「ほっ」と。キャンペーン

タグ:娘のこと ( 25 ) タグの人気記事

桜の開花とともに新年度が始まり、街では初々しい新入社員の姿を見かけます。
ダークスーツにスプリングコートを羽織って髪を一つにまとめるというお決まりの出で立ちの就活中大学生もよく見かけますね~。かく言う私も就活戦線まっただ中の娘(次女)を持つ親ですが・・・。
一昨年の長女の就活は悪戦苦闘でハラハラさせられましたが、今回はどうなることやら。
満開の桜を見上げては、なんとかうまくいって欲しいと祈る母です。
当の次女YUKAは「焦ったってしょうがない、なるようになるさ」みたいなこと言ってのほほーんとしておりますが、本当は不安でいっぱいなのだと思いますね。
c0133013_162034100.jpg
それにしても、桜が満開になるとどうしてこうどんよりとしたお天気ばかりになるのでしょうか?
この時期の雨と風が、せっかく咲いた花をすぐに散らしてしまいますし。
そういう桜の儚さに人は魅せられて、せっせと肌寒い中、お花見に行くのでしょうか~。

さて、その次女YUKAと先日、都心にある某レンタルドレスのお店にフィッティングに行ってまいりました。
5月に甥っ子の結婚式があるのです。結婚式にお呼ばれなんて、何年振りでしょう?
私は友人の結婚式以来だから、なんと、22年ぶりくらいです~。
娘たちは、初体験です。さあ、困った!衣装はどうする?ということになりました。
オンナ3人分のドレス、靴、バック、アクセサリー、となるとこれは大変な事です。で、ネットで調べてなかなか素敵なレンタルショップを見つけまして、今回はそちらですべて調達することにしたのです。(娘たちはたぶんこれから10年くらいの間にお友だちの結婚式お呼ばれラッシュが来るであろうから、購入してもいいのかな?と思いましたが)
そのレンタルドレスショップは、ショップと言ってもマンションの一室で若い女性が一人で経営しているようでした。フィッテイングは完全予約制。
ドレスの種類はそんなに多くはなかったですが、可愛くてセンスの良い物ばかりでした。
私のようなオバサンが着られるドレスの種類はとても少なかったですが、なんとかギリギリセーフの物をみつけました。emoticon-0141-whew.gif
若い子のドレスは選択肢が多くて羨ましいです。私もあと30年若かったら着れるのにーemoticon-0111-blush.gif
c0133013_16255384.jpg
いろいろ悩んで、最終的にこの4パターンが残りました。うまく生地の色や質感が撮れていませんが、みんなYUKAに良く似合って可愛かったんです。
左上はシルバーのジャガード織のような立体感のある柄の生地のドレス。ウエスト前で結ぶ大きなリボンがありましたが、あえて外しました。白のボレロと合わせて。
右上はマットな黒のシンプルな生地で裾にフレアがついたAラインのストンとしたワンピース。首元にクリスタルが最初から縫い付けてあります。
左下はサテン地の黒にブラウン?オレンジ?っぽいシフォンを合わせたドレス。ノースリーブなので黒のひらひらの小さなボレロを合わせて。
右下は黒に見えますがネイビーです。キラキラとスパンコールが光る生地でスカートには透け感のあるシフォンが上からかぶせてあってさりげなくキラキラ。白のボレロを合わせて。
さて、どれに決めたのでしょうか?emoticon-0138-thinking.gif
YUKAは右上のシンプルなAラインの黒が気に入ってたみたいですが、結局私が一番押した左下の黒とオレンジのドレスに決まりました。可愛らしさの中にも、上半身の黒に大人っぽさもあってYUKAにも良く似合っていました。(親ばか)
こんなハイウエスト切り替えのふわふわワンピなんて、20代前半じゃないと着られませんよね~。
来月の結婚式当日、母娘3人でドレスアップするのが楽しみです。


c0133013_16292935.jpg
出たら帰ってくれないあんぽんたんトリオの放鳥中です。
こいつら、呼んでも来ないし、手には乗ってくれないし、アンコントロールな三羽なのですが、私がソファで転寝しているといつの間にか私の周りに集まってくるので憎めません。

c0133013_16295886.jpg
コントロール可能なふたり組jはこちら。
海なんて、ちょっと外で遊んだらとっとと自分でケージに帰っちゃいます。早く帰れば早くおやつにありつけることを知っているのです。
ケージの中にセットされているナッツを早々と平らげたら、再び出てきます。これを何度も繰り返せばその度におやつをもらえると思ってるらしいです。
しかーし、そうは問屋がおろしませんよ。emoticon-0143-smirk.gif
c0133013_1634386.jpg


このところワインばかりでしたが、先週末は美味しい日本酒をいただきました。
最寄りの繁華街になかなか良い感じのお鮨屋さんを新規開拓いたしました。
c0133013_16343880.jpg
辛口でキリっとしたお味の岐阜のお酒、三千盛。肴は旬の桜鯛をすだちとお塩でいただきました。
大将お任せコースはいくつかの肴が出た後、握りが10カン。
c0133013_16352060.jpg
小ぶりなキンキの煮つけや旬のヤリイカの煮物など結構お腹にたまる肴の後、握り10カンでおなか一杯になりました。鮪赤身のづけや煮蛤は素晴らしく美味しかったです。
お値段もそれほど高いわけではなく、まあ内容に見合っているだろうという程度。落ち着いた雰囲気で良いお店を見つけたと思っていたら、カウンターの一番奥に座っていたカップル、中年サラリーマンと若い娘(見るからにキャバ嬢風)がイケなかったです。
「もー、いやーん。やっだぁーん。痛ぁーい」とピンク色の大きな声で騒ぐ娘で、鮨屋で何をいちゃついてんだとカウンターの客みんながドン引きして固まったのです。お店の人も苦笑い。
美味い鮨と酒が台無しです。ピンク色の大騒ぎは、我々の食事の終盤から始まったのでまだ良かったですが。なんだか呑む気が失せて、その日はお酒一合で引き揚げました。
運が悪かったのでしょうね。歓楽街に近い場所でしたからそういうお客さんもいるでしょう。
それが無かったら★みっつです!と言えたんだけど・・・・。









