ヨウムな生活

sanahana.exblog.jp

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります

タグ:日本酒 ( 5 ) タグの人気記事

新緑の季節となりました。 「木の芽時」は、もう過ぎましたけど、どうにも安定しない春の天気は苦手です。
今年の春は、大荒れになったと思えば4月だというのに真夏日の気温になったりと落ち着かないですね。
もう来週末からはGWに突入しますので、そろそろこの時期らしい爽やかなお天気になってほしいものです。



海くん、お気に入りのお人形を振り回して遊んでいましたが、フト我に返って止めてしまいました。
季節せいでしょうか?この頃、海のわめき声がハンパじゃありません。
興奮すると手近にあるものを振り回しながら「あ”~あ”~」と叫ぶ声はものすごい音量で向こう三軒両隣どころか、ひと区画先の公園まで響き渡っているのではないでしょうか?(かつてその公園で海らしき叫び声を聞いたことがあるので)
時期的なものならば、そのうち治まってくれるといいのですが・・・近所からクレームが来ないかと心配です。
海がハイテンションでわめき始めると、下のケージの花がローテンションで「うるさいよー。ぅっさい!ぅっさい!」と合いの手を入れるので可笑しいです。

c0133013_16524181.jpg


その花が美味しそうに食べているのは、「インコのおやつクッキースティック」。本当に大好きで箱を見せるだけでそわそわウキウキするほどです。
c0133013_16525579.jpg


ネットで見つけて、大人買いしてしまいました。これね10本入りで305円。安いのか高いのかよく分からないお値段ですが、人間が食べてもそこそこ美味しいです。(ちょっと粉っぽいけど)
自然な甘さでサクサクしていて、花が夢中になるのもわかります。たくさん買ってしまったけど、花が途中で飽きないといいのですが。

ほとんど毎夜、リビングのソファで転寝する私ですが、昨夜はウトウトしている耳元で「ハアハア」と荒い呼吸の音で目が覚めました。
c0133013_16524531.jpg

私の顔のすぐ前に来てじっとしている希でした。
肌寒かったり暑かったり不安定なこの時期、希の持病である慢性肺炎が悪化しないだろうかと心配しています。
私が転寝するといつの間にか傍に来てじっと見つめている可愛い子です。
荒い呼吸は相変わらずですが、食欲はあるし、活発に動くところも見られるので小康状態を保っている感じかな。
もう、病気が完治することはないと思いますので、上手に付き合いながら長生きしてもらいたいですね。
c0133013_16105451.jpg

私が寝ていると、花も静かになって眠そう。真っ暗にしてみんな本気で就寝すればいいのに、こうしてうつらうつらしながらsana家の夜は更けていくのでした。

さてさて、先日呑みに行った先でいただいたお酒をちょっとご紹介。
c0133013_16130510.jpg

        左上から 群馬県の巌、島根県の王禄、大阪府の秋鹿、奈良県のみむろ杉
c0133013_16130024.jpg

        そしてこの日のNO.1は奈良県の千代酒造の篠峯。これは本当に好きでした。

こちらのお店、以前もこのブログにて紹介したことがありましたが、日本酒好きの人にはたまらない店だと思います。
次々と店主が選んでくれる一升瓶が6人座ったら満席のカウンターにずらり並びます。
なかなか予約が取れないので、お邪魔した時に次の空いている週末を予約して帰ります。たまたま同じ日に同席した客6人が同じことをするので2回続けて同じ面子6人となりました。そしてまた次回7月の予約も同じ6人。すっかりこのお店で6人呑みグループが出来てしまいましたよ。102.png
お料理も日本酒の肴としては、たまらないものばかり。季節の食材と店主のセンスで毎回違うお料理を楽しめます。
c0133013_16105926.jpg

左上から前菜、店主お手製鯖鮨は絶品!右下は鯨ベーコンですが美味でした。鯨の皮と肉の境目のあたりらしいですがコリッとした食感がたまらない・・・。お酒がすすむすすむ。
c0133013_16110381.jpg

左上から白子の豚肉巻、自家製辣油添え、ほろ苦い鮎の春巻き、そしてこの日のメイン蝦夷鹿のヒレは最高でした。
店主は北海道の業者と契約を結んでいて一年中美味しい蝦夷鹿を仕入れているそうな。鹿というと冬の食べ物と思っていましたがこれからが美味しくなるそうです。
この日の〆は店主こだわりの桜エビの濃厚なつゆでいただくつけ麺。美味しかったです。
お料理が美味しすぎてお酒もすすみ過ぎ自分の許容量を超えてつい呑んでしまいました。
家に帰ってから、ちょっと調子悪くなってしまいました。せっかく美味しい物をいただいたのに・・・。
お酒はほどほどにしないといけないですね。129.png



