ヨウムな生活

sanahana.exblog.jp

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります

タグ:ヨウム ( 278 ) タグの人気記事

関東地方が梅雨明けして1週間が過ぎました。毎日暑いですねぇ~。でも、梅雨が明けた途端にもう夏の終わりを意識してしまうのは私だけでしょうか?
なんだかんだ言っても、暑い暑いとふーふーいう期間はあっという間に過ぎてしまって子供の頃より夏は短く感じます。長期夏休みが無いせいかな?
先日の連休の中日、たまには夏らしいことをしようと思って久しぶりに夫の波乗りにくっついて行ってみました。
仕事が忙しく休みがない夫も久しぶりの休日でした。
その日向かったのは茨城県は波崎。
波崎は昔からお気に入りのポイントがあるようでよく出かけていましたが今回は1年以上ぶりでしょうか?
夫は去年8月に頸椎の手術をしたので、それから1年近くサーフィンを封印していたのですが、最近また復帰したようです。大丈夫なんでしょうかね?大波にワイプアウトして巻かれて首に衝撃を受けたらどうするんだろう?とか心配になりますが、ワイプアウトしても危険が無いくらいの大人しい波でやるから・・・とヤツは言っておりますが・・・・。118.png

c0133013_16313541.jpg
鹿島神宮一の鳥居です。この日は暑いくせにどんよりとした空模様でした。
茨城県の鹿島神宮は日本建国、武道の神様である武甕槌大神をお祭りする由緒ある神社ですよね。せっかくなのでお参りしようとしたのですが、あいにく朝から参拝客で駐車場が満車だったのであきらめました。
その代りに(最初からそのつもりでした111.png)鹿島神宮近くのイタリアンレストランでランチしました。
c0133013_16323331.jpg
ランチコースの前菜です。あまり人通りもなく車で来るしかないような閑散とした場所にあるお店ですが本格的なイタリアンがリーズナブルにいただけるんですよ。
だだっ広い駐車場もガラガラで大丈夫なのかな?と思っていましたが、ポツリポツリとお客さんが来店して気がつけばお店は満席になっていました。
夫には申し訳ないけれどいつものように自分だけ昼下がりのハートランドビールを愉しみました。
c0133013_16342494.jpg
これはアラカルトで注文した炙り鯖と水なすのサラダ。ドレッシングの甘み酸味が絶妙でピリリとスパイシーでクリーミー。大変美味しかったです。
c0133013_16345984.jpg
パスタは蛤とドライポルチーニのリングイネと夏野菜のリガトーニ。
c0133013_16352521.jpg
メインは自家製サルシッチャのグリルと牛頬肉の赤ワイン煮、どちらもグリルした夏野菜たっぷり添えられて。
ドルチェとコーヒーも付いて2500円のランチコースです。お値打ちでしょう?
鹿島にいらしたら是非
キッチンピノさん、お勧めです。
お腹を満たしたら、波崎に向かいました。波をチェックしながら海岸線を走っていたら、路肩に何台か車が止まっているのでコレは?と我々も車を路駐して波チェックしました。
夫は波崎でもここは初めてだと言ってましたよ。
混んでいないし、波はいいし人には教えたくないシークレットポイントだと喜んでいましたよ。
なかなか良い波乗りが楽しめてご満悦で上がってきました。
c0133013_16370249.jpg
初おろしのサーフボード。手術する前に購入していたので、一年以上使えなかったのですね。
c0133013_16372179.jpg
満を持して海へ。30度越えの暑い日でしたが、波崎の海は海水がまだ冷たいらしくフルスーツでちょうどいいのですって。(海水は年々温度が上昇してるそうだけど、打ち寄せる波に足をつけてみたら結構冷たかったですよ)
遠くに見える風力発電の風車みたいなやつ!で場所が特定できる方もいらっしゃるでしょう。

c0133013_16380238.jpg
       無事にテイクオフできたところを確認しました。102.png


さてさて、花ちゃま。
c0133013_16382692.jpg
爪切りをされて息も絶え絶えの状態です。相変わらず断末魔の叫びとシクシク泣きでこちらの心が折れます。
馴れてくれることは無いのでしょうか~。
でも放っておくと刃物と化した爪で腕や肩、指をサックリとやられそうなので強制爪切りは必須ですね。
c0133013_16383380.jpg
これくらい切れば、もう安心。ぎゅーっと指を握られても痛くないです。一ヶ月くらいは大丈夫かな?105.png
c0133013_16391364.jpg
頑張ったご褒美にショックから立ち直った頃、大好物のシャインマスカットを・・・。
c0133013_16391732.jpg
美味しいに決まってます。シャインマスカットですから。
心してお食べなさい、花ちゃま。








[PR]
by sanakk | 2017-07-24 16:48 | Comments(2)
更新をサボっているうちに6月もあと二日になりました。梅雨明けはまだまだでしょうか~?
先週末は梅雨の季節感を味わいたくて久しぶりに娘と鎌倉は明月院(通称:あじさい寺)へ行ってきました。

午前中早く家を出て、今が旬と思われる紫陽花だらけの北鎌倉を散策してからランチをしようという計画でした。
が、やはりぐずぐずするうち家を出たのは10時過ぎになり(いつも計画通りにはなりません137.png)
結局、鎌倉に着いたのはちょうどお昼頃。ランチをしてから北鎌倉散策と順番が入れ替わりました。
その日ランチを予約していたのは、小町通にあるイタリアンワインバーのコマチーナさん。久しぶりの訪問です。
週末の鎌倉なんて、事前に予約しておかなければまともなランチにありつけませんよ。人がすごすぎて・・・。
朝ごはん抜きで出てきたので、娘も私もお腹ペコペコ。
ランチコースもあるんですが、この日はあえて昼からアラカルト。
私がワインを呑みたくて仕方なかったから。
そのためにわざわざ車を置いて横須賀線に乗り継いで鎌倉まで来たのです。
c0133013_10110927.jpg
まずは冷たいスプマンテと鯖のリエット。しっかりと鯖の味なんですが美味しいのですコレ。冷たい白ワインでもぴったりです。
娘はノンアルコール、ジンジャエールで乾杯!
c0133013_10111532.jpg

白マッシュルームのサラダ。シンプルだけど美味しいですね。

c0133013_10111396.jpg
この日イチオシで美味しかったのは、アオリイカのカルパッチョ。ワインが進む~。
c0133013_10111759.jpg

アーモンドとルッコラのオレキエッテ。

c0133013_10112782.jpg
    レモンクリームのスパゲッティ
c0133013_10111952.jpg
そして〆は牛ハラミのタリアータ。ここで3杯目にして赤ワインを頼むかどうか悩みに悩む私。呑みたい、でもこれから北鎌倉の明月院まで歩く予定。昼間のワインは効きますからね~。
何と言ってもこの日のメインは紫陽花観賞なのですから。ここで呑んでしまったら、私は終わる、と分かっていたので踏みとどまりました。
娘にも「おかあさん、まだどこにも行かないうちから酔っぱらわないで」とクギを刺されましたし。