[PR]
by sanakk | 2016-04-06 16:53 | Comments(4)

卒業式

昨日は長女AMIの卒業式でした。
4年なんてあっという間でしたね~。
就職も決まって、無事に卒業できて良かったです。
大学総長は、今年の卒業生たちのことは忘れられないでしょう、と仰っていましてた。
なぜなら、今年の卒業生たちの大多数が2011年3月11日の東日本大震災の年の新一年生だからです。
震災が起き、福島原発事故が起き、電力不足となり日本中が自粛ムードの中、入学式は中止になり、新学期も1ヶ月遅れ、ゴールデンウィーク明けからとなりました。そんな事は過去に無かったそうです。
そんな年の新一年生が、無事卒業の日を迎えたことが感慨深いと仰っていました。
c0133013_17038100.jpg
思えばこの4月から新社会人となる1992年生まれの若者たち、不運な事が多かったです。
だからこそ、世の荒波を強い気持ちで生きて、それぞれが求める幸せをガシっと掴み取ってほしいものです。

ほとんどの女子学生が着物袴姿だったのに、AMIは袴は着たくないと言ってリクルートスーツで出席しました。変わった子です。
華やかな色合いの女子学生の中で、黒いスーツで化粧気も無いAMIは人ごみの中に沈んでいくようで母としては残念な気持ちになりました。
社会人になったら、もうちょっと女子力アップさせてほしいものです。
c0133013_1733615.jpg

私も大好きだった歴史ある建物が多く残る趣のあるキャンパスにも、娘が卒業してしまえばそうそう来ることも無いでしょう。
たくさん写真を撮りました。
c0133013_1705523.jpg
今は記念館になっている旧図書館の前で。
c0133013_172328.jpg
卒業生の特権を生かして、いつかこの素敵なチャペルで結婚式を挙げてくれればいいのに・・・夢のまた夢かなぁ~と、遠い目になる母なのでした。

[PR]
by sanakk | 2015-03-26 09:39 | Comments(6)

とうとうハタチ 他

昨日は、次女YUKAのお誕生日でした。とうとう二十歳になってしまいました。
これで娘ふたりとも成人したってわけですね~。うーん、長い道のりだったような、あっという間だったような。
感慨深いですな~。
c0133013_16445374.jpg
すっごい節目の誕生日なのだから、ケーキくらい買ってきて、と頼まれまして・・・・、リクエストにお応えして用意したYUKAの大好物の堂島ロールに「20」のキャンドルをぶっ刺しました。emoticon-0102-bigsmile.gif
人間の生涯を20年ごとに区切るとしたら、YUKAにとってこの20年間が一番長く感じた20年になるでしょうね。
これからの20年は、もっともっと早く過ぎるよ、と脅かしておきました。
c0133013_16544974.jpg
堂々と冷蔵庫からサワー缶を出してきて、私の宝物のバカラのグラスで呑むYUKA。
もうお酒も解禁ですね。
けれど残念なことに、アルコールに弱い体質です。ジュースのようなサワー缶半分で真っ赤になる子でした。
まずは、無事大学を卒業して、就職をしていろんな経験を積んで、優しいダーリンに巡り会えるといいな。
平凡だけどそれが一番、と思う母なのでした。

現在、入院中の義母は先週末、折れた大腿骨を人工骨に替える手術を無事に終え、今日からリハビリが始まったようです。
いつも前向きに頑張る人なので、きっと歩けるところまで回復してくれると信じています。
c0133013_16485422.jpg
ラッシーは現在sana家に連れてきて面倒みています。近所といっても、義母の家に通って世話するのは大変なので。
しかし長毛種のわんこの抜け毛はすごいですね~。
c0133013_16475382.jpg
ラッシーはシェットランドシープドックですが、コリーと間違えられるくらい体が大きくて犬一倍毛深いわんこです。
ブラッシングしてもしてもきりがないです~。emoticon-0107-sweating.gif
c0133013_16483428.jpg
義母がラッシーにしてあげていた通り、おからを買ってきて50g前後に小分けして冷凍しました。
ドックフードにチンしたおからを混ぜて食べさせます。
本当はドックフードだけで十分なのだろうけど、今は食べることだけが生きがいのラッシーなのですから、今まで通りにしてあげることにしました。
ご飯の準備を始めると、目を輝かせておちつかなくなるラッシー、誰かさんと似ています。
食べることがすべてのイキモノ。
c0133013_191495.jpg
そう、こいつです。食べ物に対する執着心、ラッシーとよく似ています。emoticon-0136-giggle.gifナッツを取ろうと踏ん張るあんよがいじましくて可愛いです。