[PR]
by sanakk | 2017-04-19 16:47 | Comments(2)
冬らしい厳しい寒さが続いています。気がつけば早1月も後半に突入して、もうあちらこちらで恵方巻や節分という文字を目にします。
2017年もこうして、季節の行事が駆け足でやって来ては去って行って、あっという間に終わるんだろうな~とまだ始まったばかりなのに終わりを予想してしまいます。
寒い寒いといっても、この数日で急に日が長くなってきましたよね。もうすぐ春ですね。

さて、先日、初めて訪問して感動したお店について。
田園都市線の高津駅下車の住宅街にあるかなりマニアックなお店。店主の方が日本酒にとことんこだわり、そして日本酒に合う独創的な料理を提供してくれる小さなお店です。
日本酒はもともと大好きですが、いつも冷酒でいただいてました。こちらのお店、お酒は基本、常温で呑んでください、と最初にいわれました。
冷やしてしまうと本来の旨味や香り分かりづらくなるので、日本酒はなるべく体温に近い温度で呑んでくださいとのことでした。
冷やしてくださいと瓶に書かれたお酒もこちらでは常温で提供するそうです。
店主の方は100種類以上も在庫している日本酒の温度管理に神経を使っているらしいです。
ええ~、生ぬるい日本酒は苦手~、と最初は思ったものの、小ぶりのワイングラスに注がれて店主お任せで出てきたお酒を一口飲んで、そんな思いは吹っ飛びました。
c0133013_14480953.jpg

常温の日本酒(最初にいただいたのは奈良県の篠峯・純米生原酒 左上)、旨い!
最初に呑んだお酒の反応を観て、店主は二杯目三杯目の日本酒を選んでくださいます。
最初の一杯の反応で大体お客さんの好みが分かるんだって。

c0133013_14512758.jpg
↑その夜呑んだ日本酒の数々。店主の好みもあって奈良県のお酒が比較的多かったですね。変わったところで左から2番目は群馬県の巌・純米吟醸。
常温の日本酒がこんなに風味豊かに感じられて美味しいとは・・・。キリッと冷やしたお酒が美味しさの原則と思ってました。
赤ワインを常温でいただくのと同じことでしょうかね。
そして素晴らしかったのは、ついついお酒が進んでしまう創作料理の数々。
c0133013_14514399.jpg
どれも素材の味を殺さずに絶妙な組み合わせ。特に右下の一皿、鮟肝の味噌漬けは絶品でした。カリッと焼いたパンの上に乗っているのも斬新です。
c0133013_14515659.jpg
お刺身を山葵醤油で食べるだけではつまらないと寒鰤の上にはエシャロットとかフルーツとか叩いたモノがのっかてるけど美味しい(左上)
甘くて香ばしい筍と白子と白身魚、ソースは何だったかな?この辺りはもう大分気分よかったので覚えていないけど、とにかく美味しかったです(右上)
ガツンと目が覚めるような脂の乗った蝦夷鹿!脂身が甘くて旨い。(左下)
〆は店主特製のラーメン。コラーゲンたっぷりのとろっとろのスープはあっさりしているようでこってりしてる(どっちなんだ?)
この後、チーズとオレンジのデザートが出て、店主お任せ料理は5000円也。お値打ちだと思いますね。
またすぐに再訪したく、次に空いている週末をきくと2月の下旬まで予約で一杯とのこと。もちろん次の予約を入れて帰りました。
日本酒が苦手~、と仰る方(とくに女性は多いですよね)は割といるけれどこちらのお店に来たら好きになると思います。012.gif