でも、結局歩きはやめてJRひと駅乗って北鎌倉に着いた母娘。駅を降りた途端、ぞろぞろとすごい人の列が明月院まで続いているじゃないですか!
列は時々止まったり、ゆっくり進んだりしながらでなかなか目的地にたどり着けません。普通に歩けば10分もかからない距離を30分くらいかかりましたよ。
シーズンの北鎌倉がこんなに混雑するとは!!時々、車で通るけど、そういえば一番混み合うこの時期は車で来るのも避けていたくらいだったのだ!
c0133013_10112921.jpg
やっとこさ着いた通称あじさい寺。この時期、北鎌倉全体が紫陽花の街となるので何も明月院じゃなくてもよかったんですけどね。
やはり紫陽花といえばここですから。
それに盛りの時期はすこし過ぎていた気もしますね。
期待していたより、お花がまばら・・・。
c0133013_10114087.jpg
でも人はすごい・・・。お寺の中でも行列。カップルばっかり。

紫陽花はこの曇天な感じのお天気に良く合いますね。
c0133013_10114210.jpg
     やっぱり綺麗。
c0133013_10113100.jpg
    ガクアジサイもたくさん咲いてました。
c0133013_10113638.jpg
   お地蔵さん、紫陽花色にコーディネートされて。
c0133013_10113878.jpg
ヒメアジサイの花束を抱いた石仏は、ターコイズのイヤリングとネックレスをつけて夏っぽくておしゃれ102.png

明月院を後にした我々は、北鎌倉駅に向かう途中の路地奥のお茶屋さんで一服。
このお店
「ひ路花」さん、甘味やお茶はもちろんですが、厳選した日本のワインやチーズにこだわるお店でした。たまたまですよ、店に入ってメニューを見て分かりました。
c0133013_10141632.jpg
ここぞとばかりに私はさっき我慢した赤ワインをいただきました。この日のおすすめは山梨県産マスカットベリーA。しかもグラスなみなみついでくれて300円!チーズの盛り合わせも秀逸でした。
もう電車に乗って帰るだけだから呑んだっていいよね、と娘に言い訳する私。
c0133013_10142048.jpg
娘は冷やし汁粉と抹茶オーレ。「どんだけ呑みたいのよ?」と娘に笑われました。

さてさて、お鳥さまを少し・・・。
先日、花に久しぶりの犬ガムを買ってきました。花が幼少の頃、おもちゃの代わりに犬ガムを与えていたのをふと思い出したのです。
c0133013_10110015.jpg
花は今よりもっと若い頃、結び目をほどくのが得意でした。私と花の知恵比べみたいに麻紐や革の紐、複雑にケージに巻き付け何重に結んでも、花はすぐにほどいてしまうのでした。
久しぶりの犬ガムに最初は警戒して無視していた花でした。ケージの端っこに2日ほど転がっていましたが・・・
ほどくのが面白い事を思い出したようです。二日目の夕方、器用にほどいていました。
c0133013_10110493.jpg
硬い犬ガムを水に浸けて柔らかくしながら根気よくほどいたみたいですね~。
賢いですね~。わが娘ながら・・・129.png







[PR]
by sanakk | 2017-06-28 10:54 | Comments(0)

2017GW 沖縄旅行 他

GW、終わってしまい、しばらくまとまった連休もないですね~。勤労者にとっての次の目標というか心の糧は夏休みかお盆休みでしょうか?
そして今年もあと少しで半分を過ごしてしまうことにびっくりです。

c0133013_16025978.jpg

今年のGW後半は、次女YUKAと沖縄に旅行をしてきました。3月の終わりに急遽決まった旅行で一番の目的は観光ではなくライブだったのです。
JTBが企画するONE OK ROCK 2017 Anbitions JAPAN TOUR in 沖縄のライブチケット付2泊3日のツアーが当選したのです~。
2月から5月中旬まで続く彼らのライブツアーにもう一度参戦したかったのですが、東京近郊の会場はなかなか当たらないので、えぇーい、連休中だし沖縄まで行ってしまえ!とやけっぱちでエントリーした抽選に当たってしまったのです。
もう、これは行くしかありません!
とはいえ、ライブの為だけに沖縄へ行くのももったいない話なので、もちろん時間が許す限り観光もしてきましたよ。
私は何度か沖縄観光をしていますが、YUKAは初めてなので。
 午後1時半に那覇空港に着くと、事前にチャーターしておいた観光タクシーの運転手さんが私の名前を書いたプラカードを掲げて待っていてくれました。
そして最初に連れて行ってもらったのが首里城でした。
c0133013_16072475.jpg

守礼門の前で。30年以上も前にこの門の前で写真を撮った記憶がうっすらとよみがえりました。
あれは誰と沖縄を旅行した時だったのだろう?すぐには思い出せないくらい遠い昔。
c0133013_16111388.jpg

首里城公園の丘から見た那覇市内。
沖縄はもう夏でしたよ。この日の気温は28℃。日差しも強い。
c0133013_16112623.jpg

首里城の前面は現在改修工事中でした。
c0133013_16131149.jpg

玉座ですね。すごく中国の影響を受けた造りですね。南西諸島を統治した王国がかつて存在していたんですね~。
国王の末裔の方は現在もご健在で王家の血筋は続いているんですよ。
c0133013_16145641.jpg

王子の控えの間だったという鎖之間(さすのま)でさんぴん茶(ジャスミン茶)と沖縄のお菓子で一服しました。

午後2時から日没までの観光では、多くの観光地は5時には終わってしまうので回れるところに限りがあります。なのでこの日は、なんといっても沖縄で一番の見どころである美しい海が見えるところに連れて行ってもらいました。
c0133013_16275050.jpg


c0133013_16191382.jpg

最終便ののグラスボートに間に合ったので乗船しました。
c0133013_16191847.jpg

船の底がガラスになっているボートで沖に出て、カラフルな南のお魚さんを観察できるというもの。
しかし期待していたファインディングニモの世界のような海の中は見れませんでしたけどね。
c0133013_16211038.jpg

絶景ポイント、撮影ポイントだと運転手さんが推す知念岬公園にて。この素晴らしい日本のサンゴ礁の海が永遠に失われないことを祈ります。
c0133013_16315605.jpg
次回はさらに美しい海を求めて宮古島あたり行ってみたいなぁ。

夕方ホテルにチェックインしてから、我々はその日の夕食をとるべくモノレールに乗って県庁前駅まで出ました。
(私が最後に沖縄に来た時はまだモノレールなんてできてませんでした。交通手段はバスかタクシーのみだった那覇市内も今は便利になっているのですね)
事前に予約しておいたは、
アグー豚しゃぶしゃぶのお店でした。
c0133013_16364104.jpg
アグー豚のロースが甘くておいしくてお肉おかわりしちゃいましたよ。こちらのお店のしゃぶしゃぶは独特でお出汁の効いたスープをくぐらせたお肉を溶き卵に胡椒をたっぷりかけたものにつけていただきます。この食べ方が新鮮で良かったですね。
これは家庭でも真似できますね。ジーマミー豆腐がどこで食べたのよりも濃厚で美味しかったです~。
ビールはもちろんオリオンビール。
食事の後はすぐ近くの国際通りを散策しました。私が知っている国際通りとはすっかり様変わりしているのでびっくりしました。
30年前の国際通りはもっと地元の方々に根付いた街でした・・・と記憶しております。今はもう、その名の通りどこの国?というほど外国語が飛び交い観光客と土産物屋ばかりの通りになってますね~。

