ヨウムな生活 sanahana.exblog.jp

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります


by sanakk
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ:ヨウム&ダルマ ( 471 ) タグの人気記事

とうとう・・・

師走を迎えてしまいました。先月は一回しか更新ができませんでした。

c0133013_07431365.jpg
11月のとある日に撮影した夕刻の富士山です。赤い空が映った川面とくっきりとした富士山のシルエットが幻想的でした。
冬に向かって行くこの季節の晴れた日の夕方は、帰路の途中よくこんな景色を目にします。
何となくセンチメンタルな気分になるのはなぜでしょう?

ジビエの季節になりましたねぇ~。
c0133013_07432965.jpg
先日訪問した地元のイタリアンでいただいたカザレッチェ猪のラグー。
この夜はランブルスコを楽しみつつ、イタリアンディナーをいただきました。
c0133013_07433349.jpg
蝦夷鹿のローストです。鹿肉は夏、と聞きましたが、この時期の鹿も最高ですね。とても美味でした。
昔から懇意にしていたイタリアンレストランなのですが、少し前に料理人が辞めてしまってしばらくディナータイムをワインバーとして営業していました。
その後どうなったかな?とおじゃましてみたら、なんとソムリエをやっていた男性が厨房でフライパンを振っていました。
その昔はイタリアンの料理人としての経験があったそうですが、10年以上のブランクがあるそうなので大丈夫かな?と心配していましたが、↑のようなお料理が出てきましたよ。とても美味しかったのでほっとしました。
彼は、お店の権利を買い取って新体制でこれからも営業していくと言っていました。
頑張って欲しいものです。


さてさて、この年末になってsana家は喪中となってしまいました。来年は新年のお祝いできる・・・と思っていたのですが、昨年夏に亡くなった義母に続き、先日義父が亡くなりました。この4年間ほど、こんなに弔事が続く家も珍しいのではないでしょうか?

現在リフォーム工事中の新居には施設に入っている車椅子の義父も呼んであげようと、バリアフリーの玄関までわざわざ作ったのに。義父も楽しみにしていたようですが、出来上がるのを待たずに逝ってしまいました。残念です。
そんなこんなで今年の年末はあわただしくなりそうです。そして新年早々には家族で大移動しなければなりません。気が重たいですね~。


鳥たちはみんな元気です。代表のふたりです。
c0133013_07432249.jpg
c0133013_07433774.jpg
幼いころからずーっと暮らしてきた家から新しい環境に移るわけですが、馴染んでくれるでしょうか?
それも心配事の一つです。



[PR]
by sanakk | 2017-12-02 08:09 | Comments(2)
10月も終わってしまいますね。
しかし、今年の秋は雨続きでした。先週の台風21号は各地に被害をもたらしましたが、私の生息エリア近くにも大きな爪痕を残して行きました。
c0133013_09135835.jpg
台風21号が去って行った朝の多摩川です。堤防まであと2メートルくらいの所まで川の水がきていました。消防のレスキュー車や救急車が何台も川べりの遊歩道に止まっていました。
濁流が呑みこんでしまったこの場所は、普段はだだっ広い河川敷だったのです。
朝のニュースで、中洲に取り残された人の救助の模様を流していました。
河川敷の住人の方々でしょうか?
そうじゃなければあの嵐の未明に河川敷に居るなんてありえませんよね。
何はともあれ無事に全員救助されて良かったです。
c0133013_09145264.jpg
翌日の同じ場所です。あっという間に水が引いた後は、そこにあったテニスコートは無残なことになっていました。
つくづく自然の力は凄いなぁと感じた朝でした。そして久しぶりに見上げた晴れた秋空でした。
ところが、またしても今週末に台風22号が日本列島に近づいてくるという予報!!
もううんざりですね。
ハロウィンの仮装パレードを予定されているところもあるのでしょうが、雨天になったら大変でしょうに・・・。

c0133013_09145734.jpg
先日、娘と蕎麦屋呑みをしたときの画像です。
娘が会社の上司(40歳代)との呑み会の店選びを任されて、どんな店にすればいいだろうか?と相談を受けて考えた結果、私が提案したお店です。
すると娘は前もって現地調査をしたいというので先週末行ってきました。
40代男性、お酒が好きとなれば肴の種類も豊富で日本酒も各種置いている蕎麦屋で〆に蕎麦をずずずーっとやるコースが最適と思ったのですが、もうちょっと上の年代向きだったでしょうか?
お通しが鯛兜煮という渋い蕎麦屋で地ビールから始まって発泡酒をいただき、青森の銘酒田酒を頂きました。当の娘はビールを一杯だけ。
その店に外国人のアルバイト男子がいました。背が高くて青い目の彼は爽やかで礼儀正しそうな好感が持てる青年でした。
私たちでも読みづらいような日本酒の漢字の銘柄をすらすら読み上げて説明してくれたり、お品書きにある日本料理の品名も完璧に読めるようでした。
すごいなあ、と思って「ご出身は?」と聞くと「フランスです」とのこと。
最近、日本びいきの若いフランス人が増えているらしいですね。アニメやコミックなどの日本独特のオタク文化(?)が窓口になっているのかな?蕎麦屋の彼がそうかどうかはわかりませんが。
お蕎麦屋をアルバイト先に選ぶなんて、日本が好きなんだなということはわかりました。
今、外国人観光客が増加して、「ヌードルハラスメント」なんて言葉も生まれています。私たち日本人が粋とする蕎麦をすするずずずーっという音は、彼ら西洋人からすればトイレの音にも匹敵するほど耳障りな音らしいですが。
蕎麦屋で働くフランス人の青年は上手に蕎麦をすすれるんでしょうね。きっと。そう思いたいです。
c0133013_09132857.jpg
吞んだ後の〆にこの時もお蕎麦をいただきました。私好みの美味しいお蕎麦でした。
後日、娘と勤め先の上司二人との(不思議な組合せ?)呑み会は開催され、そのお店は好評だったようです。良かった良かった。