そして。酉年の我が家のお鳥さまたち、元気です。
暮れから抱卵期に入っていたオカメs。今回は希が実にマメマメしく卵を抱いていました。もしかしたら詩より長い時間卵の上に座っていたかもしれません。
c0133013_15240896.jpg
希と詩が抱卵の交代をする時、お互い嘴をつつきあって何やらふたりにしか分からない言葉で交信していました。
詩:「もういいわよ。今度は私が抱くわ。ほら、卵ちゃんがはみ出てるし。」
希:「まだいいよ。オレが抱いてるよ。キミは上でおやつ食べて休んでいていいよ。」
こんな会話をしていた感じでした。詩が心配して交代を申し出ても、まだオレがやる!と居座る希の姿をよく見かけました。
c0133013_15241137.jpg
上下を見比べていただくとお分かりになると思うけど、やっぱり詩の方が抱卵が上手。ふくらみ方もどっしりとした座り方もプロです。
けれど半月を過ぎましたし、もうそろそろいいかなと思って今朝、卵を撤去しました。


c0133013_15250776.jpg
去年暮れにお取り寄せした長崎県のブランドみかん「出島の華」。ただ甘いだけじゃなく酸味と旨味を感じる濃ゆいお味。みかんがこんなに美味しいと思ったのは初めてでした。


最後の一個のひと房をいただく花。食いつきが違います。いつものみかんだったら、一口食べてジュースを適当にチューチューしたらボタリと落とすのですが、「出島の華」は大切そうに最後まで握り締めて食べていました。
c0133013_15241426.jpg
まさに達磨みたいなまんまるの海。首を傾げて宙を見つめて、いったい何を考えているのでしょう。




[PR]
by sanakk | 2017-01-19 15:40 | Comments(4)
ブログ更新、サボっているうちに関東地方も梅雨入りしてしまいました。
毎年に楽しみにしている、ご近所のお庭の紫陽花も美しく咲きました。
c0133013_16233938.jpg
本当に見事な濃いブルーの紫陽花です。淡い紫色や空色はよく見かけますが、こんなに濃いブルーの紫陽花は少ない気がします。

これからしばらく、ムシムシジトジトの憂鬱な季節ですね~。そんな時期に限って思いもよらない悩み事がいきなり降りかかってきたりするものです。るんるんと鼻歌を歌いながらスキップしていた道にどどーんといきなり大きな壁が降りてきたような気分です。

さてさて、そんな思い通りにならない問題を抱える者同士の友人と、憂さ晴らしに先週末呑みました。
今回は渋く蕎麦屋呑みです。この日おじゃましたこちらの お蕎麦屋さん は、酒の肴の種類も豊富で昼間から気兼ねなく呑めるお店と言うことで人気です。
c0133013_1629139.jpg
この日いただいた日本酒は青森のお酒、田酒(でんしゅ)特別純米。一度呑んでみたいお酒でした。
想像していたより、軽く飲み易い辛口。でも呑み進めるうち旨味や甘みも感じさせてくれる奥の深いお酒でした。
酒の肴もたくさんいただきましたが、お蕎麦屋さんならではの甘いタレの効いた鴨焼きは絶品。田酒との相性もバッチリでした~。
c0133013_1630746.jpg
鮪、桜鯛、カマスの炙り。これはもう日本酒をいただくしかないですね~。
〆にはしっかり山かけ蕎麦をすすり、満腹&酔っ払い状態になりました。
やはり、美味しく食べて呑む、これは私にとっての一番のストレス解消法ですね。
食べて呑んだからって、何も解決したわけじゃないんですけどね。
友人と杯を交わし、愚痴りあい、酔っぱらっていくうちになんとなくもうどうでもいいや、なるようになるさ!って気分になれそうな気がしますね。

c0133013_16311117.jpg
先日、爪切りをした後の花です。一点を見つめて固まっております。忙しい朝に急遽爪切りをしたのには訳があります。
前日、ケージ越しに私が唇を突き出して「チューしてチューして」としつこく迫っていた時のこと、そんな私に応えようとケージの中から私の顔に向かってよじ登ってきた花の伸びて刃物化した爪が私の口の中に入ってしまいました。そして下唇の裏側あたりをさっくりと花の爪に切られてしまいました。見事にシュパっと一筋の切れ目が入り結構出血してしまいました。
爪切りを先延ばしにしていたのと、卑しくケージに貼りついてチューを迫った私の責任であります。
本当にヨウムくらいの大きさの鳥になると、伸びた爪は、本人(鳥)の意思とは関係なく凶器になりますんで注意しないといけないです。
あ、口の中の傷ですが、大丈夫です。口の中なので治るのも早いです。もう切れたところもくっついて美味しく食べて呑んでおりますゆえ。