さて、翌日はいよいよライブ当日です。午前中はまたモノレールに乗っておもろまち駅に直結しているTギャラリアを散策しました。こちらは国内旅行なのに免税ショッピングできるというショッピングモール。国内なのに免税ってなんで?沖縄って特別なんですね。
そしてライブ前の腹ごしらえは、事前に調べてあった近くの
沖縄そばの店へ行きました。
c0133013_16434450.jpg
11時の開店前なのに既に数人店の前で並んでいましたよ。期待が高まります。
c0133013_16433644.jpg
590円の三枚肉(並)すば(そば)を注文しました。無料でじゅーしー(炊き込みごはん?)が付いて来るんですよ。
私、沖縄そば初めて食べたかもしれません。出汁が濃厚なのに優しい味の汁に硬めの麺ととろける三枚肉、
旨い!気に入っちゃいました。途中で島コーレーグス(泡盛に島唐辛子漬けたもの)をちょちょっとたらすとまた美味~。
c0133013_16453774.jpg
さあ、お腹も満たしたのでメーンイベントに出陣です!
今回はライブチケット付ツアーなので会場の沖縄コンベンションセンターまではバスの送迎付です。
ライブ終了後はいつだってヘトヘトになっているので帰りの交通手段が確保されていてホテルまで送ってくれるのは本当に助かります。
お高いツアー代金を支払っているのですから、それくらい当然と言えば当然なのですが。
c0133013_16485332.jpg
今回の会場は5000人規模。ツアー中一番小さい会場なのでは?我々のアリーナのポジションは、前回の静岡の時と比べるとひとブロック後ろで今まで参加した中では一番ステージから遠かったのですが、会場が小さいため、スタジアムクラスのライブのスタンド席を考えれば夢の様に近いと言えるでしょう。
楽しかったです!!
TVニュースにもなりましたが4月8日の幕張メッセの時に、将棋倒し事件で怪我人が出たことから、ライブ中の規制が厳しくなっていました。サークルモッシュ、飛び込みは厳禁。実際に沖縄ではモッシュは全く起きませんでしたし、隣の人との間隔もあって最前列から2番目のポジションだった静岡エコパアリーナの時よりずっと楽で安全に楽しめました。
でも、私としては若い子がサークルを作りぶつかり合うモッシュを横目で見て、自分も盛り上がるというのがあったので(けして私はモッシュに参加しませんよ。怪我しますから)ちょっと規制が厳しすぎるのも寂しいかなと言う気がしました。
ワンオクのメンバーのパフォーマンスは最高でしたよ。沖縄まで飛んだ甲斐があったというものです。
もうこの後、ロングランの彼らのツアーも熊本で2公演、そして広島2公演で終了。そしてまた海外に行ってしまうんだろうな~、寂しい(2回も参加したくせに)。次回のワンマンライブを心待ちにしています。
ライブ終了後、送迎バスでホテルに着いた時は夜の10時前でした。疲れていたので飛び込みでホテル近くのお好み焼き屋さんに入りました。まあ、フツーのお好み居酒屋だったのですが、
c0133013_16552836.jpg
沖縄県産和牛ミスジステーキ↑は絶品でした。疲れた体にスタミナをチャージしてくれました。

3日目、12時40分那覇発の便で帰る予定です。朝8時に初日と同じ観光タクシーが迎えに来てくれました。
4時間でどれだけ沖縄を楽しむことができるのか、ドライバーさんの腕の見せ所でしょう。とても良い人でした。
観光地の場所と所要時間など考えて、ロスの無い順番と私たちの要望も考慮しつつ努力してくれました。
c0133013_09553002.jpg
まずはひめゆりの塔。こちらはまだ資料館が営業時間前だったので、献花をしてYUKAになぜここに慰霊碑があるのかを私の知識の範囲で解説しました。

お次は「おきなわワールド」。沖縄本島の南部を代表する観光スポット。
c0133013_09553346.jpg
おきなわワールド観光のメインは天然記念物の鍾乳洞、玉泉洞です。全長は5000m、公開されてるのは890m。
30万年という長い時を経て自然の営みが作り上げた鍾乳洞、神秘的ですよね。
c0133013_09553799.jpg

お次は琉球ガラス工房。YUKAがグラス作り体験をしたいと言うので、時間ぎりぎりで運転手さんに寄ってもらいました。
c0133013_09553988.jpg
ガラスを融かす窯は1300℃だそうです。熱気の中、職人さんたちが働いていました。
グラス作り体験は簡単。職人さんがドロドロに融けたガラスを棒の先につけて持ってきてくれるので、それを型にはめて息を吹き込みます。
c0133013_09554457.jpg
その後は流れ作業で、工房の椅子に座って言われた通りに飲み口の仕上げ作業をするだけです。
c0133013_09554662.jpg
型は決まっているので自分で作り上げた感は薄いですが、ひとつひとつ違う風合いに仕上がるので間違いなく世界に一つだけの自分オリジナルのグラスが出来上がります。
グラスは後日自宅に郵送してくれます。

3日目最終日の観光はこれでおしまい。時間いっぱいとなりました。12時までには那覇空港に滑り込まなくてはなりません。
今回は観光タクシーの運転手さんのおかげで短い沖縄滞在時間を無駄なく楽しむことが出来ました。
本当は北部の方も行ってみたかったんですが、ライブが目的のツアーだったので仕方ないですね。

c0133013_09555809.jpg
そして沖縄から帰って3日目には送られてきたオリジナルグラスです。
グリーンが私ので模様入りがYUKAの。良い思い出になりました。

c0133013_10064393.jpg
花ちゃん、留守にしてごめんね~。おやつで御機嫌をとる102.png
c0133013_09554813.jpg
c0133013_09555248.jpg
           帰ったら詩が4つも卵産んでました。140.png



海のわめきの合間に花の「海ちゃぁーん」「ほうほう」って声も入ってます。
沖縄行っててスルーしてしまいましたが5月5日こどもの日は海の14回目のお迎え記念日でした。
今頃思い出しました。海くん、ごめんね。
我が家にとってこどもの日は、病気一つしないで元気で賢い海に感謝する日だったのでした。















[PR]
by sanakk | 2017-05-12 10:29 | Comments(4)
もう3月ですね~。こないだお正月だったのに。どんどん時が過ぎて行きます。
当ブログも気がつくと何週間も更新せず放置しております。ブログ開設当初は一日おきに更新していた自分が信じられません。
それでも書き留めておきたい事がポツリポツリと出てくるので、ひっそりと続けている次第です。
今回は、この時期恒例となったスキー旅行について。
今年も親友A子と行ってきました。去年は上越は湯沢温泉のスキー場でしたが、今年は東北に行ってきました。
c0133013_18304240.jpg


山形県の米沢駅にちょうどお昼時に到着する予定だったので、ランチのお店を予約してありました。
駅から徒歩2分の
鷹山公さん。米沢牛畜産会社の直営店と言うことで低価格で良い牛肉をいただけるお店らしいです。
c0133013_16513394.jpg


着いたばかりなので最初から飛ばさずまずはランチメニューのすき焼き定食をいただくことにしました。当たり前においしかったですよ。米沢牛ですから。
c0133013_16513102.jpg