c0133013_09150170.jpg
さてさて、アーモンドを握りしめてご満悦の海くんです。
とても美味しそうに嬉しそうに一粒のアーモンドを大事に食べます。ナッツのCMがあれば海を起用してほしいくらいです。最高のキャスティングだと思いますよ104.png
c0133013_09150419.jpg
落花生をとても雑に食べる花。食べるモノに対してのこの扱いの違いは何でしょうね?
自然界での生息域や食性の違い、というよりは性格の違い、と思ってしまいます。このふたりを見ていると。



[PR]
by sanakk | 2017-10-27 16:52 | Comments(2)
更新をサボっているうちに9月も中旬になってしまいました。
EW&Fの往年の名曲(1978年)Septemberを聞きながらこのブログを綴っております。
9月になると聞きたくなる、おそらく洋楽の中で最も好きな曲のひとつです。
そしてこの曲を聞くとよみがえる10代の頃の遠い遠い記憶は苦々しく若気の至りと言いたい思い出です。105.png
と、そんな話はさておき!
9月に入ると私的にはもう1年も終盤を迎えたなあと思ってしまうのですが。実際あと3ヶ月半ですよ。2017年も。
きっとあっという間に年の瀬になりますよ。

先日は2年ぶりに、次女が中高と通った女子校の母友会がありました。卒業してもう5年も経つのにまだ細々と続いております。前回に続きなぜかまた私が幹事でした。前回のお店がとても好評だったので、今回も皆さんがガッカリしないような会場を選ばなければと考えてしまいました。
で、みなさんが集まり易い場所、お酒の好みや女子会(熟女会?)であることなどいろいろ勘案した結果、選らんだお店はやっぱり私の得意なイタリアンでした。
c0133013_16532241.jpg
場所は恵比寿。集合場所はえびす像前。渋谷のハチ公前はあるけど、えびす像前で待ち合わせしたのは初めてでした。
c0133013_16535121.jpg
2年ぶりにお会いしたお母様たちは、みんな変わりなく(若干ふっくらされたり、ほっそりされたりはありましたが)、みなさん子育てから解放され後は自分の時間を楽しんでおられ、生き生きとされていましたよ。まあ、年齢的にはちょうど親の介護や看取りの時期ですので、その件が若干話題に影をおとしていましたが。
さすがに自身が「おばあちゃん」になっている方は一人もいませんでした。それどころか自分の娘には彼氏もいなくて大丈夫かしら?と心配するママがほとんど。(ウチも含め119.png
結局、今の若い世代は恋愛やその先の結婚への願望が希薄なのだ、という結論になりました。本当にそういう傾向はあると思いますね。

お店は以前娘とランチをしたことがあって、とても美味しくて女性ウケしそうなイタリアンレストラン
「ダルマット恵比寿店」さんです。
お料理はお任せ7品コース。
c0133013_16544799.jpg
アミューズ、冷たい前菜(カツオのたたき)、温かい前菜(秋刀魚ワタをパテ状レーズンと共にロールして焼いたもの、美味!)、冷たい桃のパスタ、お肉は栃木のあさの豚、〆の温かいパスタは山羊のボロネーゼ。
ドルチェも選べて、美味しくてリーズナブルでお勧めのお店です。
4月から10月末くらいまではフルーツの冷たいパスタが人気で、桃が終ったら、洋ナシの冷たいパスタになるそうです。その頃またお邪魔してみようかな?

c0133013_16555323.jpg
こちらはその熟女会の前日にお邪魔した行きつけの日本料理店でいただいた能登のシャルドネ。
とても美味しかったです~。お取り寄せしたくなるくらい。
c0133013_16561390.jpg
私が秋刀魚が大好きな事をご存知なのか、大将が秋刀魚のお鮨を作ってくれました。旬の食材、最高ですね!
食欲の秋(私は食欲の四季ですが)、連日呑んで食べて横に大きくならないように気を付けないと。

c0133013_16563092.jpg
三女の花ちゃまも食欲旺盛です。大好物の茹でた枝豆、この夏はたくさん食べたね~。

c0133013_16564784.jpg
ひま種、盗み食いしているところを私に見つかってビクッとしている瞬間106.png

c0133013_16573660.jpg
なのに体重は安定の450g。人間用の電子体重計に乗っけても結構正確に体重量れるもんですね。
さすがに内臓脂肪や筋肉量などはエラーがでましたけど・・・・。鳥って内臓脂肪なんか無さそうですよね~。

c0133013_16581070.jpg
だいたい3ヶ月毎の繁殖期に入ったオカメs。久しぶりのアップ。
ラブラブな様子と小競り合いを頻繁に繰り返します。そして気がつけば床に卵が落ちているのです。
c0133013_16581307.jpg
この春で8歳になった詩さん。産む卵の数が少なくなりました。せいぜい3つ。

c0133013_16581557.jpg
詩と希はおなじ日が誕生日、2009年4月2日生まれです。慢性肺炎という持病は相変わらずですが、食欲は旺盛な希くん。頑張って生きてます。