c0133013_16323116.jpg
海君がなにやらカジカジして遊んでおります。
c0133013_16332031.jpg
ずいぶん熱心なので、何を齧っているのかと覗いたら、いつからそこにぶら下がっているのかもわからない草履のチャームでした。
ん?しかし、よく見ると鼻緒部分についていたラインストーン、ほじりとってます。
c0133013_16334973.jpg
もうほとんど無いです。そしていつまでも嘴の中で何かを転がしてガジガジしている海。
ま、まさか食べてないでしょうね?捕まえて吐き出させようとしたけれど逃げられました。
あとでうん〇を調べてみたけど、ラインストーンがまじっている様子はありませんでした。
カジカジして遊んだあとどこかで吐きだしていてくれてるといいのだけれど。
迂闊でした。008.gif海くん、今の所、元気です。変わりはありません。

c0133013_16345362.jpg
ひまわりとピーちゃん。絵になります。
暑くて熱い夏男のピーちゃんには、ひまわりの花が似合いますね。043.gif

c0133013_16351646.jpg
おい、こら!ひまわりの花にエロエロするんじゃない!!!017.gif

[PR]
by sanakk | 2016-06-08 16:47 | Comments(6)
今朝、近所の公園の桜の木にまだまだ硬くて黒いけどたくさんの蕾がついているのを見つけました。
本格的な春はもうすぐそこに来てるのかな~。とはいえ、花粉!です!
花粉症デビューして3年目の私ですが、今年も戦っております。市販薬でどうにか凌いでおります。
さかんにTVでCMしているア〇グラとア〇ジオン、両方試してみました。ア〇グラは一日2錠、ア〇ジオンは一日1錠で24時間効くとうたっています。両方とも眠くなりにくいとも。
私的には前者の薬の方がよく効く気がしますね~。あくまでも私個人の感想なんですが。そして両方ともやっぱり眠くなる。あ、でも私は一年中午後になるとうつらうつらしてしまうので、これはアレルギー薬のせいではないかもです。019.gif

話は変わりますが、今年に入ってすぐ、実家の母が私の家のすぐそば(徒歩3分)の有料老人ホームに入居しました。
実家で孫ふたりと暮らしていた母ですが、去年それぞれに結婚して家庭を持ち実家を出て行ったので、母一人になってしまいました。
病気も無く脳の回転もトシの割には早い母ですが、なにせ88歳ですから~、足腰も大分弱って来てますし、寂しがり屋ですし、かねてからウチの近くの老人ホームにいらっしゃいと私が誘っておりました。
最近では、自分で買い物に行ったり、食事を作ったり、掃除や洗濯がしんどくなっていた母でした。ついにその気になってくれて、近所の施設に入居したのです。
一昨年オープンしたばかりの新しい老人ホームは、建物は新築でお部屋も広くて綺麗です。
食事付、おやつ付、お世話付、診察&看護士さん付ワンルームマンションのようですよ。もう無理して何もしなくていい母は、入所してみるみる間にふっくらと太りました。ズボンのウエストがみんなきつくなったとぼやいております。
何もしなくていい事が母にとって果たして良かったのか?ボケてしまわないか?と、そこがちょっと心配ですが。
でもお友だちもできたみたいだし(結構しっかりした方が入居されています。もちろん認知症の方もいらっしゃいますが)、何より良かったことは母が明るくなったこと。そして近くに居ると思うと私も母も安心していられるということ。
朝、昼、おやつ、夕食とそのたびに入居者は1Fのダイニングに集まるのですが、その時に女性はみんなお洒落をしていると母は言います。一日に何度もお色直しするおばあちゃんもいるんだそうで・・・。
なので母は新しい洋服が欲しい、買い物につれて行ってちょうだいと私にせがみます。
こないだたくさんお洋服買ったばかりなのに、今度は春物が欲しいのだそうで。
良い事ですね。いくつになってもオシャレ心を持つことは大切だと思います。043.gif
先週は私とふたりで美容院に行ってきました。真っ白になった髪の毛にパーマをかけてカットして、セレブなおばあちゃま風に変身した母を、今度の日曜日はお洋服を買いにどこかへ連れ出さなくちゃです。
春らしい明るい色の服を着て、明るい気分で毎日を過ごしてほしいものです。
先日、そんな母の部屋に顔を出したら、なんだか見覚えのあるカーディガンを着ていました。
c0133013_10204196.jpg

