タグ:生活 ( 255 ) タグの人気記事

明けて2017年!

年末年始、良く晴れて暖かい日が続きましたね。皆さま、良いお正月を過ごされましたか?
c0133013_23170234.jpg
元旦の朝の花。窓から差し込む光を浴びてお目目が点になっております。
12年前の酉年、まだ幼かった花のドアップ写真の年賀状を作ったのがついこないだのよう。
もうあれから干支一回りして再び酉年。
花は今年の春には、13歳になります。早いものです。
もう一回りして12年後の酉年、花は25歳になるのですね。私は・・・考えたくない。008.gif
みんなみんな元気で幸せに年をとりたいものですね。

今年の御節は、贔屓にしている能登の小料理屋さんにお願いしてました。
c0133013_23183431.jpg
美味しそうでしょう~。元旦の朝(ほぼお昼)は、こちらのお節を肴に白ワインをいただきました。
sana家は、喪中ですから、本当はこんなお祝いの膳をいただいてはいけないのでしょうけど、去年おととしの暮れ義母が注文してひとりで平らげたという伝説のこの御節を、今は亡き義母を
偲んでいただいてみようということになったのでした。
元旦は昼間からワインを呑んで酔っ払い、半日眠って過ごしました。

二日は、朝からTVで箱根駅伝を観ていました。さっき大手町を出発したと思ったら、あっという間にうちの近所に先頭の一団が近づいてきているのをTVで見て、あわてて沿道に出てみました。
c0133013_23200915.jpg
箱根駅伝のルートが近くなのに、一度も生で観たことありませんでした。初めて沿道から応援しました。
本当に速いですね~。あっという間にやって来てあっという間に走り去って見えなくなりました。ここはまだ往路の第一区ですが、すごいですよね~、ひとり20kmくらい走るということですが、私が猛ダッシュしたって彼らの走る速さには敵いません。当たり前か。

3日はお墓詣り。10月に義母の納骨をしてから初めてのお墓詣りだったので、丁寧にお掃除してきました。
c0133013_23213231.jpg
その帰りは、新横浜にある鰻屋さんに寄るのが毎回恒例になっております。お正月の鰻屋さん、賑わっておりました。
去年暮れから食べたい食べたいと思っていたのですが、新春早々に願いが叶いました。003.gif

4日もまた、朝から青空が広がり暖かい一日でしたね。
3年ぶりに娘と多摩川ウォーキングをしました。コースは決まっています。多摩川六郷橋付近から二子玉川まで約15キロほど河川敷沿いに歩きます。今回で3回目。
c0133013_23233277.jpg
ガス橋の手前でカモメたちが日向ぼっこしてました。この辺りのカモメたちは人馴れしていて至近距離で撮影しても知らん顔。
c0133013_23242710.jpg
そして丸子橋を目指してあるく途中で、雀の一団にまじって白い鳥がいるなぁと思ったら、セキセイインコを発見しました。
c0133013_23245082.jpg
天気が良すぎて白浮してしまい、ちゃんと撮れませんでしたが。
雀たちと一緒にくらしているのでしょうか?楽しそうに飛び回っていました。どこかのお宅から逃げてしまったセキセイちゃんでしょうね。私が近づいても逃げようとしなかったので保護しようかなと思ったのですが・・・・捕まえられませんでした。
c0133013_23252028.jpg
セキセイインコはサバイバル能力高そうなので、きっと野生でもちゃんと生きていけると思いますが、ご家族は今頃どこでどうしているかと心配されていることでしょうね。
久しぶりに多摩川の河川敷をぶらぶら歩きしていると、名前は知りませんがいろんな野鳥たちに出会えました。
c0133013_23275609.jpg
大田区から世田谷区に入った頃、足は大分疲れてきています。
c0133013_23282973.jpg
2時間半歩いて、やっと二子玉川の商業施設ライズが見えてきました。
前回歩いた時(3年前)は、このあたり開発途中で工事中でしたが、今ではすっかり整備されて新しいタワーマンションが立ち並び、綺麗な公園ができていました。公園の中にはスタバもあって、すっかりお洒落なリバーサイドの街という感じ。
その夜は、YUKAも私も疲れ切って、足にサロンパスを貼って寝ましたよ。ふだんはあまり歩かないから、15キロくらいの歩行でひいひい言ってしまいます。
駅伝の選手たちはこれ以上の距離をあの速さで走るのですから、やっぱり凄いですな。
私のお正月は、こんな感じでした。
さあ、仕事も始まったし、2017年も元気に楽しくすごすぞぁ~とやる気満々です。
皆さま、今年も宜しくです。

最後に・・・
新春早々、詩がお卵三つ産みました。
c0133013_23301305.jpg
        最近、仲睦まじい希と詩です。
どちらが卵を抱くかで時々喧嘩していますが、産卵することで絆を深めているようす。
オカメインコは雄も抱卵することを、希を見ていて初めて知りました。
卵が孵ったら、希はきっとイクメンになるのだろう、と思いますが、孵ることはないでしょう。
だってふたりとも、とっても飽きっぽいんだもん。002.gif







[PR]
by sanakk | 2017-01-06 23:32 | Comments(6)

