「ほっ」と。キャンペーン

タグ:小太郎 ( 3 ) タグの人気記事

暑さ寒さも彼岸まで・・・とはよくいったものです。
秋の気配は感じてもなかなか涼しくなりませんねぇ。
c0133013_1638177.jpg
土曜日の朝、鳥たちのケージを洗おうと屋上に出たら、秋晴れの空に見事な飛行機雲。思わずパチリしてしまいました。

今朝の花は週初めからとても悪い子。
何度「ダメよ!」と叱っても、台所に飛んでいって悪戯するし、海をしつこく追い回すし。
c0133013_16391572.jpg
キッチンの台の上に伏せてあるボウルの穴からタオルを引っ張り出して遊ぶ花。
c0133013_20381072.jpg
おやーじゅガン見中の花の背後に佇む海。不安げにカメラを振り返る目線が印象的。

c0133013_1640281.jpg
ダメ!と言われる事ばかりわざと繰り返すので、とうとうおかあさんがゲンコツを見せたら逆切れする花。
遅れて来た反抗期でしょうか?
c0133013_1648665.jpg
それでも最後は甘ったれて放鳥時間を〆る花なのでした。



ご報告があります。
私が飛行機雲を見た朝、実家では小太郎が母に看取られて静かに天に召されました。
前日まで、ごはんをもりもり食べていたそうなのですが、土曜日の朝、母が起きると小太郎の様子がおかしい事に気がついたそうです。
息も絶え絶えで、目がうつろになって意識も混濁しているようでした。
母が見守る中、小太郎は最後に母の事を見ようとしたのか、力を振り絞って上を向いて目を見開き一声うめくような声をあげてから力尽きたということです。
母は声を震わせながら電話してきましたが、毎日痛々しい小太郎を見ているのがつらかったからこれで肩の荷が下りたと言っていました。
c0133013_1922781.jpg
在りし日の小太郎とピーちゃん。以前もアップしましたが私のお気に入りの写真です。

日曜日実家に行くと、小太郎が居た母の寝室にはまだかすかに小太郎の匂いが残っていました。
小太郎が好きだった手付かずのドッグフードや未使用のオムツを見るとなんとも切なくなりました。


悲しい生い立ちの子だったし、私の実家に引き取られてからの8年の内、4年は体が不自由な状態でした。
写真を見ても、どこか悲しそうな表情の子だなと思っていましたが、そんな小太郎でもこの8年間楽しい思い出があったと信じたいです。家族と過ごす喜びを感じてくれていたと思いたいです。

小太郎のことを心配してくださった方々、ありがとうございました。
小太郎はきっと自由になった体で短い脚をぴょこぴょこと飛び跳ねるように走って虹の橋を渡っていったことと思います。
大好きだった父とあちらで巡り会えると良いのですけれど・・・・。

[PR]
by sanakk | 2011-09-12 20:00 | Comments(17)

小太郎のクッション 他

寝たきりの実家のわんこ小太郎の記事を読んで、教えてくださった方がいらっしゃいました。
寝たきりになった犬用の介護用クッションがあると。
早速、ネットで調べて購入しました。そして土曜日にそれを実家まで届けてきました。
果たして小太郎が気に入ってくれるか?とドキドキしながら。
c0133013_9422993.jpg
クッションは真ん中で分かれていて左右にふくらみ、中心が溝になっているといういたって単純な形状なのですが、これが寝たきりわんこの体のどちらか一方側に体重のすべてがかかってしまうのを軽減しているようです。クッションが左右とも十分に膨らんでいるので小太郎の細い体は溝にはさまれる形で半分立ったような状態になっています。これなら既にできている床ずれの傷にも負担をかけずに寝ていられそう。
救急患者をイチ・ニィ・サンと掛け声をかけながらストレッチャーに移すがごとく、シートごと四隅を持って、介護用クッションに移したとたん、小太郎はものすごく立派なうんPをひねりだしました。
小太郎は寝たきりになってからというもの、ヒトにかまわれて嬉しかったり興奮したりするとうんPをするようになりました。なので、この時もきっと嬉しかったのではないかと思います。
c0133013_9444385.jpg
c0133013_9453933.jpg