米沢といえば牛肉しか思いつかないのですが、鯉も歴史が古く美味しいらしいです。

さて、ランチでお腹を満たした我々は宿泊する旅館の迎車で白布温泉に向かいました。
米沢駅から車で40分程度、天元台高原に向かう山道の途中に位置する白布温泉は開湯から700年という歴史の古い温泉です。標高の高い所にあって宿は4つしかありません。
冬は雪深く、山道の両側は雪の壁が出来て道路が狭くなり車が行き交うことができなくなるほどだそうです。
4つの温泉宿の中で我々がその日宿泊したのは
「別邸山の季」さん。宿泊客は11組までという旅館です。
c0133013_16505609.jpg


路肩に高く雪が積まれていたものの、ここ数日暖かい日が続き雪も降っていないということで、この時は道路も乾いていてスノーブーツじゃなくても歩ける状態でした。
宿に着いたのが3時過ぎ、天元台スキー場は標高が高いのでリフトは4時で終了だということで、この日はゲレンデに出ずに付近を散策してからゆっくり温泉に浸かろうということになりました。
年々、スキー&温泉ツアーもだんだんと温泉がメインなって来ています。若い時は休み時間ももったいなくてすぐにゲレンデに出て滑っていたものですが・・・。
c0133013_16521462.jpg


通常なら豪雪地域なのですね、大きなかまくらがそれを物語っています。
山道に点々と宿があるだけで温泉街などもちろんありません。あるのは1件、酒屋さんのみ。しかしその酒屋さんが山形県のレアな地酒や樽生酒など置いていて、なかなか楽しめるお店でした。
c0133013_16510055.jpg


期間限定と言う出羽桜の樽生酒(純米吟醸酒)を試飲させていただきました。これはヤバイぞというほどフルーティーで呑み易く美味しかったですよ。
試飲でほろ酔いになって宿に帰った後は、もちろんお風呂!こちらの旅館には石風呂と檜風呂があって、時間で男女を交代させているそうです。
c0133013_16511635.jpg


こちらは檜風呂。窓の外の雪景色を見ながら浸かる温泉は格別ですね。お湯は含硫黄・カルシウム・硫酸塩温泉。
すこしぬるめでゆっくりと浸かっていられる温度です。効能の中には「関節痛、くじき」と書いてあったので、1月末に足首を捻挫して未だに完治していない私には調度良い温泉だったかもです。
さて、ゆっくり温泉に浸かった後のお楽しみは夕食です。
c0133013_18433396.jpg


食前酒のかりん酒から始まって、先付は郷土料理の小野川もやしの冷汁。
前菜は筍山椒焼、赤西貝と青菜辛子味噌和え、うこぎ白和え。
c0133013_16514833.jpg


山形県の山間で赤西貝が食べられるとは思いませんでした。
米沢は、あまり知られていないですがお蕎麦も美味しいのだそうです。担当の仲居さん曰く。
c0133013_16515076.jpg


しっかりコシがあって香り高いお蕎麦、確かに美味しかったです。上にのったうるいがいいですよね。
c0133013_16522143.jpg


ビールの後にいただいた山形のお酒、六歌仙。こちらとても気に入りました。
呑みきれず部屋に持ち帰りましたが、新たに買って帰らなかったことを後悔しております。

c0133013_16515301.jpg

お造りは鯛とうこぎの生麩。
c0133013_16515985.jpg

鮟鱇ともずくの蒸し煮。上品なお出汁が美味しかったです。
そしてメインは、米沢豚のロースとバラのしゃぶしゃぶです。美味しい牛が育つところは美味しい豚肉があるんですよね。
c0133013_16520658.jpg

松坂もしかりですが、米沢にもありました。米沢豚、甘みとコクのある美味しいお肉でした。豚肉は牛肉と比べて淡泊ですし、たくさん食べられますね~。
この日の宿泊客は我々を入れて3組のみ。広い食事処は貸切状態でついつい食事の後も長居して呑んでしまいました。
部屋に帰るともう何もすることも無く、話すことも尽きた初老女子二人組は、フロントで借りてきたDVDを見ながら呑んでいましたが、どちらともなくいつの間にか眠っていました。若い頃の様に夜中までおしゃべりに花を咲かせはしゃぐ体力はもうありませんねぇ。
翌日はさすがにゲレンデに出てスキーをしなくちゃ、ということで頑張って早起きして一風呂浴びてから朝食を摂り身支度をして天元台高原スキー場まで、宿の車で送ってもらいました。
「お客さん、今日あたり貸切ですよ」と宿の人に言われました。まずはロープウェイで登るとその地点で標高1,350mだそうです。リフトは3本しかありませんが、一番上まで上ると1,820mだそうです。
どこよりも早くどこよりも遅くまで滑降が可能なスキー場だそうですよ。標高が高いせいか、雪質もサラサラパウダースノーでグッドです。
一日だけスキーを楽しむなら十分なゲレンデでした。何よりも空いているのがいいです。貸切、というのはほぼ本当でした。
ゲレンデの上から下まで我々含め10人くらいしかいなかったんじゃないかしら?


ご覧の通り、見渡す限り誰もいません。(暗い感じに撮れてますが本当は晴れていました)
気持ちよく滑れました~。043.gif 雪&強風になるかもと言われていましたが、私の普段の行いが良かったせいかお天気にも恵まれました。

2時半までしっかり滑り、宿に帰って最後のお風呂。そして帰り支度となりました。
でも、旅はまだ終わりではありません。最後にお楽しみが残っていました。
「別邸 山の季」さん、良い温泉旅館でした。また来年来てもいいなぁと思うくらい。
宿を後にして路線バスに乗り米沢駅前にでてから、さあ、今宵のディナーです。
新幹線の時間まではたっぷり2時間あります。
駅前の
「米澤牛DININGべこや」さんを予約しておりました。
前日の夜が米沢豚のしゃぶしゃぶだったので、この日は満を持して本格的に米沢牛のすき焼きをいただくことに。
c0133013_16520791.jpg

これだけ霜降ったお肉なのに意外に食べてみるとあっさりしてるんですね。
米沢牛はしゃぶしゃぶよりすきやきのほうがいいと思います。
c0133013_16511700.png

卵は双子。049.gif
とはいえ、やはり牛肉はそんなにたくさん食べられませんね。足らなかったら追加しようと言っていましたがとんでもない!ひとり130gの量は十分すぎるほどです。
やはりご当地だけあってリーズナブルですね。前菜4品とごはんかうどん、デザートまでついて6,000円。東京じゃこのお値段で食べられませんよね。
スキーで疲れた体にビールとワインが効いて、帰りの新幹線の中ではもちろん爆睡して気がつけば大宮あたりまで戻っていました。
充実のスキー&温泉プチツアーでした。2日間食べ放題、飲み放題できっと太っていることでしょう。
今回の旅で私が感じたことは、スキー旅行は上越より東北、ということ。
上越のゲレンデは何処も混んでいるし、スノーボーダーが多いです。最近中高年の間で再びスキー人口がじわじわと増えているのだそう。きっと空前のスキーブームだったころ若者だった世代が(私をスキーにつれてって世代)子育ても終わり時間や懐に余裕ができて再び若き日を懐かしんでスキー場にもどってきているのでは?
私はまさにソレですね。若い時よりずっとゆったりとしたスキーツアーですが。
来年の冬もこちら天元台高原スキー場に来たいなぁ。

白布温泉に一軒だけある酒屋さんで自分用に購入した日本酒。なかなか入荷しないレアものだそう。
c0133013_16515770.jpg

吟醸三十四号というお酒。裏に杜氏の方の名が記されています。
c0133013_16521818.jpg

とても美味しいそうなので、呑むのが楽しみです。
花ちゃまも一緒に呑む?003.gif





[PR]
by sanakk | 2017-03-10 09:50 | Comments(4)

明けて2017年!

