人気ブログランキング |

ヨウムな生活 sanahana.exblog.jp

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります


by sanakk
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

年をとるほど輝きたい / ピーちゃん→海

今週の日曜日、福岡に住むいとこのTちゃんが上京してきて、東京で働いている娘さんを伴って実家に来てくれました。父へのお焼香と母を元気付けるためにわざわざ九州から出てきてくれたのです。
いとこと言ってもTちゃんは、私より9歳年上のおねいさん。
私が小学生の頃、お年頃だった彼女は、資〇堂という大手の化粧品メーカーにお勤めしていました。
いつもキレイにバッチリお化粧していて、美人でお洒落で私の憧れのおねいさんでありました。
彼女が完璧にお化粧する様子をそばで正座して固唾を呑んで観察していたものです。(’70年代の若い女性のアイメイクはかなりヘビーだったと記憶してます)
11、2歳だった私はその頃から、Tちゃんの影響でお化粧に興味があり、大人になったら私もばっちりド化粧するんだと心に決めていました。
小学生のクセにTちゃんの付けまつげを拝借して、ヘタクソに自分のまぶたに貼り付けバサバサのまつげと滴り落ちそうにグロスを塗りたくった唇でその頃通っていた学習塾に行ったことは、私の中だけで武勇伝になっています。012.gif
時代の流れで、私が大人になった頃のアイメイクはナチュラルが主流になっていて、結局あこがれのヘビーアイメイクはできないままトシを重ねてしまいましたが・・・・。

18年ぶりぐらいに会ったTちゃんは、相変らずキレイでセンスがよく素敵でした。物腰も柔らかく洗練された大人の女性と言う感じでした。
前回会ったのは、祖母が亡くなった18年前。当時私は生まれたばかりの長女をだっこして葬儀に出席したのですが、Tちゃんもその頃は二人のお子さんがまだ小学生だったはず。少し疲れたような顔つきで老け込んでしまったように見えました。18年前のその頃より、今の彼女の方が若々しくキレイに見えるのはなぜなのだろう・・・と思いました。
そうか・・・・、お子さんふたりを育て上げ、自立させ、今は自分のために自分の生活を楽しんでいるからなのか・・・・と思いました。きっと自分を磨きながら充実した生活をおくっているのだろうと・・・・。

私もTちゃんのようにトシをとりたい。年を取るほど内面から輝いて美しくなれるような女性になりたい、と思いました。
私の娘たちはまだ18歳と15歳。手はかからない年になったけど、これからいくらでもお金がかかる年頃。
自分自身にたっぷりお金や時間を費やせるようになるまでにはまだ数年かかりそうですが・・・・、娘たちを無事社会に送り出したら、何を始めようか、どうやって楽しもうか、とか、アンチエイジング頑張るぞーとかなんだかわくわくしてきました。
父が他界したおかげで・・・と言うのもなんだかヘンな言い方ですが、何年も会っていなかったいろんな人と会うことが出来て、刺激をもらい、不思議なくらい前向きな自分がいることに気が付きました。
天国の父が、限りのある人生を悔いのないように自分を大切にしながら生きろと私を導いてくれているのかも、なんて思います。

昨日、長女が来春から通う予定のR大学から分厚い封書が届きました。
中には、合格通知書とたくさんの書類。
合格内定していたとはいえ、きちんと合格通知書をもらうと正式に喜びを感じると言うもの。
んが、しかし、しっかり入っています、入学金の振込用紙。私を現実に引き戻す恐怖の紙です。
金策に走らねば・・・・。008.gif
まだまだ頑張らないと。私が第二の青春を謳歌する日はまだ遠い・・・・。

c0133013_15393830.jpg
最近出番が少ないこのお二方・・・・。なぜブログに登場しないかというと、オカメs放鳥タイムにいつも私が転寝してしまうから・・・・。
夕食後が詩と希の放鳥タイムなのですが、飛び回る二羽を下から眺めながらついソファにゴロリしてしまう私。当然あっというまに眠りに落ちてしまいます。なので詩と希の写真がほとんど撮れていないのです。

c0133013_1555113.jpg
放ったらかしなのに、気が付けばみんな私にまとわりついてます。幸福なひと時。
本当は頭の上には詩もいたのですが、カメラを向けたら飛んで行ってしまいました。こうやって鳥たちをいっぱいくっつけて家の中を歩いていると、次女が「おかあさん、アホっぽい・・・」と言っていつも笑います。003.gif

c0133013_1559750.jpg
昨夜はやけにピーちゃんが海にご執心でした。
ピーちゃんに激しく言い寄られてたじたじの海。大きな嘴でピーちゃんを威嚇しますが決して本気で咬んだりしないので大丈夫です。045.gif