いよいよ平成28年も残りわずかとなってまいりました。あと10日なんて信じられませんね。毎年同じような事を言ってる気がしますが・・・。


c0133013_16105746.jpg
12月初旬の週末、去年の9月に亡くなった実家のわんこラッシーの納骨をしてまいりました。
c0133013_16110303.jpg
何故、1年以上も納骨しなかったかというと、sana家の動物霊園は厚木市にあって遠いということと、なんとなく寂しくてその気になれなかったから。
しかし、この夏に亡くなった義母の納骨も済ませたし、ラッシーのお骨だけぽつんといつまでも残しておくのもなぁということで、年内にちゃんと納めるところに納めようということになりました。
c0133013_16103924.jpg
私は初めて来ました〇〇家愛犬の墓。おやーじゅも10年以上来てなかったそうです。結構立派です。義父や義母は、ご先祖様の供養はしっかりと行う人たちでした。ペットも然り、ですね。あ、義父はまだ存命ですが・・・。
c0133013_16154960.jpg
お墓を開けてみると、先輩わんこがふたりはいってました。ラッシーも寂しくないですね。因みにみんなシェットランドシープドックです。
墓地の管理事務所で墓石にラッシーの名前と没年月日を彫ってもらう手配をして帰りました。来年出来上がった頃、またお参りに行きたいと思います。
ラッシー、今頃天国で先輩わんこのラスター、ラッキーと3頭で楽しく走り回って遊んでいるでしょうか?今気がついたけど、みんな名前の最初が「ラ」だ。
ところで愛犬の墓に小鳥を葬ってもよいのでしょうか?一応、墓地側は埋葬する動物は犬や猫に限らないと言ってましたが。愛犬の墓と彫られちゃってるので。
縁起でもないですね!ウチの鳥たちはまだまだ元気ですが、ちょっとだけそんなことを考えてしまいました。


さて、その元気な我が家の鳥たちのはなし。
c0133013_16104672.jpg
先日、インスタグラムで知った小鳥のおやつ。人が食べてもすごく美味しいということだったので早速アマゾンで探してお取り寄せしてみました。
クランベリー果実入りのクッキースティックです。ためしに私も食べてみたら、あらホント、美味しい。人間のおやつになります。
ちょっと粉っぽいけど、自然な甘さで歯ごたえもサクッと軽くて食べやすいです。
でも、思ったとおり、花も海も見るのも怖いと言う感じで怯えて、逃げていきました。
c0133013_16104865.jpg
美味しそうに私が食べて見せたら花はちょっとだけ興味を示して手に持ちましたが、すぐに我に返って投げ捨て。
海は完全に拒否。
本当にインコたちって保守的。新しい物は苦手ですね~。私もちょっとそういうところありますから、気持ちはわからないでもないですけどね~。
c0133013_16105131.jpg
鳥クッキーといっしょに海用に新しくセラミックヒーターを購入しましたが、やはり取り付けた途端腰を抜かし床に転げ落ちた海でした。
c0133013_16105367.jpg
ケージの中で新しいヒーターから一番離れた場所にしがみついて動けなくなってしまったので仕方なく撤去しました。
海も来年の春には14歳。ぼちぼちシニアエイジなのかな~と思って、冷え込む夜間に使おうと思ったんですけどね~。
部屋を暗くして見えなくしからそぉーっと取付けようかな。

c0133013_16105575.jpg
2日目に花は鳥クッキーを受け入れてくれました。床に落としていたクッキーを知らない間に拾い上げ美味しそうに食べてました。037.gif
あらら、今回は意外と早かったわね、花ちゃま。
食べてみたら美味しいと気づいたみたいであげればあげただけどんどん食べます。
c0133013_16110056.jpg
でも・・・・これ、どれだけお腹に入っているんでしょうね~。ロスが多すぎるような気がします~。

最近、WOWOWに加入しました。
スポーツやライブ、普通の地上波じゃやってない番組が見られてイイですね。夜な夜な映画を観る機会も増えました。
民放では毎年お決まりのつまんない番組しかやってない年末年始、WOWOWから録画した映画を観て過ごせそうです。
c0133013_16104402.jpg
あら、海くんが若き日のレオさまと!(wowowで放送していた17年前の映画THE BEACHより)
レオさま、わかーい。いまじゃすっかりオジサマの貫録がでてます。私もトシとるはずです。




[PR]
by sanakk | 2016-12-20 15:48 | Comments(4)

今週の日曜日はあいにくの雨でしたね。
私も珍しく、終日家でおとなしくしていました。
我が家のルーバー式窓に網戸を設置するために網戸屋さんが来ていて、鳥たちも見えないところに隠されていました。
c0133013_9402525.jpg
家具の後ろに隠されてる2人組。

sana家には家の構造上網戸というものが無くて、長い間不便をしておりました。
窓を開ければきっといい風がはいるだろうに網戸が無いばかりに虫の侵入を恐れて窓を閉め切り、夏場はエアコンつけっぱなしでした。
長女が、ネットで見つけた個人業者さんは、レールの無い古いサッシ窓にも後付で網戸を取り付けてくれるというので早速来てもらうことになりました。11月の初めから3回に分けて来てもらって家中の主な窓に網戸が付きました~。
この日曜日には、リビングとお風呂場のルーバー窓にも網戸をつけてもらいました。
c0133013_951329.jpg
       これじゃわかりにくいかな?
c0133013_952077.jpg
内側に網戸が付いているのが分かるでしょうか~?こういうルーバー式の窓にもちゃんと取り付けられるんですね~。もっと早く工事すればよかったです。しかもこの網戸は取り外しが簡単で丸洗いができるのです。
これで来年の夏は、少し電気代を節約できるかな?お風呂場も窓全開にできて、風通しよくなるのでカビ掃除も楽になるかな?
窓を開けていても、鳥たちが外に飛び出る心配もなくなりましたし。