年末年始、良く晴れて暖かい日が続きましたね。皆さま、良いお正月を過ごされましたか?
c0133013_23170234.jpg
元旦の朝の花。窓から差し込む光を浴びてお目目が点になっております。
12年前の酉年、まだ幼かった花のドアップ写真の年賀状を作ったのがついこないだのよう。
もうあれから干支一回りして再び酉年。
花は今年の春には、13歳になります。早いものです。
もう一回りして12年後の酉年、花は25歳になるのですね。私は・・・考えたくない。008.gif
みんなみんな元気で幸せに年をとりたいものですね。

今年の御節は、贔屓にしている能登の小料理屋さんにお願いしてました。
c0133013_23183431.jpg
美味しそうでしょう~。元旦の朝(ほぼお昼)は、こちらのお節を肴に白ワインをいただきました。
sana家は、喪中ですから、本当はこんなお祝いの膳をいただいてはいけないのでしょうけど、去年おととしの暮れ義母が注文してひとりで平らげたという伝説のこの御節を、今は亡き義母を
偲んでいただいてみようということになったのでした。
元旦は昼間からワインを呑んで酔っ払い、半日眠って過ごしました。

二日は、朝からTVで箱根駅伝を観ていました。さっき大手町を出発したと思ったら、あっという間にうちの近所に先頭の一団が近づいてきているのをTVで見て、あわてて沿道に出てみました。
c0133013_23200915.jpg
箱根駅伝のルートが近くなのに、一度も生で観たことありませんでした。初めて沿道から応援しました。
本当に速いですね~。あっという間にやって来てあっという間に走り去って見えなくなりました。ここはまだ往路の第一区ですが、すごいですよね~、ひとり20kmくらい走るということですが、私が猛ダッシュしたって彼らの走る速さには敵いません。当たり前か。

3日はお墓詣り。10月に義母の納骨をしてから初めてのお墓詣りだったので、丁寧にお掃除してきました。
c0133013_23213231.jpg
その帰りは、新横浜にある鰻屋さんに寄るのが毎回恒例になっております。お正月の鰻屋さん、賑わっておりました。
去年暮れから食べたい食べたいと思っていたのですが、新春早々に願いが叶いました。003.gif

4日もまた、朝から青空が広がり暖かい一日でしたね。
3年ぶりに娘と多摩川ウォーキングをしました。コースは決まっています。多摩川六郷橋付近から二子玉川まで約15キロほど河川敷沿いに歩きます。今回で3回目。
c0133013_23233277.jpg
ガス橋の手前でカモメたちが日向ぼっこしてました。この辺りのカモメたちは人馴れしていて至近距離で撮影しても知らん顔。
c0133013_23242710.jpg
そして丸子橋を目指してあるく途中で、雀の一団にまじって白い鳥がいるなぁと思ったら、セキセイインコを発見しました。
c0133013_23245082.jpg
天気が良すぎて白浮してしまい、ちゃんと撮れませんでしたが。
雀たちと一緒にくらしているのでしょうか?楽しそうに飛び回っていました。どこかのお宅から逃げてしまったセキセイちゃんでしょうね。私が近づいても逃げようとしなかったので保護しようかなと思ったのですが・・・・捕まえられませんでした。
c0133013_23252028.jpg
セキセイインコはサバイバル能力高そうなので、きっと野生でもちゃんと生きていけると思いますが、ご家族は今頃どこでどうしているかと心配されていることでしょうね。
久しぶりに多摩川の河川敷をぶらぶら歩きしていると、名前は知りませんがいろんな野鳥たちに出会えました。
c0133013_23275609.jpg
大田区から世田谷区に入った頃、足は大分疲れてきています。
c0133013_23282973.jpg
2時間半歩いて、やっと二子玉川の商業施設ライズが見えてきました。
前回歩いた時(3年前)は、このあたり開発途中で工事中でしたが、今ではすっかり整備されて新しいタワーマンションが立ち並び、綺麗な公園ができていました。公園の中にはスタバもあって、すっかりお洒落なリバーサイドの街という感じ。
その夜は、YUKAも私も疲れ切って、足にサロンパスを貼って寝ましたよ。ふだんはあまり歩かないから、15キロくらいの歩行でひいひい言ってしまいます。
駅伝の選手たちはこれ以上の距離をあの速さで走るのですから、やっぱり凄いですな。
私のお正月は、こんな感じでした。
さあ、仕事も始まったし、2017年も元気に楽しくすごすぞぁ~とやる気満々です。
皆さま、今年も宜しくです。

最後に・・・
新春早々、詩がお卵三つ産みました。
c0133013_23301305.jpg
        最近、仲睦まじい希と詩です。
どちらが卵を抱くかで時々喧嘩していますが、産卵することで絆を深めているようす。
オカメインコは雄も抱卵することを、希を見ていて初めて知りました。
卵が孵ったら、希はきっとイクメンになるのだろう、と思いますが、孵ることはないでしょう。
だってふたりとも、とっても飽きっぽいんだもん。002.gif







[PR]
by sanakk | 2017-01-06 23:32 | Comments(6)
師走ですね~。11月12月は毎年のことながら、仕事が忙しくついついブログも放置しがちです。
毎年お歳暮に美味しいリンゴをいただきます。
c0133013_16032764.jpg

       たくさん並んだリンゴの箱の前でビビッている花です。
蜜の入ったシャリシャリのリンゴを食べて花も年の瀬を感じているのでしょうか?そんなわけないですかね


昨夜はTBSの番組「マツコの知らない世界」で「しゃべる鳥の世界」が放送されました。みなさんご覧になったでしょうか?
オキナインコにボウシインコ、桃太郎のお話を延々としゃべるセキセイインコやノリノリのタイハクオウムなどなど出てきましたが、やはり出演鳥のトリはヨウムでした。しゃべる鳥の世界となればヨウムを取り上げないわけにいかないでしょう。芸もこなす賢いヨウムさんが何羽か出てきましたね~。
番組の中でヨウムは5歳児並みの知能、と言っていました。うーん、5歳児並みはちょっと言い過ぎかな?
ウチの花の場合は・・・。まあ、親の欲目で3歳児くらいでしょうか?
最近「ダメよ!」の声掛けに悪戯をやめるようになりましたし。
もっと小さい時からちゃんと訓練していろんなことを覚えさせたら、あるいは5歳くらいの知能まで伸びたのかもしれませんが。
c0133013_16123766.jpg

会話が成立して芸もこなすスーパーヨウムじゃなくていいです。私は今のままの気まぐれで天然で甘えん坊でちょっとおバカな花が大好きです。016.gif
c0133013_16055734.jpg

すっかりお年をめして往年のパワーが出ないピーちゃん。手乗りインコになってくれました。
ツクツクがいっぱい。換羽中のせいもあって大人しいのでしょうか?ごはんたくさん食べてイイうんPを出しているので大丈夫だと思いますが、元気でこの冬を乗り切って欲しいものです。
c0133013_16065263.jpg