最後はピスタチオの殻を振り回してわめく海です。コレはもしかしてピスタチオの催促かもしれません。104.png






[PR]
by sanakk | 2017-09-13 09:53 | Comments(2)

もうすぐ夏休み♪

暦は8月に突入。夏本番!と行きたいところですが、台風の影響でパッとしないお天気が続いていますね。
8月だというのにこう毎日曇天続きだと夏はどこへいったのだろう?とつまらない気分になります。晴れれば晴れたで暑い暑いと文句いうくせに。
いよいよ来週末から私も夏休み!!104.png今年は消化しきれていない有給休暇を使って11日から20日まで10連休してやろうと思っています。
普段できない家の事、鳥との時間、自分のメンテナンス、そしてプチ旅行などなど画策しております。

c0133013_15470964.jpg
お久しぶりのピーちゃんです。
無理矢理ニギニギしておりますが、これはお尻チェックの為。
c0133013_15474064.jpg
最近、時々お尻がキタナイピーちゃんなのです。う〇こが固まってお尻にお団子になってこびりついている時があるんです。
そーっと取ってあげるつもりが、羽毛に貼りついていてなかなかとれず、結果、肛門まわりの羽毛もはぎ取ってしまいました。119.png
ごめんね。ピーちゃん、今度こういうことがあったら、ちゃんとお尻を濡らして拭き取ってあげます。
元気はあって食欲旺盛ですが、お尻が汚れるということは、消化器系が弱っているのかしら?良い状態のう〇こじゃない証拠ですね。
高齢のおじいちゃんインコですから。注意して様子を見ています。
c0133013_15492793.jpg
        アンニュイな感じの海。
朝のひと時。



c0133013_15495652.jpg
ふてくされたような表情の花ですが、けして機嫌が悪い訳じゃありません。


ひとり電話中。129.png 離れたところからほかの鳥たちを撮っているふりしているのでボリュームを上げないと聞こえないかもしれません。
もしもし?はい!あのぉ~、ピッ!(電話の音)はい。あぁ~
最後の「あぁ~」は無愛想でめんどくさそうな私の声ですね148.png何を真似されるかわかったもんじゃありません。


さて、先日おじゃましたご近所の日本料理店をちょっと。
30代とお見受けするお若いご夫婦が経営されているお店です。2年半ぶりくらいの訪問です。
良いお店だなと思っていましたが、以前よりさらにお料理が洗練され美味しくなっていることに驚きました。

c0133013_15543666.jpg
その日いただいたお造りの盛り合わせ右端の石垣貝(エゾイシカゲ貝)は旬ですね。
貝殻は赤貝に似ていますがトリガイの仲間です。
以前はあまり流通の無かった珍しい貝です。甘みが強く美味しい貝ですね。昔は貝類全般苦手だった私ですが、いつの間にか好きになっていることに気がつきました。

c0133013_15554734.jpg
穴子と桃のお料理。桃は旬のこの時期、冷製パスタなどにも使われますが、こうして和食の一品にもなるんですね。
穴子の白焼きと桃と山葵、初めての組合せでしたがとても美味しかったです。
c0133013_15563196.jpg
この日いただいたワイン。日本料理のお店で日本のワインをいただく機会が増えました。さらりとのど越しがよくて、和食にぴったりの白でした。冷酒も好きですが、暑い日はキリっと冷やした白が一番好きな今日この頃。
c0133013_15583928.jpg
           自家製プリンも看板メニューです。

以前にお邪魔した時、ランドセルをしょって入ってきたご夫婦の息子さんが、ぐんと背が伸びて、ママよりも大きなってお店に入ってきました。
2年半の間にすっかり大人びて私たちのテーブルに来て「いらっしゃいませ」だって・・・。その後厨房に入ってお父さんのお手伝いをしていました。まだ中学生になったばかりくらいかな?頼もしい息子さんになったなぁと微笑ましく思いました。
将来はお父さんの後をついで料理人になるのでしょうか~。




[PR]
by sanakk | 2017-08-04 16:19 | Comments(2)

夏本番! 

更新をサボっているうちに7月も中旬になってしまいました。毎日暑いですね~。
もうこれは梅雨、明けてますよね?梅雨明け宣言は出ていないみたいだけど。
さあ、夏本番!・・・と思ったら、あっという間に夏は終わってしまうんですよね。
先日(6月下旬でした)の夕方の空です。この時期の夕暮れの空は不思議な色をしていることが多いです。
c0133013_15325287.jpg
まったく加工無しですよ。空も川もピンク色に染まってとても幻想的な風景でした。
こんな夕焼けはいろんな気象条件がそろわないと見られないレア物だと思います。