隔離されていた鳥たちも長い時間よく我慢しました。一度私と網戸屋さんの男性が話していると花がカバーの中からとてつもなくデカイ声で「ぎゃあぁぁぁ~ぎゃあぁぁぁ~」と叫んだので焦りました。
知らない男性の声に警戒したようでした。カバーを掛けられて見えないようにしていても、ちゃんと聞き耳を立てて外の様子を伺っているようです。網戸屋さん、平静を装っていたけどびっくりしただろうなぁ。
c0133013_10212349.jpg
鳥マンションの海と花は隠されたけど、詩だけはそのまま。詩は誰が家に来ても関係ない子なので・・・003.gif


さてさて、その前日の土曜日はブログでお友達になった方との忘年会でした。
時々、美味しいお酒とお食事をご一緒するようになってもう何年も経ちました。何となーく細々と8年間も続けてきたブログですが、鳥とお酒と美味しい食事という共通の楽しみを持つお友達ができたことは何よりの収穫ですね。
場所は御徒町駅を降りて数分の路地裏にある(もう一度一人で行けと言われたら怪しい・・・)昭和のかほりぷんぷんの小料理屋さんで美味しいお酒とお料理をいただきました。
c0133013_10252863.jpg
左上のお料理は鯨のユッケ。牛のかわりに鯨なんて考えましたねぇ。にんにくが効いていて美味しかったです。
冷酒は八海山新酒しぼりたて原酒。美味しくてクイクイと吞んでしまい、あっという間に酔っぱらってしまいました。あまり強くないのに早いペースで呑んでしまうとすぐに肝臓の許容量が一杯になってしまい、飲めなくなってしまいます。
それでも、とても楽しい夜でした。 年末は忙しいけど、こうした楽しい夜がたくさんあるから好きです。
因みにこちらのお店、ご主人がフクロウ好きだそうで、お店中フクロウの置物だらけ。
ふと視線を上げるとカウンターの上の壁には様々に描いたフクロウの絵葉書がびっしりと貼ってありました。それを撮影させてもらえばよかった、と後でちょっと後悔しました。


そしてその翌日の日曜日、金、土と外呑みが続き、買い物もしていませんでした。網戸屋さんが帰った後お腹が空いても冷蔵庫には何もない、ときていました。
そのうちワインの肴にしようととっておいたハバネロサーディンと最近何袋もまとめ買いしたショートパスタのカザレーチェがありました。
c0133013_10355881.jpg
c0133013_103693.jpg
缶詰のトマトを使って、ささっとハバネロサーディンのトマトソースカザレーチェ。断面がS字型になったこのショートパスタ、大好きです。溝にソースが絡んで本当に美味しい。
袋の底に一掴み残っていたクルミを炒って細かくしてソマトソースに混ぜたら、サクサクととした食感もいい感じになりました。オイルサーディンのハバネロもちょうど良い辛味になって。
前夜あんなに呑んだのに、またしても昼から白ワインを飲んでしまいました。
休日の昼呑みはちょっとの罪悪感と大きな幸福感。012.gif

日曜日のお鳥さまたち。
c0133013_10465549.jpg
かまってちょうだい、とばかりに頭を下げては私をチラ見してくる花。ごめんね。年末は飛び歩いてばかりで鳥たちとの時間もおろそかになってしまいます。
c0133013_10492339.jpg
花のおこぼれを背後で狙ってる海。003.gif

[PR]
by sanakk | 2015-12-14 16:08 | Comments(4)

7月も終わりですねぇ~。猛暑が続いておりますので健康管理には気を付けなければいけないですね。
私は今週になって二日続けて明け方に足がつって「痛、イタタタ~」と飛び起きました。
ふくらはぎが突然攣ると痛いですよね~。おかげですっかり寝不足です。
こんなことかつて無かった事です。冷房で足を冷やし過ぎたのか、または汗をかきすぎて体のミネラルバランスが崩れているのか~。
何年か前に、やはりこの時期深夜に胃痙攣を起こして、救急病院に駆け込んだことがありました。
暑さは自覚のないまま、体に負担をかけているのでしょうね~。皆さまもご自愛くださいませ。

義母の入院が長引いて、ラッシーのお散歩は大学が夏休みに入った次女のお仕事になっています。
c0133013_16522238.jpg
ラッシーはYUKAが相手だと歩かないんですよね~。最短の距離を歩くと、すぐにお家に帰ろうとYUKAを誘導しはじめるんだそうです。(私と歩くときは、私が怖いのか素直にロングコースを歩きますが)
確かにこの季節、わんこは散歩もキツイですよね。ラッシーは凄い毛皮を纏っているわけですし。しかも、老犬。
c0133013_16524538.jpg

お留守番のストレスか、犬部屋に敷いてる新聞紙やおしっこマットをびりびりにちぎって荒らすのでYUKAも困っているようです。
ただ今、犬部屋に隣接している部屋のエアコンは24時間フル稼働です。008.gif