さてさて、良く晴れて暖かかった日曜日、久々に鎌倉山に出かけました。
c0133013_16242164.jpg
鎌倉山のてっぺん付近からの景色。
目的は昔からずっと気になっていたローストビーフの鎌倉山本店でランチをいただくこと。
銀座や横浜に支店がありますが、やはり本店に行ってみたかったのです。
c0133013_16273258.jpg
広いお庭と歴史を感じる建物。そして鎌倉山から見下ろす景色。行き届いたサービスとラグジュアリーな雰囲気でまるで自分たちがセレブの仲間入りをしたような気分にさせてくれますね。あくまでも錯覚ですが・・・。錯覚なのにセレブな代金を支払うのは現実でしたが・・・。
c0133013_16171563.jpg



c0133013_16171843.jpg

c0133013_16402742.jpg

旬の前菜とタラバガニの天ぷらと茸のスープの後、いよいよ主役のローストビーフの登場!
c0133013_16172252.jpg
美味しゅうございました。お口の中でとろける和牛ロース。(確か松坂牛だったと思います)
ホースラディッシュをたくさん巻き込んでお口の中へ入れると脳ミソが溶けてしまうかのようなめくるめく美味しさ・・・・がしかし、120gのローストビーフ半分ほど食べたところで前頭葉あたりがムラムラとしてきました。
私、サシの入ったいいお肉をいただいて容量オーバーになると必ず前頭葉にめまいというか何とも形容しがたい症状があらわれます。そしてそれはもう一杯、無理という自分からのシグナル。
ああ、しかし今年も一年頑張った自分へのご褒美とランチコースの一番高いのを選んでしまった私、もったいなくて残すなんてできません。最後の一口を呑みこむのは必死でした。赤ワインで流し込む感じ。
ローストビーフを味合うのが目的なのであれば、前菜やらスープやらが付くお高いコースではなくもっとシンプルなコースを選べばよかったのですよね。小さなオードブルにいきなりお肉というコースもありました。それにすればもっと美味しくローストビーフを全部いただけたのかもしれません。
欲張って食べたくても体が受け付けない中高年。教訓です。
c0133013_16200526.jpg
ランチの帰りに市場に寄って購入して来た鎌倉野菜たち。その夜は鎌倉野菜のローストを作りそれだけを食べました。もうお肉はしばらく食べたくないと思いました。
3日経った今は、大丈夫です、もう血が滴るような赤身のお肉が食べたいです。
肉食系オバサンな私です。

c0133013_16204639.jpg
みなとみらいMARKIS から見たイルミネーションです。もうすぐクリスマスですね。
この年になるとあまり興味のないイベントではありますが、年末のイルミを見ると気持ちが華やぎます。
食べ過ぎ呑み過ぎに注意して年を越さないと・・・。
皆さまもお気を付けあそばせ。037.gif


[PR]
by sanakk | 2016-12-07 18:49 | Comments(2)
c0133013_10164915.jpg
ヨウムがとうとうワシントン条約付属書Ⅱ類(サイテスⅡ)にから付属書Ⅰ類(サイテスⅠ)掲載種に移行決定だそうな?
密猟や非合法な取引などが原因で野生個体が激減してるんですって。それは大変!
以前からヨウムの密輸の実態など度々問題提起はされてきましたが・・・。深刻な問題になっているんですね。
そうやって数を減らし絶滅の危機に瀕している動物はヨウムだけではないでしょうけど。
ヨウムを飼いたい、お迎えしたいとかつての私の様に切望する人がたくさんいてどんどん需要が大きくなってきたことが、乱獲や不正な取引の原因の一端でもありますよね。確かにヨウムは魅力的なコンパニオンバードですから、人気があるのも当然ですが。
c0133013_10170217.jpg
花は、ブリード個体ではなくアフリカから輸入された個体なので、私も責任を感じてしまいます。もちろん正規の輸入で証明書もありますよ。
でも、花がどういう状況で生まれて日本に輸入されてきたのか分かっていません。
木箱に何羽も詰められて船底に置かれた状態ではるばる日本に来たのかな?なんて想像してしまいます。需要がなければ供給も必要ない訳で・・・、そういう意味では我々ヨウム飼いは愛鳥に対して大いに責任を感じながら生活しなければいけませんね~。

今後はショップに並ぶヨウムの幼鳥も減るかもしれませんね。ブリード個体以外は商業目的の輸入は禁止されますから。
ところで、今現在のヨウム飼いはどうしたらよいのでしょう?国内登録が必要とか聞きましたが。
少し調べた方がよさそうですね~。039.gif
c0133013_10470389.jpg
    何気に↑このオトコもサイテスⅠ類らしい・・・

さてさて、先日、仕事がらみで紹介していただいたイラストレーターの方に花のイラストを制作していただきました。知り合いのワンちゃんのイラストを描いてくださるのに便乗して私の愛鳥も~っと図々しくお願いしてしまいました。
c0133013_10180583.jpg
可愛いでしょ?5パターンの花を描いてくれました。左下のほっぺをポッと赤らめてる花なんて可愛すぎる。016.gif
ただちょっと残念だったのは、もうインコ飼いの方ならお気づきだと思うけど、あんよが・・・・ね。
前に指三本になっちゃってますね。008.gif
インコのあんよは前2本後ろ2本のお手手としても使いやすい形状。鳥を描くのは初めてと仰ってたので花の写真を見てもあんよの形状まで気づかれなかったのでしょう。
可愛いからいいんです。カラスあんよのヨウムなんてかえって味があっていいかもしれません。
c0133013_10184236.jpg
額に装丁して送ってくださったので、大切に飾ってあります。上目遣いの感じが花の雰囲気だしてます~。

暦の上ではすっかり秋ですが、このところ台風の影響で不安定なお天気が続いているせいなのか、お野菜が高くて困ってしまいますね~。
先日馴染の日本料理屋の大将が良い松茸を仕入れたのでいかがですか?とLINEをしてくれました。
良い食材を仕入れた時はそうやって時々LINEで知らせてくれるのです。
せっかくだから久々に松茸いただきますか、といそいそと仕事帰りにお店に寄らせていただきました。
松茸を肴にちょっと一杯のつもりが、当然そうはならずしっかりと呑んでしまいました~。
大将は何も言わずとも、私が好きそうな(?)お酒を出してくれます。
c0133013_10192070.png
山口県の五橋ひやおろし(左)、口当たり優しくやわらかな味わいの中にも米の旨味もしっかりあり。
山形県のつららぎひやおろし(右)、こちらの方は爽やかな柑橘香も感じる軽快な感じ。地元山形県の幻の米を使って作られているそうな。どんな肴にも相性が良さそうなお味でした。
c0133013_10193463.jpg
そして、お愉しみは松茸。焼いたのとフライ。揚げたてのフライにはすだちをギュっと絞って。美味しかったですよ~。
大将お勧めの秋刀魚の棒鮨も最高でした~。秋を満喫した夜でした。

今日も10月だというのに30度越えの暑さになるとの予報でした。そして週末にはガタッと気温が下がるそうなので体調を崩さないように気をつけないと。
呼吸器疾患の持病持ちの希は要注意です。