我が家の鳥たちもこの暑さの中、元気に暮らしおります。
c0133013_15332928.jpg
明らかに発情中の体勢の詩さん。絶対産卵するな、と思っていたら、今朝ケージの中に卵が二つ転がってましたよ。
c0133013_15342153.jpg
またしばらくは儀式の様な詩と希の抱卵期が続くのでしょう。

c0133013_15343600.jpg
珍しく至近距離のおふたり。花は平然としていますが海は体が逃げていますね。102.png
c0133013_15343950.jpg
いつ花に襲われても逃げられるように首だけにゅーんと伸ばしておやつ食べてます。
c0133013_15351710.jpg
湿度が高い朝は、肩に飛んできた海が匂います。105.png何とも言えないエキゾチックなかほり。雑巾臭のような、長い間お風呂に入っていない人のような・・・。でも、海だから許します。
c0133013_15352020.jpg
そして次の瞬間には、肩のメンバーが入れ替わります。
飛んできて海を蹴散らして肩にとまる花の分かり易いドヤ顔デス。
c0133013_15361647.jpg
    カメラ撮影はいいから、早くおやつをちょうだいよ。by海

先日、最寄りの駅前に新装オープンした和食屋さんに行ってきました。
そのお店は、sana家がずっとお付き合いしている大工さんが内装を手がけたお店でした。
大工のМさんは、それはこだわって時間をかけてお仕事をしたそうで工期も大きく延びたそうですよ。いい店だから一度行ってみてくださいと言われて、出かけてみました。
オープンして1週間なのでお店の前には胡蝶蘭が並んでいましたよ。
確かにMさんが丁寧な仕事をされたらしく、素晴らしい内装のお店でした。
c0133013_15373755.jpg
通されたのは個室でしたが、建具屋さんのお仕事が素敵。木の扉は建付けだけで最後まで閉めずとも自然と閉まるように造られています。椅子やテーブル、トイレの中まで随所に店主の方とその奥様、そして大工Mさんのこだわりを感じました。お金もかかっただろうな~という感じ。
そして一番肝心なお料理は・・・・
c0133013_16004248.jpg
とても繊細で凝った日本料理に美しい器。左上の突出しは新店舗の船出という意味で船の器なのだそうです。
紫雲丹と蝦夷馬糞雲丹がのっているは一口大のもち米です。
あいなめと加賀太うりのお椀、そしてお次はお造り。炙り帆立に本鮪、ウマヅラハギの肝和えはたいそう美味しかったです。
c0133013_15401218.jpg
こちらは生まれて初めていただきました。星エイの唐揚げです。食感がシコシコサクサクしていて子供の頃給食で食べた鯨の立田揚げにも似ていました。
c0133013_15403434.jpg
そしてこれが星エイの肝です。これは、美味しかったですよ。カワハギやウマヅラの肝よりもっともっと甘くて濃厚なのです。
c0133013_15410538.jpg
この日いただいたのは日本酒ではなく、シャトー勝沼の鳥居平今村。店主夫妻がご自分の料理に合うワインを捜し歩き試飲しまくって決めた日本のワインだそうですよ。
日本人が作るワインが日本食にバッチグーは当たり前ですよね。
c0133013_15492109.jpg
仕上げは銅釜炊きのごはん。農家と契約している魚沼産コシヒカリ。絶対の自信の味なので白いご飯を食べてくださいとのことでした。確かに甘くて美味しいご飯でした。
糖質制限なんてくそ食らえ!とばかりにおかわりして食べてしまいましたよ。
c0133013_15423173.jpg
美味しい和菓子とお茶をいただいて、店主お任せコースの終了。
大変美味しい日本料理のコースでした。大工Mさんこだわりのお店の内装も素敵だったし。
ただ、コスパ的にどーかな?というのが最後にちょっと気になりましたね。
土地柄、10%のサービス料取って高級志向にしてしまうとこの辺りの新規のお客さんがリピーターになってくれるのかな?と。何と言っても下町的な小さくてリーズナブルな個人経営の飲み屋が多い土地柄の駅前ですから。
多額の設備投資をして、素敵なお店をせっかく出したのだから、上手く軌道に乗って繁盛するといいなと思いますが、どうなんだろう~??って感じでした。
季節を変えて、秋の味覚が出てくる頃、再訪してみようと思います。



[PR]
by sanakk | 2017-07-14 16:06 | Comments(2)