さてさて、この暑さの中、発情期を迎えてしまった詩さんは、数日前からシャチホコ体勢で独特の耳に付くピロピロピロ~という誘い鳴きをしておりました。
けれど希は病気療養中のため、隔離されていますのでその鳴き声に応えることはできません。
離れたケージの中でせわしなく止まり木を右往左往するだけでした。その姿は、すっかり元気なんですが。
c0133013_16105072.jpg
そして昨夜、帰宅するとまたしても形の良いお卵がふたつ、詩のケージの床に転がっておりました。
だんだんと産卵のサイクルが短くなっているような気が・・・・。008.gif
体に負担だろうと思うので、どうにかやめさせたいけれど、うまくいかないものですね。
単純に希と別居したからと言って、繁殖本能が収まるというものでもないようです。
c0133013_1611455.jpg
ひとりだってアタシは頑張るわっ!とでも言いたげな表情で卵を温める詩。私が見ていても写真を撮っても全く動じずに、まるでフクロウのようにバフッとふくれています。
尾羽も広げて、熱を逃がすまいとしているかのようです。こんなに気合を入れて膨らんでいる詩を見たことがありません。今回も相当本気なのでしょう。
気の毒に・・・・。どんなに頑張って温めても、卵は孵らなにのに。
産卵→抱卵はいまや詩の生甲斐なのでしょうね~。

c0133013_16122826.jpg
海、お気に入りのおもちゃのそばに寄り添っている姿が可愛いです。
遊びすぎて振り回し過ぎて、ヒモが切れて落ちてしまったのを、おねいちゃんが直してくれたのよね。003.gif
たいそう喜んだ海は、気が狂ったように振り回して遊んだ後も愛おしそうに貝殻をくりぬいたAMIお手製のおもちゃに寄り添っていました。
c0133013_16131761.jpg
海はいつも止まり木の端っこで内股ぎみに足をちょこんとそろえて佇みます。このもっちりとして妖怪ちっくな緑がかったあんよにsana家の人間全員、メロメロになってしまいます~。

c0133013_1613431.jpg
花は海と違って、いつも大股開きの開脚立ち女。
なんとなくこうした所作にも性格が表れてる気がします。037.gif

c0133013_16163045.jpg

[PR]
by sanakk | 2015-07-30 15:51 | Comments(6)

リビング、リニューアル

5月に台風が接近するなんて・・・あまり記憶にないんですけどね。
おとといの夜は関東も大荒れでした。そして昨日今日と台風一過の晴天。今は何月だっけ?とわからなくなるほど真夏のような日差しと暑さです。

間の悪いことに、sana家は先週末からリビングと私の寝室のエアコン取替工事が始まっています。
リビングに2台と寝室に1台取り付けられていたマルチ型エアコンを撤去して、リビングの方は大きいエアコン一台にまとめようという工事なので、設置場所が変わるため壁に穴を開けたり、既存の穴を塞いだりする工事があるのです。
ついでだから大分汚くなったリビングと寝室のクロスもこの際貼り替えちゃえっ!ということになりました。
c0133013_11545956.jpg

大変でしたよ~。こないだの土曜日は、電気屋さんに大工さん、どやどやと4人の職人さんがsana家に朝からやって来て、長女の部屋以外の部屋すべて公開になってしまいました。もうプライバシーもへったくれもあったもんじゃないです。
完璧に片付け掃除する時間も無かったので、汚い我が家のアレコレを見られてしまいました。
家具の裏に数センチ積もったホコリやカーテンレールに積もったホコリ。寝室の照明カバーを外したときに内側積もったホコリ・・・自分の目を疑うほどでした。穴があったら入りたいほど恥ずかしかった。
極めつけは、「ちょっとおトイレお借りします~」と言われて「あ、ちょっと・・・」と内心うろたえる私。
職人さんはとっとと用を足しにトイレに入ってしまいましたが、まさかトイレを使うとは思っていなかったので1週間掃除していない状態でした~。008.gif
あーあ、ズボラで掃除もしない奥さんだと思われただろうな~。実際、ズボラなんだからしょうがないか。

そして月曜日はクロス貼り替えの日でした。早朝から、リビングの家具を部屋の中心に集めなければなりませんでした。
c0133013_11572113.jpg

業者さん曰く壁際を最低1m位空けておいてくださいとのことでした。
こうした家具の移動は業者さんに丸投げすることもできますが、自分たちでやることによって、かかるコストを下げることができるのです。
これまた骨の折れる作業でした。おやーじゅとひぃひぃ言いながらやりましたよ~。
寝室はカーテンレールまで取り外さなければなりません。カーテンなんて最後にいつ洗濯したか覚えていません。
よくもまぁ、こんなに埃っぽいカーテンを引いた部屋で寝起きしていたもんだ、と我ながらあきれるやら感心するやら。
問題は鳥たちです。
希&詩とピーちゃんのあんぽんたん組は次女の部屋へ移動。
花と海は、鳥ラックにカバーを掛けて、キッチンまで移動しました。ラックを動かすと中で大騒ぎする花でした。
c0133013_13643100.jpg
壁から離された冷蔵庫と並べられる鳥ラック。
本当は二日かかると言われていたクロス貼り替え工事、職人さんたちが頑張ってくれて、夜までかかって1日で終わらせてくれました。
作業中、時々花の声が聞こえてきました。
「もしもし・・・」「ごはんたべる~?」等々。
そのたびに職人さんくすっと笑いながら「あ、なんか言ってますね」と反応してくれました。003.gif
最近のクロス用塗料は、天然素材からできているので人間にはもちろん小動物にも害はないそうです。
c0133013_1383471.jpg
カバーの中の花、暗いのでお目目が黒々しています。声をかけてあげると、小さな声で「ハイ」と答えていました。
工事が終わってから、鳥たちを元通りの場所に戻してあげてチェックするとその日は朝からほとんど食べていない状態でした。知らない人が出入りしていつもと違う場所につれて行かれて一日中カバーを掛けられていた状態では無理もないですね。