[PR]
by sanakk | 2016-10-05 16:58 | Comments(2)
今日は雛祭り。3月3日は耳の日ということでうさぎの日という噂もあるけれど・・・。
今年も雛人形は出さずじまいでした。もう何年、タンスの上で埃をかぶっているsana家の雛人形の箱は開けられていないのでしょうか・・・・。
私の母は、私が大人になっても、毎年せっせとお雛様を飾ってくれました。
私が嫁いでも、実家で毎年お雛様を飾ってくれていました。
迷信とは思っていても、娘たちがお嫁に行き遅れたら困るので、小さなガラス細工の雛人形を買いました。
c0133013_16383811.jpg
家で飾ろうと取り出した途端、床に落としてお雛様の首がもげた~008.gif
これはますます不吉です~。
次女は大笑いしながら、「あー、これでアタシたち嫁いけないの決定だ~」って。
あ~あ・・・
一応、瞬間接着剤で直しましたけどね。私の不注意で今年は、なんとも不吉な感じの雛祭りとなってしまいました。


そして一日早いですが、3月4日は、花の誕生日です。とうとう12歳になります~。
c0133013_9543069.jpg

赤ん坊が小学校6年生になるくらいの月日が経ったってことです。
なんだかピンと来ない。
長かったけどあっという間だったような気もします。
小学生だった娘たちが、花と一緒に成長して成人したのです。貴重な時間だったと思います。
そしてこれからも花と暮らすかけがえのない日々が末永く続きますようにと祈りまして・・・・。




c0133013_9554014.jpg
高級落花生をプレゼントしました。いただきものですが011.gif
c0133013_9565795.jpg
落花生の受け取りを拒否する花。おやつではごまかされない子です。
今はおやつよりもかまってちょうだい、という顔をしていますね。

[PR]
by sanakk | 2016-03-03 16:40 | Comments(4)
2月も終わってしまいますね~。早い~。
先日私は、かねてから観てみたいと思っていたシルクドソレイユの公演を見に行ってきました。
c0133013_16374044.jpg
場所はお台場のビックトップ。最新作トーテムです。
座席はステージの真正面で、とてもよい位置でした。ワクワクしながら薄暗い会場で開演を待っていると、天井からキラキラとまばゆいばかりに輝く人が逆さ吊りになって下りてきたかと思ったら、いきなりハイテンションなパフォーマンスが始まり、鳥肌が立ちました。
シルクドソレイユと言えば、出演者たちのメイクや衣装も芸術的ですよね。
c0133013_16393572.jpg

人間離れしたアクロバットもすごいですが、幻想的な舞台演出や美しい衣装にも魅せられますよ。
トーテムという今回の舞台は、人類の誕生から現在、そして未来への何億年の旅、不可能を可能にする人類の進化がテーマなのだそうです。
人類は長い時間をかけて進化してきたわけだけど、これからもまだまだ進化し続けるのでしょうか?
人類の、そして地球の未来に希望的観測を持ちたいところだけど、悲観的になってしまうニュースばかりですね。
いつだったかネットをうろちょろしていて太陽についての記述を読みました。銀河系の恒星である太陽は誕生しておよそ46億年燃え続けているわけだけど、寿命の役半分を経過しているそうですね。そのうち(と言っても数十億年後)エネルギー源と考えられてる水素を使い果たして、バランスを崩しどんどん膨張して地球の軌道近くまで達すると推測されているんだそう。(もっと難しい専門用語で説明してありました)
なーんだ、どんなにこの地球上の人間が進化して賢くなって、核も捨て、戦争もやめて平和に暮らしたとしたって、どのみち絶滅する運命じゃないか・・・と思ったものです。
何十億年も先の事考えても仕方ないですけどね。あまりにも壮大な宇宙の話になってくるのでクラクラしちゃいます。
あ、話がそれてしまいました。 シルクドソレイユ トーテム、でした。
素晴らしかったです。まだ観たことない方は、必見です。
c0133013_16455142.jpg
お台場のランドマーク、ガンダムも初めて間近で見ました~。


さてさて、お鳥さまのはなし。
病院の先生に安静を言い渡されて早7ヵ月経った希くん。久しぶりの放鳥です。
c0133013_16473147.jpg
お相手はピーちゃん。詩さんと一緒に出すと興奮して飛びまわってしまうので、別々の放鳥です。
数か月ぶりに妻の居るケージに入ろうとした希くん、絶賛抱卵中だった詩に激しく拒否されてお部屋に入れてもらえませんでした。気の毒に~。
c0133013_16474831.jpg
鳥マンションの上からじーっと詩の事を見つめる希。なんだか哀れでした。007.gif

c0133013_16481432.jpg
高いところにとまって一人でエグエグする花。恋の季節なのかな?
やめてよ。花まで卵産まないでよ。(ヨウムの卵見てみたい気もするけど・・・ダメダメ)
c0133013_16484757.jpg
このところ、体重も増加ぎみ。450gのベスト体重からほとんど増減のない花ですが、20gもオーバーしちゃってました。
c0133013_1649911.jpg
黒目が大きめの花ちゃま。ベビーフェイスで可愛い016.gifこんなお顔で「おかあさん?」ってなぜか疑問形で話しかけてくるのです。「おかあさん?行こ?」って。たまりませんね。この場合「行こ?」=「かまってね」っていうことかしら?
c0133013_16511753.jpg
爪切り後の花ちゃま、すっかり黒目が点になってしまいました。
遊んでもらえると私の後について飛んできた洗面所で不意打ちにあって確保され、無理やり爪を切られちゃいました。037.gif
点目で放心しております。ご愁傷様。でも、あんよが痛くなくなっておかあさんは助かりました。043.gif