鳥のご飯といえば、sana家の鳥たちの主食は、米国より輸入されているズプリーム社のペレットなのですが、今どこのショップも欠品しているようですね。
特にウチではピーちゃんとオカメたちが主食としているナチュラルパラキートを切らしてしまって、どこを探しても売り切れで見つかりませんでした。(ネット検索と電話で、思いつくかぎりの鳥さんショップを調べましたが・・・)
米国で製造が追いつかず、輸入時期も未定とのことでした。
こりゃ困った!こんなことは初めてでした。普段から大目にストックしておかなければいけませんね。
唯一、こんぱ〇上野店さんには、御試し用450gリパック品が5袋だけ残っているとのことで、大慌てで上野まで車を飛ばして全部買い占めて来ちゃいました。すみません。emoticon-0139-bow.gif
c0133013_17471338.png
ピーちゃんと詩は、大食漢なのですぐに無くなっちゃうのです。
輸入物ペレットは、こんなこともあるでしょうから、国産のペレットも食べられるように慣らしておかなくちゃと思いました。

c0133013_16511073.jpg
私に向かってぶっ飛んでくる花、翼がなくなっちゃいました。emoticon-0104-surprised.gif
飛んでる時のあんよ、可愛くて大好きです。尾羽はイセエビのしっぽみたいですね。
c0133013_16524090.jpg

成人した娘たちが小学生の時に、sana家にやって来た花も、来月は11歳になります。

[PR]
by sanakk | 2015-02-03 15:56 | Comments(4)

さむ~い成人の日 

お正月明けの3連休、寒かったですよね~。皆さま、どう過ごされたでしょうか?
私は10日は茨城県の親戚の告別式、そして12日は次女の成人式と、お悔み事とお祝い事が立て続き忙しい連休でした。

昨日の成人の日、晴れて良かったです。2年前の長女の大雪成人式は悪夢でしたから。まあ、それなりの思い出にはなりましたけどね。
晴れたけれど、寒い一日でしたね~。着物は袖や裾から冷気が入って寒いですから、YUKAは振袖の下にヒートテックを着てしっかり防寒していました。(日本人はなぜ着物などという、脱ぎ着が面倒で動きにくく防寒性のない着衣を考え付いたのでしょう?)
成人の式典は地元ではなく、高校のお友だちと川崎市の「とどろきアリーナ」に出席しました。
「テラスハウス」に出演していた住岡梨奈ちゃんがミニコンサート開いたそうですよ。
主題歌の「ネバーエバー♪」ってあの曲も歌ってくれたって。
c0133013_15174360.jpg
会場の前にたむろしていた新成人のほとんどは、式典には出ずに、ただそこで友人と出会い盛り上がっているだけのようでした。
やはりちらほらと毎年TVのニュースで観るような、白い羽織袴の若者がおりましたが、特に大騒ぎすることも無く(若干の奇声をあげてるやつらもいましたが・・・)式自体はスムーズに進行したようです。
会場の外で円陣を組んでせわしなく煙草を吸っている男子の集団もいました。大人になって、喫煙も飲酒ももう誰に咎められることもないということをアピールしたいのでしょうか?
成人の日という祝日の趣旨をまったくわかっていないし、大人の行動ではないですね。
(関東最大の式典会場の横浜アリーナは、大分荒れたようですね。)
驚いたのは、会場に警察車両が来ていたこと。
若者が一人前の成人として認められ、それを祝う式場に、出番が無いとしても警察が待機しなければならないなんて、いったい世の中はこれからの日本はどうなって行くんだ?なんて憂うのは私がトシをとった証拠でしょうか?
ま、それは置いといて。
私が成人した大昔と比べて、今の若者はもっと厳しい社会を泳いで行かなければならないのだから、頑張れ!とエールを送りたいですね。

式典が終わった後は、YUKAのお友だち二人を車に乗せて、赤坂の日枝神社にお参りに行きました。
c0133013_1532352.jpg
若さあふれる三人娘。今はまだ親の庇護の元、キャピキャピと楽しそうだけど、これからいろんな経験をしていくのですね。そしていつか酸いも甘いも噛分けた大人になっていくのかなぁ。

よそのお嬢さんのお振袖を見るのも、楽しいです。
c0133013_1533335.jpg
三人で神様に手を合わす後姿。お辞儀までしっかり揃っていました。帯の結びもそれぞれです。
c0133013_1534717.jpg
絵馬に今年一年のお願い事を・・・。幸せな一年になりますように、良い会社に就職できますように。

お参りの後、プリクラで振袖盛り盛り写真を撮りたいという3人を地元近くの駅で降ろして、私とおやーじゅの成人の日ミッションは終了。疲れました~。

c0133013_15345822.jpg
この日のためにと、人生初のジェルネイルを施したYUKA。
和菓子屋のバイト先でネイルはご法度なので、5日間でオフしなきゃならないそうです。
もったいない・・・。emoticon-0107-sweating.gif

解放された我らが、やれやれとその日訪れたのは大井にある更科蕎麦の老舗、布恒更科さん。
c0133013_15421978.jpg
私がいただいたのは季節限定メニューの中の白子蕎麦。
暖まりました~。上質な白子がふわふわで口の中で溶けました。美味しいですよ。(でもお蕎麦一杯のお値段もいいです。)

さてさて、忙しかった3連休、鳥たちのことはご飯とお水のお世話意外は放置状態でした。
夜は疲れてしまって、花と戯れる時間もとれなかったので、久々にお風呂タイムを利用することに。
c0133013_15355157.jpg
ゆっくり湯船につかる私のそばで大人しくしている花。
そばにいるだけでいいの・・・という雰囲気で佇んでいるのでいじらしいったらありゃしない。
エコーの効くバスルームの中で「おかーさんとー」なんて言われちゃって、涙がちょちょぎれるほど愛おしい鼠色娘です。
c0133013_15434049.jpg
emoticon-0115-inlove.gif