中途覚醒

c0133013_11172813.jpg
関東地方、梅雨入りしましたね。部屋干しした洗濯物に囲まれる季節です。
ここ数日、ちょっと気になっていることがあります。それは、毎日夜中の3時過ぎに目が覚めてしまうと言う事。1週間くらい続いています。
ハッと気がついて時計を見ると、必ず午前3時10分前後。ああ、またこんな時間に目が醒めてしまった!と寝返りを打ちまぶたを閉じるとすぐに眠れるのですが、その後はまた5時過ぎに目が醒めてしまったりと浅い睡眠で体の疲れがとれていないような気がします。
これはいったいどういうことなのか?とチクチクとネットを検索して調べました。
どうやら私は中途覚醒という症状らしいです。寝入りは良いのに3~4時間後に目覚めてしまうと言う睡眠障害の一種。
c0133013_09470824.png
みなさんご存じだとは思いますが、眠りにはレム睡眠(体を休める睡眠)とノンレム睡眠(脳を休める睡眠)があって、おおよそ90分周期でノンレムからレム睡眠に交代するそうです。この時眠りが浅くなり中途覚醒を起こしやすいそうです。私はだいたい深夜0時前後に就寝するので90分のノンレムからレムへの2回目の移行時といえばだいたい3時過ぎ。うーん、なるほど~。
中途覚醒を起こす原因はいろいろあるようです。深夜の飲酒、ストレス、夜間の頻尿、睡眠時無呼吸症候群  etc
私の睡眠障害の原因は・・・間違いなく飲酒だろうな、と見当はついております。
量は大したことなくとも就寝する直前までチビチビ呑んでおりますので、寝つきはとても良いのですが、そのアルコールが体内から抜け始める深夜、レム睡眠に移行して眠りが浅くなる頃ちょうどアルコールの離脱症状も重なり覚醒するという・・・。
でもちょっと前までは呑んで寝ても朝までぐっすり眠れていたのだから、これも老化現象の現れでしょうね。
哀しいことですが。
生活習慣の改善が必要なのでしょう。でもこの年になるとそれが一番難しい。
細切れの睡眠は、翌日疲れがとれていない感じがして頭がぼーっとしているし、日中に襲ってくる眠気も耐えがたいものです。
朝までぐっすり眠りた~い。145.png

c0133013_09471980.jpg
先日、甥っ子のところに産まれた第一子の赤ちゃんに会いに行ってきました。母を連れて。
母にとっては、初曾孫!!曾孫ってすごいなぁ。母もまさか曾孫が見られるとは思っていなかったらしく喜んでいました。
生後一月足らずのベイビー、抱っこさせていただきました。自分の娘の時以来ですから22年ぶりくらいのまだ首も座っていない赤ちゃんです。懐かしい感触でした~。
ママは毎日ほとんど眠れない、と少々お疲れのようでしたけど、私にも覚えがあります。生まれて3ヶ月くらいまでは一時間おきくらいに起きて泣くのでまとまった睡眠がとれないのよね~。
当時の私は、今の睡眠障害など比べ物にならないほど睡眠不足でふらふらだったなぁ、と思い出しました。
なにはともあれ、甥っ子んちのベイビー(私との続柄何と呼ぶのでしょう?)健やかに育ってほしいものです。

c0133013_09470514.jpg
先週いただいたイタリアン。美味しかったです~。
尾鷲産の鰺のカルパッチョ、夏野菜のカポナータ、トマトの冷製スープ、チーズのステーキ、尾鷲産生雲丹のパスタ(雲丹が甘くて最高に美味でした)、赤牛のビステッカ 
ワインもすすみました。
夏のイタリアンもいいですねえ~。
c0133013_09464564.jpg
最近、イタリアンの〆にグラッパをいただくのが自分の中で流行っております104.png
コーヒーとドルチェをいただいた後に、よし!帰る前に最後に一杯、という感じで。
グラッパ、ストレートで口に含むとくわぁぁ~となりますが、それがまたクセになりまして。


お鳥さまたち。
c0133013_09463311.jpg
お気に入りの鳥のおもちゃを振り回して遊んでる海くん。どことなく自分に似ているからお気に入りなのかしら~?
c0133013_09465359.jpg
毎朝、ケージから出るとキッチンに飛んでいって散策する花。朝一の巨大うんPをまるでここは私の縄張りよとばかりに残してくれますよ。シンクの中に。
c0133013_09465726.jpg
お父さんの朝食をかぶりつきで監視すること20分あまり。
やっとこさヨーグルトのおこぼれにありつく花なのでした。良かったね~102.png









[PR]
by sanakk | 2017-06-09 10:58 | Comments(2)
GWも早後半に突入ですね~。お天気もしばらく良さそうですし、皆さま休日を楽しまれているでしょうか?

sana家では、5月は鳥干し月間です。この時期はまだそんなに暑くもなく、ちょうど良い日差しが我が家の南側の窓に降り注ぐので天気の良い休みごとに鳥たちを順番に干すことになります。

久しぶりの日光浴にドキドキする海です。霧吹きで強制シャワー。どれだけかけても水をはじきます。
海の羽毛の防水加工すごいです。海を濡らすとたちまち辺りは香ばしい?ダルマ臭が漂いますよ。私は思い切り深呼吸したいくらい好きな匂いですが、これは人によって好き嫌いが分かれるところのニオイでしょうね。
その時によっていろいろですが、たま~に雑巾に近いニオイの時もありますから・・・119.png

c0133013_17120410.jpg
お次は花の日向ぼっこ。やはり久しぶりの直太陽光にかなりビビっとります。
私の指をつかんだまま放してくれません。

c0133013_17123704.jpg
肩からぶら下がってじゃれついてきて、とてもうっとおしい「かまってちゃん」な花。
あんまりしつこいとこうして捕まえられてチューの刑に処せられます。こうなってからジタバタしてももう遅い。かあちゃんにがっつり捕まって今度は逆にしつこく嘴をチューチューされるのです。106.png

さてさて、今年のゴールデンウィーク、私はめずらしく後半に小旅行する予定です。
どこへ行っても観光地は混む連休に旅行するなんて私としては珍しい事です。
行先は沖縄。なぜ沖縄なのか理由があります。
それはまた後日アップいたしまーす。