深夜に埃だらけのカーテンをコインランドリーに行って洗いました。お恥ずかしい話ですが、レースのカーテンなんて長年の埃のせいで鼠色っぽくなっていました。
家の洗濯機で洗いたくないほど汚れた物をコインランドリーで洗うなんて、ごめんなさい・・・。と、こっそり洗い終わったカーテンを袋に詰めていると、後から入ってきた女性も乾燥機からカーテンを取り出しているじゃないですか。
あら、みなさん同じ事なさってるのね~、とちょっとホッとしました。
c0133013_1435053.jpg
カーテンもキレイ、壁紙も新しくなった私の寝室。
c0133013_1441172.jpg
寝室のクロスは小さなピンクのドット柄が入ったものにしました。sana家で一番の汚部屋だった私の寝室は一番キレイな部屋になりました~043.gifいい夢が見られそうです。
c0133013_1318587.jpg

c0133013_13193982.jpg
変化に敏感な鳥たちです。特に海と花はごまかせません。リビングの壁紙が新しくなって初めての放鳥タイムはなかなかケージから出てきてくれませんでした。
私の手にのって無理やり出された後もなんだか落ち着かない様子でしたよ。
(写真では分かりづらいかもですが、リビングの壁が明るくなっているのがおわかりでしょうか~
前回記事にアップした写真と比べていただけると分かりやすいです。)

そして本日は、やっと新しいエアコンの取付工事をしているところです。
c0133013_13372392.jpg
工事中、希とピーちゃんのケージはリビングの隅に重ね置きされています。花と海と詩はまたしても工事が終わるまでカバー掛けです。
鳥たちも今日一日の辛抱です。何日も大変な協力を強いてしまいました。
おかげで今年の夏は、猛暑になっても快適に過ごせるかなぁ~。

[PR]
by sanakk | 2015-05-14 14:07 | Comments(6)

春の健康診断

先週から、職場のネット環境がおかしくなり、まったくインターネットが繋がらない状態でした。
プロバイダーに問い合わせたり、無線LANルーターのメーカーに電話したり、NTTに電話したり、LANケーブルを取り替えてみたり、考え付くありとあらゆることをしてもネットは復旧せず、Eメールもダメでした。
そうなると仕事にも大きな支障をきたします。(ブログを覗くことも、更新することもできず・・・015.gif)
インターネットなんて私がすっかり大人になってから世の中に普及したものですが、繋がらないとこんなにもストレスを感じて、自覚がないうちにどれだけ依存していたかを思い知らされました。
なんだか社会から切り離されて孤島に流されたような気持、というのは言い過ぎでしょうか。
ま、無事本日、復旧いたしましたが・・・(だからこうしてブログを更新しています)
原因は、イマイチよくわかりませんし、一応復旧はしたものの釈然としない疑問点が残っています。
PC、そしてインターネット環境は今や仕事にもプライベートにも無くてはならないもので依存しまくっているのに、いざ不具合が起こると自分の手には負えなくなるのですから、便利なんだか不便なんだか、って感じですね。


c0133013_134873.jpg
いきなり、妙な写真をアップしてすみません。
先週は職場で恒例春の健康診断がありました。今回は任意の大腸検査を受けることにしました。
2回分の検便、これまたストレスになりますね~。今の検便は、私が子供の頃と違って綿棒みたいなスティック状のものにちょこっと付着させて容器に突っ込んでおけばいいので、簡単ですけど。(キタナイ話、ごめんなさい)
忘れないように、トイレのドアの内側に掛けてあるカレンダーに書きこんでおいたら、知らないうちに次女YUKAがう〇こちゃんを書き足してくれていました。
このう〇こちゃんがなんだか可愛くて、毎日眺めてはほっこりしています。003.gif
実際のブツはこんなに可愛いもんじゃありませんが、ちゃんと見ることは大切なんですよね。自分の健康チェックのためにも。
無事健康診断は終わりました。血圧など其の場で分かる事はすべて問題ありませんでしたが、気になるのは血液検査の結果。毎日呑んでますから、ガンマの数値は毎回気になるところです。
良い成績だといいのですが・・・・。


忙しさにかまけて、しばらく、鳥たちの体重チェック、怠っていました。
自分の健康診断で我に返り、さっそくその日から一日1回は体重量るようにしています。
久しぶりに鳥たち全員の体重を量った朝、若干ヤバい結果となりました。
まず、海。本当に久しぶりです。いつ量っても変動がなかったので、海だけはめったに体重測定していませんでしたが・・・、
c0133013_13533354.jpg
海は、ハカリに乗るのが超苦手です。そして120g!なんと海のベスト体重と私が勝手に思っている数字から-10g!換羽の時期でもないのに。ダルマインコとして、これはちょっと痩せっぽっちでは?
ナッツを毎日あれだけ食べているのに。なんで、なんでー。
でも、どう見ても元気なので体重減少の理由はわかりません。美味しい物制限しないから、もっと太ってちょうだい~
c0133013_13554924.jpg
次は、希。80g007.gif予想以上に減っているのでがっくり。よく食べていいう〇ち出してるんだけどなぁ。
また、病院通いするべきなのか~と、テンション下がりました。
c0133013_13565335.jpg
そして詩。110g・・・・。前回は98gとギリ大台手前だったのに。ちょっと油断していたら、こちらは激太り。
シードを極端に少なくしてペレットも減らしていたのに。オカメの体重管理は難しいです。増やすのも減らすのも。
c0133013_13575919.jpg
ピーちゃん!41g!う、これも若干増え気味。でもまぁ、ピーちゃんは運動量も多いですし、たぶん骨格が大きいタイプのセキセイだと私は考えているので一応合格かな。