見たところ、クッションの溝に体を預けてとてもリラックスしているようでした。
良かった!買ってしまってから小太郎に拒否されなくて。
ちなみにこの介護用クッション、本当はもう一回り小さい布製で値段も安い方を注文していたのですが、販売業者からすぐに折り返し電話がありまして、ハンドメイドにつき納品まで2週間かかると言われました。
なるべく早く欲しいと伝えると、在庫のあるこちらのクッション(合成レザー製で動物病院向けのもの)を小さい方の値段でいいですと言ってもらいました。ラッキー!助かりました。レザー製なら、汚れても拭けばいいし。
これで母も2時間おきに小太郎をひっくり返す手間から解放されるでしょう。
c0133013_94879.jpg
この日の小太郎は、みんなに注目されて嬉しかったのか、とても表情豊かで良い顔をしていました。
この後、大好物のおからと野菜とドックフードを混ぜたおばあちゃん特製ごはん山盛りぺろりと食べました。これだけ食欲があれば、この介護用クッションの上でもうしばらく元気に過ごしてくれそうです。
(さんちゃん母さん、ありがとうございましたemoticon-0139-bow.gif)

小太郎は先日私がお風呂に入れた日から、なぜか水を飲まなくなったそうなのです。
なので心配した母が、スイカを買ってきてすこしづつ食べさせて水分補給しているそうです。
母もしんどいしんどいと言いながらも、小太郎の体調が心配なのでしょう。
母は遊びのない真面目すぎる性格ゆえ、あまり心配になりすぎて、今度はそれが負担になってしまうようですね。
それにしても・・・・、小太郎はなんでお風呂に入った日からお水を飲まなくなってしまったのでしょう。
本当はシャワーがすごく嫌だったのに、私が無理矢理丸洗いしてしまったのがトラウマになったのでしょうか?そうだとしたら私は小太郎にとても悪いことをしてしまいました。


c0133013_9532026.jpg
さて、日曜日の朝、またもや篭脱けを果たしたピーちゃんです。
どうやら水を入れるケージの扉がちゃんと閉まらないようで、急いで水替えをした時に少し隙間が開いているのを私が見落としてしまうようです。
一時、ハゲてたおしり、また羽毛で覆われているかと思いきや・・・・。
c0133013_9552876.jpg
やっぱり、ハゲておりました。emoticon-0136-giggle.gif(腰振りが早すぎてブレブレになっています)
一度ケージから出てしまうと金輪際帰らないピーちゃん、ご帰還いただくのにいつも苦労します。
前回の時、めちゃくちゃ追いかけて捕まえたのを覚えているのか、私のところに飛んできません。
これは、すっかり嫌われてしまったなと思いましたが、相当自由に飛び回った挙句、忘れた頃に私の肩に飛んできました。
そーっと扉を開けたケージに肩を近づけるとピーちゃん自分から入って行ってくれました。
よかったー。
またこちらまで心が折れる汗だくの追いかけっこをせずに済みました。
今度からピーちゃんは心行くまで自由に遊ばせた後、この方法でお部屋に帰っていただくことにしましょう。
c0133013_9581956.jpg
お部屋に帰って早速お気に入りの鏡付きおやつ入れにラブラブするピーちゃん。結局ピーちゃんはこの場所が一番お気に入りのようですね。
c0133013_10083.jpg
ケージの中でとうもろこしをいただく花を下からパチリ。
c0133013_100569.jpg
最近カシューナッツがお気に入りの海。換羽中の海はピーちゃんのおしりほどではないけれどところどころ薄くなってボロッちくなってます。
早くいつものカワウソのようなすべすべピカピカの海に戻れるといいね。emoticon-0100-smile.gif

[PR]
by sanakk | 2011-08-30 10:17 | Comments(10)

小太郎

私の夏休みも終わり、今日から通常モードに戻っております。
このところまた地震が多くなってきていますね。オカメたちは再び床置き生活に戻しています。
c0133013_1650874.jpg