[PR]
by sanakk | 2015-01-13 16:17 | Comments(6)
新年を迎えたかと思えば早くも鏡開き。コンビニに行けば恵方巻きのポスターが貼ってありました。
立ち止まることはできませんね~。
来週の月曜日は、いよいよ成人式。次女YUKAも新成人です。(早生まれなので正確にはまだ未成年ですが)
2013年の大雪の長女の成人式から2年あっという間に過ぎました。
12日の天気予報は、今のところはどうやら晴れと出ていますが、どうでしょう?
成人の日の雪だけは本当に勘弁してほしいものです。
4日に、YUKAの前撮りをしました。
今回は帯と帯揚げ帯締めを変えてみたのだけれど、それだけで大分雰囲気が変わりましたね。
c0133013_14503898.jpg
(頭が大きく見えるのは高いカメラ位置のせいだと本人談emoticon-0136-giggle.gif)
c0133013_14515696.jpg
2年前の長女の写真。中央が光ってしまいました。
蛍光色のようなオレンジの帯揚げをぐっと渋い色の赤にしたら、全体的に引き締まって落ち着いた感じになったと思います。
新しい帯は、昔の帯より長くて柔らかいのでいろんな結び方を楽しめるそうです。YUKAの胴体はペラペラに細いので帯がたくさん余り華やかな立て矢結びができました。
c0133013_1452408.jpg

本番の成人式の日は、YUKAのお友だちのお嬢さん2人も加わり、振袖娘3人を車に乗せて都心の神社にお参りに行くことになっています。
小娘3人集まれば、たとえ振袖姿でも姦しいことでしょう。やれやれ・・・・。
でも、よそのお嬢さんの振袖姿を見るのも楽しみにしています。


さてさて、年が変わっても何も変わらないsana家のお鳥さまたちですが、希が去年の暮れあたりから再び呼吸が荒くなってきて、お腹の動きが大きくなっています。
c0133013_1454406.jpg
お正月明け、すぐに病院か、と思っていたのですが、元気があってご飯もそこそこ食べているし、今の所声が良く出ているので病院行は見合わせています。
すぐに繁殖活動をしたがる詩とは、ケージを別にして、保温に気を付けて様子を見ています。
このところ寒いし風も強いので、外に連れ出すのは気が引けます。車に揺られてお出かけするのもストレスになると思うんですよね~。
希くん、一度患った肺炎のせいで、肺が硬くなってちょっとのことで炎症を起こしやすくなっているのでしょうか~。
この症状とは、もう生涯付き合わなければならないような気がします~。emoticon-0106-crying.gif

c0133013_1455348.jpg

[PR]
by sanakk | 2015-01-09 15:04 | Comments(4)
いよいよ今年もあと10日ばかり。
仕事も家事も何かとスケジュールが立て込んで(自分の呑み会も込みですがemoticon-0136-giggle.gif)気忙しい毎日です。
c0133013_16482692.jpg
来年2月に二十歳を迎える次女YUKAの成人式の振袖用の帯が届きました。なんとなくクリスマスっぽい柄ですよね。もちろんレンタルです。
長女に続き、私が成人式の時に祖母が用意してくれた振袖を着るというYUKA。今時の振袖にはちょっと無いような古典的な柄(琉球紅型)が返って気に入ったのだそうです。emoticon-0144-nod.gif
ただ、帯や帯締めなどの色を変えて、長女の時とは少し雰囲気を変えたいというので、いろいろ調べて京都の和装レンタル屋さんからお取り寄せしました。
さて、振袖にうまくマッチするかどうかは、着付けてみないとわかりませんね。着物と帯の組合せというのは、大雑把なようで、考え始めると結構難しいです。
私の振袖にこの帯を締めて、来年早々の4日に前撮りです。
前日の3日は、YUKAとふたりでエステ、マツエク、ネイルと予約をいれてあります。なんで私まで便乗しておめかしするのか謎ですが・・・。emoticon-0110-tongueout.gif

c0133013_1650197.jpg
c0133013_16511591.jpg
ケージの掃除中、ふと気がつくと花のケージにちゃっかり入り込んでいる海。
いったい何がお目当てなのでしょう?
c0133013_16511660.jpg
何かを期待して佇む海。何?って、そりゃもう決まってます。
c0133013_16514941.jpg
コレですよね~emoticon-0102-bigsmile.gif

c0133013_1652263.jpg
一心不乱に齧る花を見ているうち、自分も齧ってみたくなった海が、おずおずと端っこのほうを齧ってみます。
海は、私のシャツに穴を開ける以外は、あまり家の中のモノを齧り壊したりしないめずらしいインコです。
なのでいつも狂ったように齧る花を傍観しているのですが、今朝はちょっと真似っこしてみたくなったみたいです。
c0133013_16524312.jpg

c0133013_16525539.jpg
結局この直後、世界は自分を中心に回っていると思っている花に追い払われてしまいました。

sana家の自己中お姫様の花ちゃま、今朝もケージに戻した後のピーナッツの渡し方が気に食わん、と私の手から叩き落とし、再びその手にのっそりとよじ登ってきました。
(ナッツリターン?)
最近忙しくて夜の私とのまったり時間もちょいちょいすっ飛ばされています。ごめんね。
c0133013_16534975.jpg
私の手にちょこんと(どっしりと)乗ってこちら見つめる正面顔が愛おしい。emoticon-0115-inlove.gif

[PR]
by sanakk | 2014-12-22 16:55 | Comments(6)