連休前半にいただいたイタリアンをご紹介。
地元で古くから通っていた小さなイタリアンレストランなのですが、一年ほど前に料理人が変わりまして・・・・。前の方のお料理をとても気に入っていたのでしばらく足が遠のいていましたが、今回なんとなく気が向いてお邪魔してみました。
c0133013_17344585.jpg
c0133013_17344786.jpg
前菜は筍のオーブン焼き胡桃ソース、そしてアスパラのフリットトリュフの香りポーチドエッグ生ハム添え。
旬の食材を本当に上手に使っていらっしゃる。
c0133013_17141700.jpg
前菜に合わせてお店の方が選んでくださった白ワインも秀逸でした。ほんのりとナッツの風味が感じられるような深みとまろみがあるワインでした。気に入ったので同じものを2杯いただきました。
c0133013_17345148.jpg
パスタは駿河湾桜エビ、チェリートマト、美人ニラのオレキエッテ。ニラとパスタ?面白いなと思います。この美人ニラ甘みがあって生でも食べられるそうですよ。
c0133013_17345431.jpg
そして、フィノッキオーナサラミと山菜のピーチ。こちらも山菜の歯ごたえとパルミジャーノが良くて美味しかったです。ピーチをこんなにあっさりとオイル系で食べたのは初めてでしたがなかなか合いますね。
我ながらベストチョイス!と自慢したくなりましたよ。
c0133013_17155898.jpg
パスタに合わせていただいたのがこちらの白ワイン。酸味もほど良く柑橘っぽいキリッとした感じ。
c0133013_17161405.jpg
メインは北海道大沼牛の熟成サーロイン。サーロインと言ってもほとんど赤身肉のような感じ。美味しかったです。
やっぱり料理人が変わると肉料理もちょっと変わるな、と思いました。こちらはこちらで大いに良し、です。

c0133013_17171567.jpg
肉に合わせていただいた赤。久々にいただいた赤ワイン、やっぱり美味しいですね~。
こちらのお店はこだわりのワインも豊富にあって、お料理に合わせてグラスでもいろんなワインを紹介してくれるので嬉しいです。
c0133013_17174619.jpg
ドルチェが面白かったです。お米のドルチェ。リゾットのようですがドルチェです。ベリーのジェラートとこゆーい甘みのあまおうとともに・・・
バランスのとれたイタリアンコースにできたなぁ、と大満足の夜でした。
新しい料理人、お若い方でしたがなかなかやるなぁと。再び足繁く通ってしまいそうです。

明日から5連休!体調を整えて後半戦に臨みます。










[PR]
by sanakk | 2017-05-02 16:43 | Comments(4)
新緑の季節となりました。 「木の芽時」は、もう過ぎましたけど、どうにも安定しない春の天気は苦手です。
今年の春は、大荒れになったと思えば4月だというのに真夏日の気温になったりと落ち着かないですね。
もう来週末からはGWに突入しますので、そろそろこの時期らしい爽やかなお天気になってほしいものです。



海くん、お気に入りのお人形を振り回して遊んでいましたが、フト我に返って止めてしまいました。
季節せいでしょうか?この頃、海のわめき声がハンパじゃありません。
興奮すると手近にあるものを振り回しながら「あ”~あ”~」と叫ぶ声はものすごい音量で向こう三軒両隣どころか、ひと区画先の公園まで響き渡っているのではないでしょうか?(かつてその公園で海らしき叫び声を聞いたことがあるので)
時期的なものならば、そのうち治まってくれるといいのですが・・・近所からクレームが来ないかと心配です。
海がハイテンションでわめき始めると、下のケージの花がローテンションで「うるさいよー。ぅっさい!ぅっさい!」と合いの手を入れるので可笑しいです。

c0133013_16524181.jpg


その花が美味しそうに食べているのは、「インコのおやつクッキースティック」。本当に大好きで箱を見せるだけでそわそわウキウキするほどです。
c0133013_16525579.jpg


ネットで見つけて、大人買いしてしまいました。これね10本入りで305円。安いのか高いのかよく分からないお値段ですが、人間が食べてもそこそこ美味しいです。(ちょっと粉っぽいけど)
自然な甘さでサクサクしていて、花が夢中になるのもわかります。たくさん買ってしまったけど、花が途中で飽きないといいのですが。

ほとんど毎夜、リビングのソファで転寝する私ですが、昨夜はウトウトしている耳元で「ハアハア」と荒い呼吸の音で目が覚めました。
c0133013_16524531.jpg

私の顔のすぐ前に来てじっとしている希でした。
肌寒かったり暑かったり不安定なこの時期、希の持病である慢性肺炎が悪化しないだろうかと心配しています。
私が転寝するといつの間にか傍に来てじっと見つめている可愛い子です。
荒い呼吸は相変わらずですが、食欲はあるし、活発に動くところも見られるので小康状態を保っている感じかな。
もう、病気が完治することはないと思いますので、上手に付き合いながら長生きしてもらいたいですね。
c0133013_16105451.jpg