c0133013_1484222.jpg
そしてsana家のお鳥さまの中で唯一自分から体重計に乗ってくれる花。(アナログ秤限定です)ジャスト460g。変わりなーし!花は花丸ー。
小さな体の鳥たちは、体重の増減が健康状態のバロメータになりますから、マメに量らないといけないなぁと反省しました。

c0133013_13593916.jpg
社会人一年生の長女がお化粧するところを、かぶりつきで観察する花。
それはそれは熱心に見ています。花が興味を示すのは、ヒトが食べている時ばかりではなかったんですね。
長女のメイクが気になるなんて、花ちゃまもやっぱり乙女なんですかね~。037.gif

c0133013_1416331.jpg

[PR]
by sanakk | 2015-04-14 14:16 | Comments(6)

お鳥さまたち久しぶり

c0133013_162739.jpg
桜もぼちぼち終わりですねぇ~。皆さま、お花見はどちらでされたのでしょうか。
私は今年も近所の公園を通勤の行き帰りに走り抜ける時に、満開の桜を仰ぎ見るだけのお花見でした。
新年度、新学期、何かと心忙しい時期ですね。
我が家では、長女が4月1日からとうとう社会人となりました。ただ今研修中で、神奈川県某所の研修所まで2時間かけて通っております。(研修が終われば、sana家最寄りの駅から一駅の場所にある事務所に配属されることが決まっているので安心です)
入社式前日から食欲も無くなり、眠れないほど緊張していた娘も、1週間経って普通に食べられるほどには慣れてきたようです。037.gif
そんなに、緊張するものでしたっけね?自分の新入社員一年生の初日は、大昔過ぎてあまり覚えていませんが。入社式の当日がお花見で、緊張しながら千鳥ヶ淵を先輩の後について歩いたような記憶がうっすらと残っています。
入社初日にいきなりお花見って・・・、それもどうなんでしょうね~。


さてさて、鳥ブログであるはずなのに最近すっかり鳥が登場してないですね。
sana家のお鳥さま全員、元気ですよ。もちろん。
c0133013_16404796.jpg
カメラを向けると「しゃっ、しゃっ」と息を吐いて怒るうーたんこと詩。発情期→繁殖期→抱卵期を経てただ今休養期といいいますか、充電期といいますか、毎日ボーっとしていますね。しばらくするとまたこのサイクルが始まるのでしょうけど。
c0133013_1629481.jpg
カメラを威嚇した後は、必ずこのポーズ。自分を大きく見せてるつもりなのでしょうか。
c0133013_16292348.jpg
単身療養中の希です。こちらもカメラを向けると怒っています。療養中と言っても、毎日、sana家のお鳥さまの中でだれよりも大声で鳴き「うるさいよー」と言われてます。
ペレットにシード、いつも両方ケージにセットして食べたい放題。
ごはん入れに頭を突っ込んで食べてばかりいるのに体重はなかなか増えません。
うらやましい体質ですよね。
とにかく呼び鳴きが喧しいので、もう少ししたら詩のところに戻してあげようかと考えています。ただ、お腹で呼吸する症状はずっと続いています。


c0133013_16344566.jpg
ピーちゃん。何も変わりません。特筆すべきこともありません。相変わらず熱くてしつこいです。008.gif

c0133013_16351443.jpg
海は毎日盗み食いに精を出しています。どんな体勢からもふたを開けられるようになって油断できません。
c0133013_16353284.jpg
ナッツに気をとられている時は、簡単に鷲づかみされてしまう海です。
このイモムシのようなもこもこした足裏が可愛くて、思わずチューしちゃいますね。016.gif
海君、3月で12歳になりました~。

c0133013_1636857.jpg
そしてsana家の三女天然鼠色娘の花ちゃま。今朝もよちよち徒歩で私の後をついてきました。
ぶっ飛んで追いかけてくる時と、歩いてのっそりついて来る時、どう気分が違うのでしょうね~。
c0133013_16364080.jpg
そして私の肩からのけぞってぶらさがりコネコネされては喜ぶのでした。
c0133013_16365452.jpg
お鳥さまたち、みんな無事新年度を迎えました~。043.gif

[PR]
by sanakk | 2015-04-07 00:21 | Comments(6)