就活まっただ中  他

先週土曜日、長女の大学の「4年次 保護者就職懇談会」なるものに出席してきました。
そうなのです。長女もこの春で大学4年生。ただ今就活まっただ中。
ゴールデンウィークまでを就活第一ラウンドと呼び、5月以降の求人に対する就活は、第二ラウンドと呼ぶらしいです。
長女は、第二ラウンドから就活戦線に参戦しました。そして既に2社エントリーしたものの、まだ内定はもらっておりません。emoticon-0107-sweating.gif
就職懇談会に出席した方々は、当然のことがならご子息またはご息女がまだ企業からの内定をもらってないか、あるいは内々定はもらっていても本人が納得できず就活を続けている学生の保護者でしょう。
大きな講堂を満席にするほどの出席者がありました。
大学側の就職支援担当の方からの、今年度の就職状況や傾向などの説明の後は挙手をした保護者と大学側担当者との質疑応答がはじまり、その内容を全員で共有する形で懇談会は進められました。
両親で参加している方が多いのにすこし驚きました。手をあげて担当者に質問するのは、主にお父さんでしたね~。中にはおじいちゃん?とおぼしきご年配の方も・・・。この就職難のご時世、どちらの親御さんも心配で仕方ないのかなぁと思いました。

とはいえ、大学側の説明では年々、新卒者の就職状況は右肩上がりにはなっているのだそうです。
娘の大学でも、2014年3月卒業者で就職希望者の96%まで無事にどこかしらの企業に就職を果たしているとのこと。
新卒生の就職活動について、その他にも知識を得ることができて有意義でした。
長女の健闘を期待したいところですが、若干就活に出遅れていることや、ブラック企業の存在など心配の種は尽きません。ちょっと過保護でしょうか?もう成人しているのだから、いちいち干渉するのもどうかとは思いますが。
私が新卒だったころは(何十年前の話だ?)、いい時代だったなぁとつくづく思います。売り手市場と言われた時代でしたので、大した苦労もなくどこかしらのまともな企業に就職できたし、学生がえり好みしてもっと良い企業を・・・と目指せる時代でしたから。
今の学生は大変です。精神的にきついのは当の本人なのだから、静かに見守ってあげましょう 的なことを就職支援担当の方は仰っていましたが、親としてはなかなか難しいことですね。
つい口を出してしまいがちだし、無駄なはっぱをかけてしまいそうです。emoticon-0107-sweating.gif

長女の通った(娘はすべての単位を3年次までに取ってしまったので、就職支援を受ける以外にもうあまり大学に通うこともないのだそうです)キャンパスは、いつ来ても素敵だなぁと思います。
c0133013_1940074.jpg
都の歴史的建造物にも指定され、学校のシンボルでもある1号館は、改修工事が完了し全館バリアフリーになってモダンな雰囲気の中にも歴史の重みも感じられ、大好きな建物です。
c0133013_19412478.jpg
どこから撮影しても絵になるキャンパスなんですよね~。懇談会に来られた保護者の方々、みなさんあちらこちらで撮影されてますね。
c0133013_19415859.jpg

娘が来春卒業してしまえば、もうこのキャンパスに来ることもないのかなぁと、ちょっと寂しくなりました。

さてさて、大学の帰り道、歩いて数分の場所にあるインコオウム専門店の「こんぱ〇」さんに久々に立ち寄ってみました。(4、5年ぶり?)
花の先代ヨウムハルをお迎えした時担当してくださったUさん、まだ店長さんとしていらっしゃいました。
調度、その日小鳥をお迎えするお客様の対応をなさっていてお話はできませんでしたが、花の事を覚えていてくださるでしょうか?
c0133013_19445332.jpg
オオダルマインコがいましたよ。海以外のダルマインコを見るのは、久しぶりです。
オオダルマさんは、お腹が青いのです。やはり小さいダルマのほうが、見た目はカラフルな感じですね。
ちょっと驚かせてしまいました。見つめる目つきがオドオドしていて可愛いですね。海に似てます。emoticon-0102-bigsmile.gif
c0133013_1945217.jpg
その他にもこの日はルリコンゴウが3羽いました。いずれも幼鳥のようでしたが。うち2羽は商談中とのことでした。
c0133013_19455043.jpg
この子はまだフリーです。幼いですね。遊んでほしくて一生懸命私にアピールしてました。(右下のケージに居た目が覚めるようなまっ黄色の子は、おそらくあこがれのニョウオウインコちゃん)
c0133013_19461289.jpg
大きな嘴を花にしてやるように掴んで振り回してあげると「あ”-あ”-」と嬉しそうな声をあげていました。
家に帰って、おやーじゅにこの子の画像を見せたら、「いいなぁ。コンゴウインコ。飼う?」だって。
な、なにをバカなことを・・・。たとえ冗談としても。emoticon-0114-dull.gif
今居る5羽のお鳥さまと実家のわんこラッシーの面倒だけで精一杯なのに。

その夜は、旧友2人と恒例月イチグルメの会。
この日は地元の割烹料理屋で和食コースでした~。
c0133013_2011141.jpg
まずは冷たーい生ビールでかんぱーい!至福の時。
お通しに出てきた見た目も夏っぽくて美しい煮こごり、じゃなくて夏野菜と蟹のゼリー寄せ、でしょうか・・・。
こちらのお店のお通しは、季節感があっていつも楽しみにしています。
友達のひとりのKちゃんが、「わー、美味しそうなテリーヌ」とか言ってボケたので、「あほ!和食だから。テリーヌちゃうわ」と突っ込むのも楽し。emoticon-0102-bigsmile.gif
c0133013_2011597.jpg
水ナスとじゃこのサラダ。体を冷やしてくれる爽やかな一品。
c0133013_20125258.jpg
お任せで造ってもらったお刺身の盛り合わせは、その日お勧めのコチ、グレ、イサキと鮮やか色の赤貝。
この後も美味しい和食をたくさんいただきましたが、食べて喋ってが忙しくて撮影忘れました~。
二次会は近場にある懐かしのディスコミュージックをかけてくれて40代50代の人が涙ちょちょギレるというクラブに行こうと予定していましたが、3人とも焼酎一本空けて酔っぱらってしまい断念。
中年オバサン3人のクラブ体験記はまたいずれ~。