私が寝ていると、花も静かになって眠そう。真っ暗にしてみんな本気で就寝すればいいのに、こうしてうつらうつらしながらsana家の夜は更けていくのでした。

さてさて、先日呑みに行った先でいただいたお酒をちょっとご紹介。
c0133013_16130510.jpg

        左上から 群馬県の巌、島根県の王禄、大阪府の秋鹿、奈良県のみむろ杉
c0133013_16130024.jpg

        そしてこの日のNO.1は奈良県の千代酒造の篠峯。これは本当に好きでした。

こちらのお店、以前もこのブログにて紹介したことがありましたが、日本酒好きの人にはたまらない店だと思います。
次々と店主が選んでくれる一升瓶が6人座ったら満席のカウンターにずらり並びます。
なかなか予約が取れないので、お邪魔した時に次の空いている週末を予約して帰ります。たまたま同じ日に同席した客6人が同じことをするので2回続けて同じ面子6人となりました。そしてまた次回7月の予約も同じ6人。すっかりこのお店で6人呑みグループが出来てしまいましたよ。102.png
お料理も日本酒の肴としては、たまらないものばかり。季節の食材と店主のセンスで毎回違うお料理を楽しめます。
c0133013_16105926.jpg

左上から前菜、店主お手製鯖鮨は絶品!右下は鯨ベーコンですが美味でした。鯨の皮と肉の境目のあたりらしいですがコリッとした食感がたまらない・・・。お酒がすすむすすむ。
c0133013_16110381.jpg

左上から白子の豚肉巻、自家製辣油添え、ほろ苦い鮎の春巻き、そしてこの日のメイン蝦夷鹿のヒレは最高でした。
店主は北海道の業者と契約を結んでいて一年中美味しい蝦夷鹿を仕入れているそうな。鹿というと冬の食べ物と思っていましたがこれからが美味しくなるそうです。
この日の〆は店主こだわりの桜エビの濃厚なつゆでいただくつけ麺。美味しかったです。
お料理が美味しすぎてお酒もすすみ過ぎ自分の許容量を超えてつい呑んでしまいました。
家に帰ってから、ちょっと調子悪くなってしまいました。せっかく美味しい物をいただいたのに・・・。
お酒はほどほどにしないといけないですね。129.png



[PR]
by sanakk | 2017-04-19 16:47 | Comments(2)

3月 卒業式・誕生日

先週末、とうとう下の娘YUKAの大学卒業式の日を迎えました。
本当に4年間なんてあっという間ですね~。2013年4月、冷たい春の雨が降る朝、入学式のために3人(私、おやーじゅ、YUKA)で出かけた日がついこないだのことのようです。
c0133013_09364709.jpg

       娘の大学の卒業式は、袴姿ではなく伝統の角帽とマントです。なんかかっこいいですよね。
c0133013_09365098.jpg

       前日のリハーサルの時、角帽投げをしたようです。(実際の卒業式では帽子投げはしません)
4月からはYUKAも社会人。甘やかし、箱の中に入れて大切に育て過ぎた気がします。そろそろ社会の荒波(?)に放ち、ちょっとは辛酸を嘗めてもらはなければ。
もう母は、簡単にへこたれるなよ、頑張れよ、とエールを送ることしかできることがありません。
c0133013_09365213.jpg

卒業式の帰り、大学の近くでお祝いの食事をして帰ろうということになりました。卒業&就職祝い(&母慰労^^;)だから何でもYUKAの好きな物でいいよ、と。
そうしたら、「すっごくいいお肉ですき焼きが食べたい」というリクエストでした。
私、先週米沢スキー旅行で、米沢牛のすき焼きいただいたばかりなんだけど・・・。まあ、しょうがないか、なんでも好きな物、と言ったんだから。
ということで、大学からタクシーに乗ってすぐのお店、「
今福」さんを予約しておりました。
c0133013_09370474.jpg

見てくださいよ、このお肉!こちらではすき焼きのコースを頼むとお肉は極上和牛のサーロインを使用とのこと。
一切れが厚いので2枚も食べたら十分ですよ~。
個室に通され、担当のお店の方がすき焼きの最初から最後まで全部やってくれるので、私たちはのほほーんと座って呑んでいればいいだけです。
c0133013_09370706.jpg

ホイップして泡立った卵の中に極上サーロインはどぼん。牛さんの形の人参がチョコンと乗せられて・・・
もちろん美味しかったですよ~。最初の一口は脳ミソに直撃をくらったような美味しさでした。牛肉の旨味というものは舌の味覚を飛び越えて脳にうったえてくるなぁと私はいつも思います。美味い~と夢見心地でいたのに、唐突に脳がもう食べられない!とサインを出すのです。
ゆったりと気持ちよくセレブ気分を味わいながら美味しいすき焼きを堪能いたしました。YUKAも大満足でした。
しかし、私はこの10日間くらいの間に「すき焼き→焼肉→すき焼き」と言う順番で牛肉をたくさんいただきました。
もう、牛になっちゃう!あ、私、丑年ですが。003.gif

そして、この3月は、花と海の生まれた月でもあります。
花は3月4日に13歳になりました。人間なら中学生。ずいぶん長い間花と暮らしている気がするのですが、まだ中学生なんですね。
c0133013_09371574.jpg

最近、深夜に私の長風呂に付き合うのが日課になってしまいました。私がお風呂に入る準備をしているとそわそわと落ち着きがなくなり、「さ、はいろっか、さ、はいろっか」と言う花。一緒に付いて来たいみたいなのでお風呂に連れて行くとなぜか神妙な面持ちで大人しくなってしまうヨウム。
お風呂の必須アイテム防水TVで(大画面のものを購入しました)夜の情報番組など花といっしょに見ております。
c0133013_09364788.jpg