粉と戦ってます

更新滞りがちですが・・・、3月になってしまいました。春はもうすぐ、ていうかもう来てますね。花粉と共に・・・。私の苦手な季節がやってきました。
暖かいかと思えば、寒かったり、強い風が吹きまくりいろんな粉が飛散するこの時期、私も心身ともに不安定になりますね~。
一昨年の春、いきなり花粉症デビューしたsanaです。(仲良くおやーじゅも一緒にデビューしました。)
そして去年の春は、なぜか症状が出なかったので、花粉症デビューは気のせいだったか、と思っていたのですが、やっぱり今年はキツイです。
今朝は自分の連発くしゃみで飛び起きました。鼻にティッシュを詰めたまま放鳥、おそうじをして、鼻水を垂れ流しながら出勤してまいりました。
c0133013_11525154.jpg
保湿ティッシュ無しでは、生きていけません。
抗アレルギー剤をのむと、仕事にならんのですよ。ただでさえもいつも眠たいのに。
今の所、薬に頼らずに戦っています。職場に着いて、不思議と午後になると症状は落ち着いてくるのです。
そして家に帰るとまたひとしきりくしゃみ鼻水、目の痒み・・・。家?ん?これって花粉が原因なんでしょうか?
脂粉だったりして。
おやーじゅが耳鼻科で仕入れてきた情報によると、花粉アレルギーから脂粉アレルギーを併発することもあるとか?(真偽は未確認)確かに花粉と脂粉、ねっとりとしたお粉の感じや粒子ぐあいも似ている気がします。


一年中、恋の季節、恋愛体質の詩さん。このところ独り暮らしのケージの中でシャチホコ体勢でお尻を突き上げ「ピロピロピロピロ」と誘い鳴き(私が勝手にそう思っている)をしていたかと思ったら、卵産んでました。
c0133013_11544587.jpg
今朝、掃除のときに気がつきました。008.gif
私がケージを覗くと、いつも逆さにぶら下がって翼を広げてこのポーズをとります。
あっちへ行け!と威嚇してるんでしょうか?
c0133013_11551368.jpg
全然怖くないけどね。ウータン。003.gif
c0133013_11552960.jpg
sana家のお鳥さまが全員海の様に脂粉を出さない体質だったらよかったのに。海が頭をガシガシ掻いても、花の様に白いのろしはあがりません。

c0133013_11561349.jpg
「ズズズズゥ~」という鼻かみ音ばかり真似する近頃の花。私がティッシュに手を伸ばすと「ズズズー」と先に鼻をかんでくれますよ。
おやーじゅと私の鼻をかむ音の微妙な違いまで正確に再現するので、可笑しいやら、悔しいやら。
そういえば、今年もすっかりスルーしました。3月4日の花の誕生日。11歳になりました~。043.gif


さてさて、先日、sanaエリア内でなかなか良いお鮨屋さんを新規開拓しました。
お鮨も美味いし、雰囲気も良し、大将が気さくで好印象、しかもお代が良心的。
カウンターでつまむお鮨屋さんは、握ってくれる大将との相性も結構重要だったりしますね。
c0133013_11565182.jpg
生サバとカワハギのお造り。たっぷりの肝醤油につけていただくカワハギ、今が美味しいですよね~。
美味しい物を食べると花粉症が良くなるのだったら、どんなにいいでしょう~015.gif

[PR]
by sanakk | 2015-03-06 12:01 | Comments(6)

日曜日の朝、長女AMIに引かれてのっそりと歩くラッシーです。
c0133013_16312392.jpg
わんこ生活がまた始まりました。
週末に飼い主である義母が、ラッシーの散歩中に転倒し、救急搬送されました。
去年の5月に階段を踏み外し骨折した義母は2ヶ月入院しました。
右足の大腿骨頸部骨折と診断されましたが、これは骨盤と大腿骨を繋ぐ股関節近くの大腿骨の付け根部分を骨折してしまうことです。
近年、この大腿骨頸部を骨折する高齢者(特に女性)が激増しているそうです。1987年と比べて3倍近くに増加しているのだとか・・・。骨粗鬆症の人が増えているのですね。
この大腿骨頸部を骨折すると、骨と骨がつきにくい部位であるために人工骨を入れるという手術をするしかないそうで、義母もこの時その手術をして、リハビリを経てやっと普通の生活を送るところまで回復しておりました。
それでもやはり右足を引きずって歩いていたので、そもそもラッシーの散歩などするべきではなかったのです。
いつもは義母の左側をゆっくりのっそり寄り添うように歩くラッシーなのですが、たまたま出会ったお友だちわんこと遊ぶうちつい引っ張ってしまって、右足を踏ん張ることができない義母は転倒してしまいました。
若くて骨がしっかりしている人ならば、それくらいで骨折などしないのでしょうけど。
義母は高齢の上、4年にわたる闘病のせいか骨がスカスカになってしまったのでしょう。簡単に骨折してしまいました。今度は左足の大腿骨頸部です。ご丁寧に右足と全く同じ部位です。
また、左足の人工骨を接ぐ手術です。とうとう両足とも大腿骨は人工骨となってしまうわけです。
やはりリハビリ期間を入れても2ヶ月は入院となるでしょう。義母は歩けるようになるのでしょうか?
このまま寝たきりなどになったらどうしようか・・・と不安がつのります。

ただでさえも女性は閉経後に骨密度が急激に低下するうえ、この大腿骨頸部は骨の形成がされにくく極端にスカスカになってしまうのだそうですよ。
違う転び方をしても、全く同じ場所を同じように骨折してしまうもの納得です。
女性は気を付けなければいけません。若いうちどれだけ密度の濃い骨を作っておくかが重要ですよね。
1年の間に、右左と順番に骨折して手術を受ける義母も気の毒でなりませんが、またまたひとりぼっちになったラッシーもつくづく可哀想なわんこです。
ある程度の年齢になってから(還暦ぐらいが目安だと私は考えます)動物を飼うべきではないと、思います。
(これはそのまま私自身にも返ってくる言葉です。大型のインコは犬よりずっと寿命が長いですから)
飼い主が想定外の病に倒れた時など、ペットも可哀想だし、家族も大変ですし。