[PR]
by sanakk | 2014-06-24 23:06 | Comments(4)
先々週から1週間ほどかけて、sana家は屋上の防水工事が入っておりました。
我が家は、6年前に建物全体に足場を組んで、大々的に壁の塗装防水工事を行っていて、その時の業者さんには向う20年くらいは大丈夫と言われていたのに、屋上の一部分の防水膜が膨れ上がり亀裂が入っているのを最近見つけてしまったのです。これは前回の塗装業者さんの仕事がいい加減だったということなのでしょうか?
とにかく、これから梅雨の季節を迎えることですし、亀裂から雨が浸み込むと大変なことになるので別の業者さんを見つけて急遽の防水工事となったわけです。
2週間屋上に出られなかったのですが、この土曜日、工事完了後初めて屋上に出てみました。
天気もいいし、久しぶりに鳥ケージの水洗い天日干しをしようと思って。
c0133013_13471671.jpg

なんだか円筒形の突起物が屋上に取り付けられていて、びっくりしました~。
c0133013_13475461.jpg

工事業者の方とは、おやーじゅが交渉していたので私は全然知らなかったのですが。
おやーじゅ曰く、とても丁寧な仕事をしてくれている、とのことですが、この円筒形はいったい何なのでしょう?
防水膜の間に溜まる空気を逃すものでしょうか?
不注意な私のことだから、屋上でケッ躓いて転びそうです~。emoticon-0107-sweating.gif

c0133013_13481817.jpg
なにはともあれ、この日も良いお天気だったので鳥たちの窓辺干し。まずは換羽が始まったオカメペアから。
c0133013_1348336.jpg
希はいつもの通り、外側に体を向けて熱心に外界を眺めていました。

c0133013_13485072.jpg
最近出番が無いピーちゃんですが、元気ですよ~。元気すぎるくらい。ベルをかぶって遊んでいます。伸びたあんよが可愛いですね。emoticon-0115-inlove.gif

c0133013_1349113.jpg
私のシャツに穴をあけたお仕置きで、捕まって頭の皮をうりうりされる海。
どれだけ頭をこねくりまわされていじられても、私のシャツをかじるのはやめない海なのでした~。
c0133013_13494012.jpg



最近、次女YUKAが私と一緒にホットヨガに通い始めました。大学の授業が無い週末だけですが。
太り始めたのでダイエットしたいのだそうです。(私から見れば全然太ってないですけどね)
ヨガスタジオで娘と並んでポーズをとっていると、嫌でも「若さ」を見せつけられますね。
YUKAとは、身長差分の体重差で(娘より私の方が4センチ高いです)洋服もほとんど共有できているのに、キャミソール姿で鏡の前に並ぶと大分違うんです~。若い子の上半身は余分なお肉が無くて薄っぺらいんですよね。
年を取ると上半身に貫録が付くものだなぁ~とつくづく・・・。
「おかあさん、何年もヨガやってるのに、なんでそんなに鏡餅なの?」なんて、いつもながらキッツイ一言を笑顔で吐くYUKAなのでした。娘の言葉は、辛辣で容赦がなく、そして真実です。emoticon-0107-sweating.gif
ふん!あんただって、いつかおかーさんとおんなじになるんだよ!としか返せませんよ~。
YUKA、ホットヨガで大量に発汗しデトックスする気持ちよさにハマったみたいで、しばらく私と一緒に通ってみると言っております。emoticon-0141-whew.gif

c0133013_13525653.jpg
今、流行の「Let it go~♪ Let it go~♪」と歌っているsanaです。確かに歌っていて気持ちいい曲ですね。ブームになるのはわかるような気がします。日本語版より英語のほうが歌いやすいですよ。(時々ろれつがまわりませんが)カラオケボックスの隣の部屋からも同じ曲が聞こえてましたよ。emoticon-0102-bigsmile.gif
ヨガの後は、YUKAと恒例カラオケタイム3時間コース。
歌うのは体力も消費しますが、ハイボール→ワイン→ウォッカトニックと呑んでしまえばヨガの意味もありませんね~。鏡餅を脱せられないわけです。
YUKAだってダイエットとか言いながら、ソフトドリンク何杯も飲んでお菓子食べて・・・。
本当にダメダメな母娘です。emoticon-0107-sweating.gif

[PR]
by sanakk | 2014-04-20 14:03 | Comments(6)

30年ぶりの斑尾高原

先週末、次女YUKAと6年ぶりにスキー旅行に行ってきました。
6年もスキーから遠ざかっていたのに、急に雪山に行きたくなったのは、たぶんソチオリンピックの影響かと思われます。オリンピックアルペンスキー競技を見るうち、むくむくと滑りたい欲求が高まりました。
次女YUKAも同じ気分になったようで、ソチオリンピックが終わると「スキーに行こう!」とふたりして盛り上がってしまいました。

