機械的に放鳥するだけでした。
そして、フト気が付いたら・・・・・
c0133013_1630111.jpg
ピーちゃんが爺さんになっていたぁ~。
忙しくて、ピーちゃんの変化にも気がついてなかったです。娘はとっくに気がついてました。
ケージの扉を開けると間髪いれずに飛び出していたピーちゃんが出て来ようとしない。

無理矢理出しても飛ばない。家族みんなの頭を鬱陶しいほど渡り歩いてまとわりつきグジュグジュ言ってたのに。なんとなく動きがモタモタしている。
ケージの中でも以前の様にスリスリゲロゲロせずにジッとしていることが多い。呼んだらよってくるけど、疲れてしまうのかすぐに止まり木にもどってしまう。等々の変化は一月ほど前から急に出ていたそうです。
もう以前のゼロ戦ピーちゃんじゃなくなりました。
c0133013_16323356.jpg
こんな風に手におとなしくとまっている男じゃなかったんです。一秒もじっとしていられなかったのに。
今ではすっかり翁の風格です。
みんなにピー爺と呼ばれてます。
ピー爺、推定年齢8歳。隠居するにはまだちょっと早いですよね。ごはんはモリモリ食べてるし元気はあるんですが以前のようなしつこくて暑苦しいスタミナは無い感じです。
もっと長生きしてもらわなきゃならないので、ピーちゃんの大好きなサンシードのビタプライマシリーズを久しぶりにお取り寄せしました。
c0133013_16334271.jpg
そして国産のペレットというのに惹かれて初めて購入してみたのが黒瀬ペットフードのネオ・フード。栄養価が高そうなんですが、ピー爺、気に入ってくれるかしら?

c0133013_1634814.jpg
爪切りされて肩で息をしている花。ただでさえも蒸し暑いのに厚手のマットに包まれて押え込まれて爪切りされたのではさぞかし苦しかったでしょうね。ひぃーんひぃーんと泣き声をあげていました。お疲れ様。
c0133013_1635143.jpg
       よしよし・・・いい子いい子emoticon-0115-inlove.gif
c0133013_16353267.jpg
換羽中の海は毛並がボロボロですが、私のTシャツもボロボロにしてくれました。

海、13歳。花、12歳。 詩&希、7歳。 そしてピーちゃん8歳(推定)。ウチのお鳥さまのなかではピーちゃんが最後にお迎えされた鳥ですが、最初に爺さんになりました。emoticon-0107-sweating.gif

さてさて、来週末(7月30日)は夏の土用丑の日ですね。
最近忙しくて心身共に疲れ気味だったので、スタミナをつけようと先日一足先に鰻をいただきました。
c0133013_16364848.jpg
ごはんの間にもう一枚蒲焼が隠れている、このお店名物のまむし丼です。タレが甘すぎずあっさりしていて、鰻もふっくら、そしてお米が美味しかったです。
お腹いっぱい大満足でしたが・・・・、家に帰ってから胸焼けと胃もたれに苦しみました。
体調が落ちている時はただスタミナをつければいいってもんじゃありませんね。弱った体なりの食事を摂らなければいけなかったのですね。反省です。
夏のスタミナ食の代表みたいな鰻ですが、本当の旬は夏ではなく冬なんですよね~。


[PR]
by sanakk | 2016-07-22 16:45 | Comments(4)
c0133013_17133239.jpg
頭にふわ毛をのっけたままで真顔で見つめてくる花です。
頭ふわふわさせながらそれは真剣な目つきで一歩踏み出してくるので、花には申し訳ないけどつい吹き出してしまいます。
ヨウムは、というか花は怖い顔してるくせに、どかかヌボーっとしていて天然なところが大好きです。emoticon-0115-inlove.gif
見ていると脱力してしまうようなおっとりとした動きや可笑しくて妙に的を得たおしゃべりに私がどれだけ癒されてきたことでしょう。

c0133013_17162573.jpg
蒸し暑いのに体温の高い花が肩にとまるとさらに暑いですが・・・我慢我慢・・・・

c0133013_17164679.jpg
ただ、伸びてきた爪が私の肩に刺さり穴が開きそうなのは我慢できません。そろそろ爪切りをしなければ。emoticon-0107-sweating.gif

海はただ今換羽中。
c0133013_17171521.jpg
長い尾羽が抜けて後姿が小桜さんになっております。
c0133013_17173499.jpg
自分のロングテールを自慢げに振りかざして遊んでおります。
換羽の期間、海はケージの外に出てこなくなります。あまり飛べなくなるので出てこないのか、体力を温存しているのか・・・・この時期ひとり遊びの時間が長くなりますね。

さて、先週末はおやーじゅと義母と3人で食事しました。
地元で行きつけの美味しい日本酒を呑ませてくれる小料理屋さん。義母が一度行ってみたいと言うので。
c0133013_17183686.jpg
冷えた加賀鳶をいただきました。この夏初の能登大島産の岩牡蠣が肴です。キュッとライムを絞って。
美味しくないわけがありません。
c0133013_1719251.jpg
その日お勧めのお造りに柔らかい鮑もいただきました。
c0133013_17194898.jpg
めったに入荷しないという静岡の地酒、天満月(あまみつき)純米大吟醸もいただきました。こちらは初めていただくお酒です。初めは甘いフルーツのような香りと甘みが口に広がるのですが、その後にはきりりと切れの良い味わいやって来るとても美味しいお酒でした。
日本酒は奥が深いですね~。お店の大将が選んでくれるお酒は何を呑んでもみんな違ってみんなイイ。
「お義母さん、お酒も美味しいしお料理も美味しい、幸せだわ」と言うと、義母は目を細めて「それは良かった、良かった」と言ってくれました。
ここ数か月で、以前にも増して痩せて小さくなってしまった義母です。5年に及ぶ闘病生活ですが、このところあまり調子が良くないとは聞いていました。正直、義母のあまりの痩せかたにドキっとしました。
美味しい、といいつつもお料理はほんのちょっとしか食べられず・・・。この日の二日後には入院することになっていたので、その前に美味しい物を食べようとおやーじゅが言い出した食事会でした。

私は後から聞いたのですが、義母は主治医の先生から緩和ケア科に行くことを勧められているのだそうです。
あれほど病気を克服して長生きをしたいと前向きに頑張っていた義母なのに・・・・。
言葉がありませんでした。
でもなんとなくこんな日が来ることも大分前から分かっていたような気がします。
美食家の義母には数えきれないほど、美味しい物をご馳走になりました。
せめて今回の入院の処置で、義母の体調が少しは戻り、美味しく食事ができるようになるといいのに、と切に願います。
できればおやーじゅと義母と3人で温泉旅行でも行けたら・・・と。

[PR]
by sanakk | 2016-07-08 17:31 | Comments(4)

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります


by sanakk