今はちょうど長女AMIが就職前の長い春休みなので、ラッシーの通いの世話を引き受けてくれました。
けれどいずれは家に引き取ってお世話することになるかもです。
5羽の鳥たちだけでもいっぱいいっぱいの毎日なのに、とため息が漏れるsanaです。
ラッシーに罪はないし、可愛いわんこなのですが。

義母の入院に伴うアレコレ雑用で病院と家を何回も往復そしてラッシーの世話、散歩、その合間に実家母の病院にもお供し、施設に入所している義父にも説明しに行き・・・。
間の悪いことにおやーじゅは仕事の繁忙期に入り、まったく戦力になりません。
c0133013_16433967.jpg
今朝、疲れ切った私がぼんやりと掃除機をかけていると、歩いてきて見上げてる花です。
そういえば、この土日、鳥たちに目を向ける暇もありませんでした。
c0133013_16403428.jpg
二日間、放置だったケージを掃除しているとそーっと隣に来て見ている花を娘が面白いと撮ってくれました。
いつものように背中に貼りついたりしないのは、私の疲れたオーラを感じ取ってくれてたからでしょうか~。
c0133013_16415956.jpg

[PR]
by sanakk | 2015-01-26 16:56 | Comments(4)

昨日は、仕事を休んで実家母の病院にお付き合いしました。
去年暮れに高齢者対象の地域の検診で、心臓機能に要検査という結果が出てしまった母でした。
一度大きな病院で、心臓の詳しい検査をしてもらいなさい、とうことで検査予約をしてありました。
ヨタヨタとかろうじて二足歩行はできていますが、いかにも弱々しく頼りなげな老人を一人で病院に行かせるのは忍びなく私が朝からお供致しました。
心電図は異常なしでしたが、レントゲンで見た母の心臓は肥大しているそうです。
先生が仰るには、87才という母の年齢を考えると仕方のない症状でギリギリ許容範囲内の大きさなのだそうですが、一応心臓エコーもやりましょうということになり、その結果治療の必要があるのかどうかは来週の外来予約日に説明があるそうです。
87年間、膨張と収縮を繰り返してきた母の心臓は、そろそろ疲れてきて膨張した後、縮まりにくくなってしまったのでしょうか?ここ数年は血圧を下げる薬など服用して心臓への負担を減らすように心がけてきたはずなのですが。
平日の総合病院は、ほとんど高齢者だけで混雑しており、日本は4人に1人65才以上といわれる高齢化社会だいうことをしみじみと実感しました。

病院の後、母と遅いランチをしました。母がお気に入りのオイスターバーで昼間から生牡蠣とシャンパンをいただきました。
c0133013_16394999.jpg
c0133013_16401091.jpg
牡蠣と青菜のクリームパスタ。美味しかった~。
母は弱々しく見えても、食欲はガッツリあって年の割には食べるのが早い人です。
若い時は、食べるのも早いし歩くのも早かった母でした。子供の頃の私はいつも母の横を小走りしていましたっけ。私はそんな母に似て、だれよりも早歩きで早食いです。
目の前の母を見ていると、いずれ自分もこうしてトシを取っていくんだと実感できます。
母は今日受けた検査はなんだっけ?と何度も聞いてきました。ボケているわけじゃないけど、新しい事が全く頭に入らないようなのです。
最近持たせた「見守り携帯」もやはり電話を掛けることも受けることもできません。ボタンを一つ押すだけなのに。

母は今年の春には88歳を迎えます。いろいろとガタがきているようですが、なんとかこのままの状態を維持してもらって、米寿のお祝いをしてあげたいのですが。


c0133013_16474194.jpg
今朝、お鳥さまたちのお世話をしていた時のこと、ただ今抱卵中の詩のケージから卵を取り上げるとなんととっても温かいんです。
どうやら、一晩中温めていたようです。
これは詩ちゃん、進化です。以前の抱卵していた時は、昼間だけ気まぐれに温めて夜は放ったらかしだったので、朝一番で卵に触ると冷たかったものです。
詩、今回の抱卵はマジモードなのでしょうか?
c0133013_16481325.jpg
c0133013_16475373.jpg
詩が温めていると、隣のケージで療養中の希が必ず床に下りてきてすぐ横で付き添っています。自分も卵を抱きたくてうずうずしているみたいです。
c0133013_1648392.jpg
詩、卵を抱くときの膨らみ方も以前よりもモフっと大きくなって気合が入っています。
しかしながら、別居中に産んだこの卵、当然ですが無精卵です。どれだけ抱いても、孵ることはない卵たちなので詩が気の毒で不憫ですねぇ。
定期的に産卵しては抱卵することが、オカメたちのライフワークというか生きるはりあいになっているようです。

c0133013_16502094.jpg
ステンレスに映る自分に見入る海。
c0133013_16521754.jpg
ソファに胡坐をかくYUKAにちょっかいを出す花、ほぼほぼ姉妹のこのふたり、色もお揃いですね~(上下逆だけど)003.gif

[PR]
by sanakk | 2015-01-20 15:01 | Comments(4)

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30