スキーが出来るのならどこでもよかったんだけど、3月で雪質の良いゲレンデを調べた結果、長野の「斑尾高原スキー場」に決めました。
斑尾高原、なんと30年ぶりに訪れることになろうとは!というか、あれから30年経ったというのが驚きです。
当時は第二次スキーブームに突入しようかという時期でした。まだギャル(当時そんな言い方があったでしょうか?)だった私は、ブームに乗り遅れまいとスキーを始めて間もない頃でした。
友人と新宿西口から出発するスキーバスツアーで訪れたのがこの斑尾高原でした。その後もいろんなスキー場に行ったけれど、この時のバスツアーほど思い出に残っているものはありません。
当時のバスツアーには、アルバイトの大学生の添乗員がついて来たものです。彼らはゲレンデに着いてひとたびスキー板を装着すると、ものすごく輝くのです。なんたってスキーがとても上手ですから。街に帰るとフツーの人なんですけどね。
そんな添乗員の一人の大学生に私は斑尾高原で恋に落ちたのでした~。きゃー!!
「私をスキーに連れてって」は、それより数年後に公開された映画でしたが、この時のツアーはまさに「私をスキーに連れてって」の世界。私は優ちゃん(原田知世)でその大学生は矢野君(三上博史)だったわけです。(←若干図々しい?)
ああ、懐かしい。まあ、結局、その恋は都会に戻ると色褪せて長くは続かなかったのですが。よくある話ですね。

c0133013_15155184.jpg
さあ、行くよー。7時24分東京駅発の新幹線あさま505号に乗って、長野へ~。
もう、ツライ夜行バスのスキー旅行はまっぴら!というところが、30年の時の流れ&私の老化を物語っています。
c0133013_15174970.jpg
電車は、いいです。早くて。AM10時には、斑尾高原ホテルの前の雪だるまと記念撮影してました。(泊ったのはこのホテルじゃありません)
着いた日はあいにくどんより曇り空、時折はらはらと雪が舞うような天候でした。
前もって調べたとおり、雪質はとても良くてパウダースノー。とても滑りやすかったですよ。
6年ぶりのスキーだったので、最初はちょっと怖かったです。でも体で覚えたことって忘れないものです。
c0133013_15183560.jpg

すぐに気持ちよく滑れるようになりましたが・・・・、やっぱり6年の間に筋力が衰えていたのでしょうか?
なんでもない所でよろめいてしりもちをついたり、止まろうとして足が持ちこたえられなくて転んだりしました。
これは下半身の筋トレしなければ、と真剣に思いましたよ。

斑尾高原といえば、30年前は若いスキーヤーが多く、どちらかといえばチャラい(?)感じのゲレンデだったと記憶しているのですが、今ではBGMもひっそりと古い曲が流れる大人しめの雰囲気になっている気がしました。
そのせいか、スノボが主流の昨今、こちらはスキー人口がけっこう多かったですよ。(団塊の世代ジュニアがまたスキーに戻ってきているという調査結果もあるようですね)
スキーブームのその昔、斑尾のような若者に人気のゲレンデは、リフト待ち30分なんて当たり前だったのですが、今では待ち時間0分。ガンガン滑れます。これならリフト代も高いとは思いませんね。

ゲレンデのレストランランチの王道はカレーライス、ラーメン、ミートソーススパゲッティ・・・。
c0133013_15195643.jpg

給食のソフト麺を思い出させる懐かしい感じのミートソースですが、運動をして腹ペコだったので美味しかったです。
一週間前に思い立ち、急いで予約したゲレンデ近くのホテルに宿泊したのですが、こちらは失敗でした。
JR運賃と宿泊がお徳用パックになったものだったので贅沢はいえませんが・・・。
c0133013_1521148.jpg
その夜のディナー。私もYUKAも苦手な鶏肉の照り焼きがメインで、しかも全部冷めていてかなり残念な感じ。
c0133013_1522248.jpg
固形燃料の上でぐつぐつしてるお鍋に期待をしましたが、ふた開けると巨大な豆腐ハンバーグ。ヘルシーですね。
それでも、唯一ふうふう言いながら食べるおかずだったので、嬉しかったです。
お部屋は2人で泊るには十分な広さで、洋室のツインルームに和室がついていました。しかしベットカバーには、いつのかわからない干からびたガムが貼りついていてゲンナリしました。
暖房があまり効かなくて、フロントに電話して石油ファンヒーターを持ってきてもらいました。
温泉のお風呂はまずまずでした。空いていてYUKAと私の貸切状態。泉質、温度が私好みで気持ちよかったです。
夕食とお風呂が終わったら、何もやる事がない母娘。YUKAにパンパンに張った肩をマッサージしてもらいながらぼーっとTVを見て、ホテルの売店で買ったサワー缶を3本空けて、その夜は早々とバタンキューでした。

翌日の午前中は、良く晴れて青空も見えました。
c0133013_1601395.jpg

YUKAと前日には行かなかった山頂付近の上級者コースや林間コースなどを滑って楽しみました。
斑尾高原ゲレンデ、30年前の記憶が徐々によみがえり、ああこんな所滑ったわぁ~カレと・・・とか思い出しました。emoticon-0111-blush.gif
c0133013_1527557.jpg
でも30年前と明らかに変わっていることがありました。コースにギャップが無いのです。昔あったはずの初心者泣かせの大きなコブコブは無くなっていて障害の無い平らな斜面になっています。なので傾斜40度近くの上級者コースでも、なんとか滑って降りてこられるんですね~。
c0133013_15275212.jpg
スノーボーダーが大多数なので、ゲレンデもスノボ仕様に平らにならしてしまっているところがほとんどなのかな~と思います。2000年以降、どのゲレンデに行っても、昔のような震え上がるようなギャップのある斜面は見かけないですね~。スキーヤーにとってはあのコブコブを制覇しながら滑るのも醍醐味なんですけどね。
c0133013_15283787.jpg