[PR]
by sanakk | 2016-02-26 15:09 | Comments(2)
こないだの日曜日、早くも東京に春一番が吹きました。早朝から強風と雨、ちょっとした嵐でしたね。
そんな中私は、必死で東京駅に向かっていました。
運の悪いことに、上越にスキーをしにいく予定を立てていた日程にあんなに大荒れの天気がかぶってしまいました。日ごろの行いが悪いのでしょうか。
どうにか東京駅に着いて、友人A子と駅中で朝食。
c0133013_20375481.jpg
心配していた電車の遅れも無く、予定通りに新幹線は東京駅を出発しました。
今回の目的地は越後湯沢で降りて湯沢温泉スキー場でした。
新潟県に入ると風は穏やかなものでしたが、2月の雪国とは思えないほど暖かく(スキーウェアでは暑いくらい)やはり雨が降っていました。
チェックイン時間の前だったので荷物をホテルに預け、午後からの半日リフト券を買って一番近くのゲレンデ湯沢高原スキー場へ行くことに。
c0133013_1656579.jpg
こちらのゲレンデはまずはロープウェイに乗って山を登ります。この日の湯沢高原スキー場は雨。
ゲレンデの雪は水を含んで重たくベチャベチャ、最悪のコンディションでした~007.gif
おまけに山の中腹からガスって10m先の視界もほぼないような状態。ガックリです。
当然やる気は起きず、私たちは休憩ばかりしておりました。
いよいよウェア、帽子ともビチョビチョになって視界もますます悪くなってきたので、今日は早くあがって温泉に入って翌日に備えようということになりました。
私はもう濡れながら滑ることにうんざりしていたので来るときに乗ったロープウェイで帰ると言い、A子は林間コース(上級者コース)を滑って降りると言いました。意見が分かれたので、麓のロープウェイ乗り場で待ち合わせと言うことで別行動をとることにしました。
A子と別れ近くのロープウェイ乗り場に行くと、そこはGALA湯沢行きの乗り場でした。
あれ?ここじゃない。と、近くに居た若い男性に「湯沢高原行のロープウェイ乗り場はどこですか?」と聞くと、下り方面を指さして「あっち」と言います。「え?ここから下るんですか?」と聞くと「下るんです」ときっぱり仰る。
視界が悪くて10m先も見えない状態なので、ここは男性の言うことを信じるしかないかと言われた通り私はロープウェイ乗り場の建物を出てすぐ横の斜面を滑って下り始めました。
大分下ってから「なんかおかしい」と気づきました。滑れど滑れど建物一つ現れず、人っ子ひとり滑っていない。ゲレンデはどんどん狭くなりとうとう林間コースのような細い道となりました。
左側が山側、右側が谷側。谷は切り立った急斜面で、ロープも張られていないのです。
間違ってそちらに落ちたら大変だと思うと急に恐ろしくなってしまった私。前も後ろも誰一人いなくて山の中にひとり取り残された感じ。乳白色に煙った道の先がどうなっているのか、どちらにカーブがあるのかも見えない状態。自分が下ってきた道ももう見えないし。
おまけに結構急斜面。もしかしてこれがA子が滑り降りる予定だった林間上級者コースだったんだと気づきました。では、A子はどこへ降りたんだろう?孤独と戦いつつ、左の山側の壁にそってそろそろとボーゲンで滑っていきました。スキーは中級以上の技術は持っていると自負している私ですが、あまりの恐怖にまるで初心者の様におっかなびっくりになってしまいました。
怖かったです。このまま山林に迷い込んで遭難してしまうのか?谷底に落ちて誰にも見つけてもらえず冷凍されるのか?はたまた霧の中から突然現れた熊に食われてしまうのか・・・と。身元不明の中年女性スキーヤー、山中で惨殺体で発見、なんて朝刊の見出しを妄想したりして。(新潟県内で結構ツキノワグマ目撃されてるみたいですよ)
でもまあ、ビビりながらもなんとか人の気配を感じるところまで下りてくることができました。すごく長く感じたけど実際は20分くらいだったのかもしれません。下り切ってみるとそこは最初に乗ったロープウェイ乗り場の隣りのゲレンデでした。
もう一度短いリフトに乗って初心者コースのゲレンデを右へ右へと滑り降りれば最初の場所に戻ることができて一安心。スキー板を外して建物のなかのベンチにへたりこんでいると、A子から電話がかかってきました。
見るとスマホには何度もA子からの着信がありました。必死過ぎてポケットの中の音に気がつかなかったみたいです。
結局こういうことです。滑って下りようとしたA子は、違う方角に50m位下って間違いに気がつき、斜面を横歩きで登ったそうです。そして私が間違ったロープウェイに乗ってGALAの方へ行ってしまったと勘違いしました。
スキー場のおじさんに林間上級者コースは降りられるか?と聞いたら、「視界が悪くて誰も滑ってないし、今日は圧雪もされてないから危ないからやめなさい」と言われ、私が乗るはずだったロープウェイに乗って降りてきたそう。そして、A子が下りるつもりだったその危険な林間上級者コースを私が滑って下りてきたってわけです。ひとりぼっちで。
何事もなく無事に下りてきたから笑話で済みましたが、スキー場で別行動はダメだな、と思いましたよ。
ガスで前が見えない山の中にひとりぼっち、これ、本当に怖いですよ。久しぶりの恐怖体験でした。

さてさて、気を取り直して。宿(湯沢ニューオータニ)に戻り、温泉にゆっくり浸かってからお楽しみの夕食。
c0133013_1657177.jpg
ちまちまと前菜が出て、お造りが出て、お鍋、揚げ物、焼肉と続き〆は新潟のお米。
ボリュームがあってお腹いっぱいになりました。なんといってもお米がおいしい!
部屋で呑み直し、ぼけーっとTVなど見て、いつの間にかバタンキューでした。
c0133013_20395985.jpg
温泉旅館の夜恒例のパックタイム。今回はアートマスクにしてみました。わかります?左(私)がお狐様で右(A子)がへのへのもへじ。こんなことして中年女二人組はしばらく盛り上がります。003.gif



c0133013_1657521.jpg
そして翌日は、夜半から雨が雪となり、気温は前日より10度以上も下がりました。やっとスキー場らしくなった感じ。
c0133013_1658425.jpg
ホテルの朝食美味しかったです。和洋折衷でパンもお米も食べました。やっぱりお米が一番美味しい!
バイキングに朝カレーがあって、これが美味しかったんです。朝からカレー2杯お代わりしました~。012.gif
午前中は、温泉に入ったりしてのんびりしてから、この日は午後からGALA湯沢で滑りました。
夜中から降り続いた雪のおかげで、ゲレンデのコンディションは前日と大違い。とても滑り易い雪質になっていました。
c0133013_16582787.jpg
この日も結局帰るまで雪が降り続いたけど、雨よりはだんぜんいいです。
15時半ごろまでA子とガンガン滑って、大満足。納得の滑りができました。
ホテルに戻り、もう一度温泉にゆっくり浸かってから、帰りの支度です。
お天気には恵まれませんでしたが、恐怖体験というオプションも付いてたし、温泉には何度も入れたし、食事も美味しかったし、まあまあ充実したプチスキー旅行となりました。043.gif

c0133013_16584747.jpg
越後湯沢の駅で新幹線を待つ間、お土産を買うのも後回しにして「ぽんしゅ館」へGo。

c0133013_9525670.jpg


c0133013_165913.jpg
米処、酒処の新潟の地酒がずらーっと並んでおります。コイン5枚を500円で購入して小さな御猪口5杯まで利き酒ができるというシステムです。
呑みたいお酒の所にコインを入れて御猪口を置くとお酒が注がれます。
たくさん種類があるので、どれにしていいか迷うのですが、とりあえず飲んだことのない銘柄のものをいただきました。
c0133013_16592034.jpg
各地の珍しい塩が用意されていて、無料で手に取って舐めることができます。
私も塩を舐め舐め日本酒を立飲みしました。
c0133013_16593170.jpg
きゅうりが1本100円で売ってます。無料の味噌をつけてぽりぽり。
c0133013_16594238.jpg
試した中では、↑ これが美味しかった。越後桜の大吟醸もフルーティーで飲み易くて好きですねぇ~。
小さな御猪口5杯でも、けっこういい気分になりますよ。ぽんしゅ館、楽しい場所です。
c0133013_170951.jpg
新幹線の中では、新潟の地ビールを呑み、ひたすら呑むオンナ二人組。

c0133013_957288.jpg
帰りの新幹線の座席指定は、初めて2階建車両の1階席でした。駅に着くと目線がホームの高さって、不思議な感じですねぇ~。
この後、我々は東京に帰っても品川のワインバーで遅い夕食と称して呑みました。
一泊二日でスキーに行ったのか、呑みに行ったのか・・・・。
同い年のA子と、「スキー出来るうちはなるべく毎年行こうね」と。出来るうちは・・・冗談じゃなく現実味を帯びてこういう言葉がでてくるということが、ちょっと寂しいですが。



二日留守にすると、鼠色娘は激しく甘ったれになります。
ハラハラとフケが落ちているのがお分かりになりますでしょうか?





[PR]
by sanakk | 2016-02-18 10:01 | Comments(4)

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります


by sanakk