すっかり忘れていたけど、この白いカーディガン私が編んだんですよ~。30年近く前に。
まだあったなんて!005.gif母がタンスの奥から見つけ出して実家から持ってきたらしいです。
すごい!こんなの作れたんだ、自分、と自画自賛。昔、私は編み物に凝っていていろんな物編んだっけなぁ・・・。当時のカレシに手編みのセータープレゼントしたこともあった。(重っ!)
もう今は、やり方忘れました~。
時間が出来たら、また編み物始めてみようかな~。編み物って編んでる時は頭から邪念が消えて無心になれるから好きです。


さて、お鳥さま。
c0133013_1022741.jpg
珍しく同じところにとまっている海と花。でも、しっかりと距離はとってます。お互いこれ以上近づこうとはしません。
12年近くも一緒に暮らしているのに、このふたりの距離はこれ以上縮まりませんね。
c0133013_10223835.jpg
花がそっぽ向いちゃいました。海の存在は無視するらしいです。やれやれ・・・という感じの海の表情がどこか人間臭い。
ヨウムは都合が悪い事は、見て見ぬふりする傾向があるような気がします。
c0133013_10513998.jpg
お尻を向けながらじわじわと近づいてきた花に、ビビッてのけぞりながらも逃げない海。
c0133013_10453597.jpg
ラックから洗濯バサミに移りました。003.gif
c0133013_10454711.jpg
洗濯バサミに仁王立ちする海。3月4日に花が12歳になりましたが、海もこの3月中にお誕生日を迎え13歳になるはずです。
生まれた日は正確には分からないのですが、たぶん3月の後半だと思います。
13歳。中学一年生ですね~。
人間の子供たちが中学生になるまではあっという間だったような気がするけど、鳥の13年だとながーく感じるのはどうしてでしょう?
今年も元気にお誕生日をむかえられそうですね。海君。
c0133013_10462753.jpg
頭にモフをのっけたまま、真剣な顔で見つめてくる花が可笑しくてわらっちゃいました~。


こないだ平日から呑みに行った地元の小料理屋さんで、久しぶりの日本酒をいただきました。
「大将、すっきりとしたやつ」という言うと、大将がこだわって仕入れている日本酒から選んでくれます。
c0133013_1047590.jpg
最初は山形県のお酒「霞城寿」純米酒。スッキリしてるけどコクのあるお味。お造り盛り合わせをつまみながら。この日も大好きな赤西貝をいただきました。こりこりとして上品な磯の香が堪りません。
c0133013_1047419.jpg
石川県の宗玄。こちらはまたキリッと辛口であっさりタイプ。先にいただいた霞城寿とはまたずいぶんと違います。お酒って深いですねぇ~。同じお米から作っているのに、こんなにも風味がちがうなんて。
あっさり辛口の宗玄に合わせていただいた肴は「モツ煮込み」。絶品でした。モツの脂身が甘い甘い。
煮込みをガーリックトーストに乗っけていただくと美味しいのです。
c0133013_10482386.jpg
我々夫婦がイタリアン好きということをご存知の大将が「なんちゃってカルパッチョ」と言って出してくれました。
日本食の小料理屋さんでいただくカルパッチョ、素材が良いので間違いなしです。
美味しいお酒と肴で御機嫌な夜でした。





[PR]
by sanakk | 2016-03-10 16:07 | Comments(4)
気づいたら11月も中盤、ああ、一週間が早い早い。そろそろ忘年会シーズンの到来ですね~。
2015年は年明け早々に義母が2度目の骨折入院となり波乱含みの幕開けでしたが、それ以外は可もなく不可もなくといった一年だったなぁと、もう一年の振り返りをしています。
すごく悪い事も、すごく良い事もないけど、sana家のメンバーは大きな病気もせず日々淡々と過ごすことができた、ということで、良い年だったのかもしれません。
あ、でも今年は4月から長女が就職して無事社会人になったのでした~。これは私にとっては良いことでした。
長女は今、就職したIT系の会社から出向という形で某大手外資系PC製造販売会社の本社で働いております。入社して約7か月。話を聞いていると、なかなか厳しい職場のようで日々鍛えられているようです。
もう社会に出た大人ですから、娘にエールは送れても直接助けてあげることはできません。
自分で道を切り開いて行ってもらうしかありません。


そうそう、もう一つ良い事がありました。次女が書道に励んでいることは何度かここでも書かせていただきました。2ヶ月も前のことですが、とうとう準師範に合格しましたー!
c0133013_1623591.jpg
もう、目指すのは師範のみとなりました。現在も秀麗さん、師範昇格目指して頑張っております。045.gif