c0133013_1529886.jpg
6年ぶりに一緒にスキーしたYUKAが、すごく上手くなっているのでびっくりしました。とても綺麗なパラレルを見せつけられて、私、負かされそう。

c0133013_15293351.jpg
c0133013_15301034.jpg
1300m絶景ポイントから見た景色。撮影しようと手袋をとると、すぐに指先が寒さでズキズキ痛みました。
c0133013_15304169.jpg
山の天気は変わりやすいですね、先ほどの景色が15分後には雲に包まれて何も見えなくなりました。
娘と二人のスキー旅行、楽しかったです。
これから毎年行こうね、と盛り上がりました。
「私をスキーに連れてって」的なゲレンデのロマンスはもう期待できませんが。emoticon-0111-blush.gif

二日目、飯山までの最終バスの時間ぎりぎりまでスキーを楽しんでから帰路につきました。
帰りの新幹線の中は、私もYUKAも疲れて爆睡。
そして地元の駅に降り立ったのは夜の11時過ぎでした。まだ夕食も取っていなかった我らは、夜中2時まで営業している小さなイタリアンレストランに、大きなトランクをガラガラ引きながらいかにもスキー帰りという体で立ち寄りました。

c0133013_1533129.jpg
真夜中の牛ハラミ&ルッコラバルサミコソースと赤ワイン。すごくワインが飲みたい気分だったのです。
YUKAはピーチリキュールのソーダ割りで付き合ってくれました。
c0133013_15334940.jpg
プロシュートと半熟卵のピッツァ。
12時過ぎにこんなに食べたら太る~と、いいながら食べる母とニキビが増える~と言いながら食べる娘でした。娘とこんな風に夜中に呑める日が来たんだなぁ~としみじみ思いました。(呑んでるのは私だけですが)

今巷で噂になっている、娘に依存し、縛り付けるという「毒母ポイズン・ママ」にだけはならないように気をつけなくちゃ。
さて、留守中は、おやーじゅが鳥たちの面倒、希の投薬まできちんとやってくれていたようで、助かりました。
翌日の花は、それはもうしつこく私に付きまといました。emoticon-0102-bigsmile.gifいつまでもいつまでも頭なでなでのサービスをせさられました~。
c0133013_15484549.jpg
斑尾高原プチスキー旅行・完

[PR]
by sanakk | 2014-03-11 16:17 | Comments(4)
寒いですねぇ~。今日は晴れてたかと思えば急に雨が降ったり、ヒョウが降ったところもあったとか・・・。
天気予報も確認せずに、4日ぶりの大洗濯をして干して出かけてしまった私。ショック。


我が家の秀麗先生(次女)が、書道教室で新年の書初めの練習を始めたようです。
c0133013_1632116.jpg
今年はまた難しい字に挑戦してますね。全然読めません。上下、対になっている字なのだとか秀麗先生おっしゃってましたが。
あえて鳥をたくさん入れたそうですが、さて何羽の鳥が書かれているでしょう~?

そうそう、秀麗こと次女YUKAが、先日大学の英語の授業で自分の「お気に入りのもの」について英文を書いて発表するという課題があったそうで、「African Grey Parrot の花」を題材にしたようです。
英語は苦手だという娘が下書きの文章をチェックしてくれというので、何度もダメ出しをしましたが、そういう私とて完璧な英文など書ける訳でもなく、花@ヨウムの魅力を簡潔な英文で伝えようと苦労しました。(私の宿題じゃないのに・・・)
YUKAが拙い英語でちゃんと発表できて、先生の質問に答えられたか心配でしたが、結構African Grey Parrot、クラスのみんなも面白いと言ってくれたのだそうです。
一応伝わったようです。
ネイティブの先生に「最近覚えた言葉は何?」と質問されて、答えに窮したYUKAは、思わず「Father's voice」と答えたそうです。
確かに、ここしばらくは聞かれてとっさに答えられるような花の新ネタはないなぁ。
「しゅか。」「なの~?」とか、意味をなさない擬音や短縮語は相変わらず次から次へと生み出すけど、ソレを英語で説明するのは面倒ですよね~。

後日、YUKAが学校でその時のネィティブ先生と偶然会ったとき、「African Grey Parrot は日本語でヨウムと言うのね」と言われたそうです。先生、興味を持ってくれたようですね~。


c0133013_16372390.jpg
クラスで発表する時用に六つ切りサイズに伸ばしてYUKAが持って行った写真の一枚。
African Grey Parrot の魅力をみんな理解してくれたかしら?と聞いたら、娘は「うーん。」と首をかしげて
可愛いと思うか、怖いと思うか、大きく分かれるところじゃないの?と、言っておりました。
点目に大きな黒い嘴にウロコのような羽毛、そしてザウルスっぽいあんよ、それだけじゃありません。背中をポンポンすると白い粉が舞い上がるんです。なぜか、赤いしっぽをつけて。
花をじーっと観察していると、なんでコイツはこんないでたちなんだろう?ってぷっと吹き出してしまうことがあります。もちろん愛しすぎるがゆえに・・・。
c0133013_1639197.jpg
c0133013_16395280.jpg
African Grey Parrotは、奇跡のように愛らしい動物、と私は思うんですけどね。

[PR]
by sanakk | 2013-12-20 16:53 | Comments(4)

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります


by sanakk