少し前に立て続けに明け方ごろの地震がありましたが、私は慣れてしまって、目覚めはしても揺れているうちにすぐに眠りに落ちてしまう始末・・・・。鳥たちの心配もせずに。でも、よく思い出してみると鳥マンションの方々もしーんとして羽音ひとつ聞こえませんでした。
震度3くらいまでなら、ヒトが騒がなければ鳥たちも騒がないものなのですね。

c0133013_16502493.jpg
       何かを期待している目でこちら見ている希。

夏休み中、実家に行って小太郎のシャンプーをしてきました。
寝たきりの小太郎をそのニオイに堪えつつ抱っこしてお風呂場まで連れて行ってぬるま湯で体を良く濡らし、あらかじめ買ってきてあったデオドラント効果の高いシャンプーでそっと洗いました。
小太郎は抵抗もせず、お風呂のタイルの上にくてーっと横たわったままされるがまま。もう、どうにでもして、という風情でした。相当体が汚れていたのか、シャンプーも泡立ちが悪く、洗えば洗うほど毛がどんどん抜けて悪戦苦闘したました。

小太郎はいつも体の右側を下にして寝ています。たまに左を下にしてやっても寝づらいらしくて、必死で体をよじってもとの体勢に戻ってしまうのだそうです。なので右側のお腹に大きな床ずれができていたのは知っていました。この時、体の右側を洗おうと私が小太郎をひっくり返すと、びっくりしました。右腰に生々しく血がにじんで皮膚が赤く露出した新たな床ずれができていたのです。
相当ひどくて、盛り上がった皮膚の中心には大きな穴が開いていました。
怖くて触ることもできない私は、すぐに小太郎の体の石鹸を洗い流して、ドライヤーで乾かしてから動物病院に連れて行くことにしました。
床ずれがこんなになるまでに、どんなにか痛かっただろうと思うと口もきけずにただ耐えていた小太郎が不憫で泣けてきました。
c0133013_16514570.jpg
まだ体が濡れている小太郎。わんこの毛ってなかなか乾かないものなのですね。emoticon-0107-sweating.gif
すぐ近くの動物病院がお盆休みもしないで開いていたのでよかったです。
元からあった床ずれと新たに見つけた床ずれ、両方とも処置してもらいました。
先生が言うには、旧床ずれの盛り上がりを触るとにぐりぐりと腫瘍らしきものがあるということです。悪性か良性か分かりませんが、このようなデキモノがある場合すぐに外科的手術で除去するのが一番なのですが、小太郎の場合、高齢である上体の状態もあまり良くないので麻酔をしたら、もう戻ってこられないだろうということでした。何も治療しないで、極力痛みを取り除いて経過観察するのが今の小太郎にとっては最善であろうとのことでした。去年亡くなった父とおんなじだ・・・と思いました。
小太郎は父のことが大好きで、父がこの世を去った後も、しばらく父のベットの下に這って行って帰りを待っていました。
もう、そんなに先の話ではなく、小太郎もまた父と同じところへ旅立っていくのだろうと思います。
推定14歳の小太郎。立てない体で良く頑張って生きてきたと思います。残された時間をなるべく苦痛を取り除き、快適に過ごせるようにしてやりたい。そう思います。
とはいっても私が毎日そばにいるわけではないので、傷口に薬を塗ったり、体を定期的にひっくりかえして新たな床ずれを予防したりと世話をするのは実質母の仕事になってしまいそうです。
母は自分の精神状態を保つのに精いっぱいでとてもじゃないけど、小太郎の面倒などみられないと嘆きます。
本当に困ったものです。
c0133013_16535516.jpg
久しぶりにお風呂に入って、外出して病院で体中触られたせいでぐったり疲れてしまった小太郎。寝苦しい左下の体勢で寝かされても、微動だにせず横たわったままでした。
それでも夕方のゴハンの時は首をもたげてものすごい勢いでてんこ盛りの小太郎メシぺろりと平らげました。
食欲は旺盛のようなのでひとまずは安心ですが、いつ食べられなくなるか分からない状態であると動物病院の先生からは言われてしまいました。


朝から30℃越えだったsana家のリビング。
c0133013_16542545.jpg
コナコナで羽ばたくたびに白い煙が立ち上る花に我慢できず、リビングでミストシャワーしてしまいました。
c0133013_16545738.jpg
その後、霧吹きに仕返しをするかのように挑む花なのでした。暑い一日の始まりですが、我が家の鳥たちは夏バテもせず元気いっぱいですね。
emoticon-0142-happy.gif
[PR]
by sanakk | 2011-08-18 16:32 | Comments(6)

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります


by sanakk