そして海くんはこの3月で14歳になりました。正確な誕生日は不明なのですが、14年前sana家にお迎えされた日(5月5日)のヒナヒナ具合から逆算するとたぶん海の誕生日は3月の終わり頃と思われます。
c0133013_09364278.jpg

人間の子供と違って、花も海も私のもとから巣立ってはいかない子たちです。016.gif
ずっとずっと健やかで彼らにとって幸せな日々にしてあげたいものです。





[PR]
by sanakk | 2017-03-15 15:23 | Comments(6)

ライブロス

こないだの日曜日は次女YUKAと再びライブ参戦してきました。
ONE OK ROCK 2017 Anbitions JAPAN TOUR !!
静岡エコパアリーナの二日目です!!
c0133013_16184693.jpg
ものすごく頑張って早起きして朝7時半の新幹線に乗って掛川に着いたのは9時過ぎ。それでもエコパアリーナに着くと既に物販の行列は何百メートルかっ!というほど長く長くなっていました。
ツアースタート二日目だったせいか、ライブグッズのネット販売が間に合いませんでした。なので命のライブTシャツ、マフラータオル、ラバーバンド等は現地に早く乗り込んで調達しなければならなかったのです。
c0133013_16190660.jpg
主に10代後半から20代前半の若者が並ぶ中、私は完全に浮いておりましたが、よく見ればボチボチ中高年と思しき方々もいらっしゃいましたよ。
前回去年の9月に、やはり静岡県は浜松の渚園の5万人規模ワンオクライブに参戦した時は、野外だったこともあって暑さとの戦いでしたが今回は寒さとの戦いでした。
でも今回は屋内ですから入場すれば、暖かいはず・・・どころか、ライブが始まればまたまた灼熱地獄でしたよ。
c0133013_16185502.jpg

      さあ!出陣!
今回もアリーナスタンディング。しかも最前のブロックが当るという幸運!我々母娘はこんなところで運を遣い果たしているのでしょうか?
ま、でも嬉しかったです。ものすごく近くで彼らのパフォーマンスを見ることができましたから。
本当に最高でした~。
今回の会場は1万人規模と前回よりずっと狭い分、ブロック内の密度が高く、彼らが前の方に出てくると後ろからの押し寄せがすごくて怖かったです。
アンコールラストの曲で感極まったタカくんが最前ブロックのフェンスに登って身を乗り出してくれた時は、我々も手を伸ばせば彼に触れることが出来そうなくらい近くに居て嬉しかったけど、同時に圧死してしまうのでは?と恐怖を感じるほど後ろからの圧がかかり一瞬生命の危機を感じてしまいました。
やれやれ・・・中高年にとっちゃ若い子たちとロックバンドのライブに参戦するのも命がけです、というのはちょっとオーバーでしょうか?
最終9時32分掛川発の新幹線で帰ることになっていた私たちでしたが、ライブが終わったのは8時半過ぎ。ステージが暗くなってワンオクメンバーが背を向けたと同時にYUKAと私は出口に向かって走りました。帰りのラッシュに巻き込まれる前にクロークで荷物を受け取ってタクシー乗り場まで走らなければなりません。
荷物の入った40リットルゴミ袋をサンタさんの様に担いで走りましたよ。荷物を取り出してコートをきている暇なんてないです。何とかタクシー乗り場に行列ができる前にたどり着き、掛川駅に着いたのは9時20分。セーフでした。
c0133013_16191299.jpg
新幹線の中でやっと一息。汗だくで乾いたのどを潤しました。気がつけばTシャツもパンツもライブの汗でびっしょり、この寒空に・・・。042.gif
9月の時もそうでしたが、いつも帰りの新幹線は綱渡りになります。前回はタクシー1時間待ちましたし。
ライブも回数を重ねるごとにいろんなコツを身につけていくものですね。
こんな過酷なライブ参戦でも、過ぎてみると夢のようなひと時で、私はすぐにまた参加したくなります。
タカ君の圧倒的なヴォーカル、押し寄せる人で灼熱の会場とどうにでもなれという高揚感。癖になります。
こういう気持ちをライブロス、と自分で呼んでいます。
5月まで続く彼らのツアー、もうチケットを一般で取るのは不可能でしょう。(そもそも今回のアリーナも奇跡でした)
でもYUKAが唯一抽選が残っている福岡に申し込んでくれたみたいです。私がライブロスなので。絶対に当らないと思うけど。
でも当ったらどうしょう?福岡・・・行かなくちゃ005.gif

ちょっとだけお鳥さま。
今朝の花はコレ何をしたいんでしょう?

乗っかってバランスとりたいのかな?花が飽きずにいつまでも続けるひとり遊びです。

c0133013_16185956.jpg

何かに驚いてぶっ飛んだ海くん、ヘンなところに不時着したけれど、翼が閉じません。
一度飛んだら羽を格納できなくなった昆虫を連想してちょっと嫌な感じ・・・。
c0133013_16190435.jpg

しばらく翼を浮かせてワナワナさせていました。
肩の関節(鳥に肩関節ってあるのでしょうか?)でも痛めているのかもしれません。
ちょっと気になっています。




[PR]
by sanakk | 2017-02-24 16:40 | Comments(4)