後はsana家の二男坊希の病気が年内に完治してくれれば言うことないんですが・・・・。
c0133013_1631818.jpg
ケージの中のおやつ置き場にナッツを置いてあげようと手を入れたら、怒って威嚇しております。
攻撃してくるほど元気ってことなんですけど。
毎日高カロリーなピスタチオを食べさせているので、体重が3gほど増えました。
c0133013_1634185.jpg


c0133013_1635827.jpg
花と海を両肩に乗せてご満悦。003.gif秋の夜長は家呑みと鳥たちと戯れて過ごしています。

ストーカー花は、相変わらずトイレの中まで私の後を追いかけてきますが、この頃はゴミを捨てに行こうとすると外までついて来ようとするので困っています。
c0133013_165198.jpg
玄関外のノブにつかまって、ゴミ捨てから帰ってくる私を待ってる花。朝の習慣になりました。
あ、ご心配なく。sana家の玄関扉は建物の中なので、花が外に飛び出すことはないです。
外に出るには、玄関を出てさらに内階段を降りなくてはならないので、さすがの花もそこまでは怖くてついて来れないようですね。おとなしくノブにとまって待っててくれますよ。

c0133013_1653993.jpg
いつも忙しい朝は、ながら放鳥でじっとしていない私を追いかけまくる花も大変でしょうね。
少しでもそばに居たいと思ってくれるのでしょう。可愛い子です。016.gif
c0133013_1661243.jpg
c0133013_1662644.jpg


さてさて、今週末は日本料理のお店でじっくりと日本酒を楽しみました。
数か月前からたびたびお邪魔している地元の日本料理屋さんは、ご主人が能登出身の方で、能登の食材を使った美味しいお料理を出してくれます。
c0133013_1673622.jpg
まずはお造り。雲丹以外はすべて能登産のお魚。目の前で届いたばかりの大きな鰤の解体を見せてもらいました。鰤はこれからどんどん美味しくなりますね~。この日いただいた鰤のカマ近くの部分、脂が乗って美味しかったですね~。
c0133013_168238.jpg
七尾湾周辺でしか獲れないという赤西貝。初めて頂きました。関東ではなかなかお目にかからない巻貝ですよね。コリコリした食感と口の中に広がる上品な磯の香、美味しかったです~。
c0133013_168262.jpg
自家製だというカラスミを甘い大根と一緒にいただきます。最高の酒の肴ですね。カラスミはカドの無いまろやかな出来上がり。合わせて吞んだのは福井のお酒黒龍でした。(写真撮り忘れ)
c0133013_16103413.jpg
和食屋さんでいただく牡蠣のグラタンもまた良いものです。ホワイトソースがどこか和風。
c0133013_16111632.jpg
石川県のお酒加賀鳶いただきました。こちらは黒龍とはまた違ってフルーティーで爽やかさを感じました。
c0133013_16113883.jpg
出初めの白子ポン酢。お品書きにはなかったけど冷蔵庫に白子があるのを見つけて作ってもらいました。
c0133013_16124142.jpg
フォアグラの味噌漬け焼き。大将ご自慢の一品。大根おろしがよく合います。味噌がカリッと香ばしく焦げてほっぺたが落ちそう。
c0133013_1613219.jpg
お酒は奈良県北村酒造の猩々(しょうじょう)。希少なお酒、特別本醸造でナンバーがふられてます。こちらは500本中のNO.234。これは美味しい!危険なお味です。魂を持って行かれそう。
この日いただいたお酒では、この猩々が一番好きでした。
c0133013_16133385.jpg
このお酒に合せて大将が丁寧にさばいて出してくれたのが、能登産香箱蟹。ズワイガニの雌です。
小ぶりな蟹ですが、外子(そとこ)と呼ばれる茶色の卵のつぶつぶの食感がたまりません。内子と呼ばれるオレンジ色の味噌の部分も濃厚な旨みたっぷり。香箱蟹は11月から年末にかけての短い期間が旬なので、とても贅沢な肴になりました。
週末ごとの美味しいお食事とお酒は、その次の週も頑張ろうという私のエネルギーの源ですねぇ~。043.gif


[PR]
by sanakk | 2015-11-14 16:16 | Comments(4)

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります


by sanakk