Commented by queso at 2010-12-09 08:17 x
そうですよね、お子さんのいる方は成人されて巣立った後にまた
ご自分の時間を手に入れることが出来るのですね。
その時、自分自身への投資も。
大人の落ち着いた物腰のTさん、きっと素敵な方なのでしょうね。
若くて美しい方は沢山おられますが、ある程度の年齢となって
他人に好印象を持たれるというのは、やはり生き様なのかなぁと
思っております。私も頑張らねば!四十路だ~とじたばたしている
場合ではありませんね。

肩にとまるオカメさんとピーちゃんと海君、いい図ですね。
特にウットリと目を閉じているピーちゃんが何とも可愛いッ。
海ちゃんも手加減して噛んでいるのですね。そのうち、本当に
仲良しさんになれるかも(^^)♪
Commented by みらい at 2010-12-09 14:30 x
こんにちは。
おとなになってからのいとこに会えるのは幸せですね。
私は母親が末っ子で、しかも子供(私)が遅かったのでいとことえらく歳が離れてしまい、てれくさいやらなんやらでまともにちゃんと遊んだり話したりできず、しかも、諸般の事情によりほとんど交流がないので大変うらやましいお話でございます。

ところでノーパンピーチャン拝見いたしました(汗)。
どーしましょー!!!
うちの仔たちは全部パンツはいてますよ。
ヒナのうちはうん◯が水っぽいのでお尻が汚れないようになんでしょうかね、みんなノーパンではなかったですか?

セキセイはほんとに小さい体で怖いものしらず。
うちもヒヤヒヤさせられっぱなしですよ。
みらいの背中をかすめるようにタッチ&ゴーしたり、しっぽを噛まれるギリギリまで逃げないとか・・・
みらいはぽや〜っとしているのでやられっぱなしですけど。

そろそろ本格的に寒くなってきますかね
鳥たち、風邪ひかせないように注意ですね。
Commented by りおん at 2010-12-10 09:56 x
いとこにあこがれに人がいると言うのは、うらやましいですね~^^
女の人って、気持ちの持ちようでずいぶん違ってきますよね。
先日、ご近所の奥さまが、ぼやいておられました。
子供がやっと手を離れたと思ったら、今度は親の面倒を見なくちゃならなくて
自分の身が自由になる頃には、すっかりおばあちゃんになっちゃうわよ~!!って^^;
でもそう言いながら、てきぱきと家事と仕事をこなされているその奥さまは
やっぱり輝いて見えましたよ~^^

鳥まみれのsanaさん、ステキ~^^
自分を慕ってくれるのを感じる時って
本当に幸せを感じますよね~^^
あらあら、ピーちゃん、海にいさんにまで~^^;
ちゃんと手加減でしてくれる海にいさん、やさしいわ~^^
Commented by sana at 2010-12-10 10:17 x
quesoさん
ちょっと前まで子供たちが成人して自立してしまったら、ぽっかり穴が開いた様に自分は寂しくて耐えられないのでは・・・と思っていましたが、生き生きとしているTちゃんと会って私も考えが変わりました。
よし!私も第二の人生を自分なりに生きるぞ!と・・・。^^
いえ、今だって十分自分のやりたいことやって楽しんでるんだけどね・・・。女って贅沢なイキモノよね。
仰るとおり、ある程度の年齢になって魅力的に輝けるって、それまでの積み重ねでしょうね。今までの生き様にあんまり自信がありません。^^;今からで間に合うでしょうか?
quesoさん、まだまだこれからですよ~。^^四十路突入してからの10年はとても大切な時間であり、またあっという間の10年だと思います~。頑張って~。

海に言い寄るピーちゃん、いい表情するんですよね。
ピーちゃんてよく見てるととても表情豊かな子です。
確かに海とピーちゃんの組み合わせが、仲好しになれる可能性一番あるかもしれませんね~。
Commented by sana at 2010-12-10 10:32 x
みらいさん
いとこを含めて親戚はみんな遠い西の方に暮らしているので、めったに会う機会はないんですよ。今回、父の件で十数年ぶりにいとこたちとも会いました。
私もみらいさんと同じです。母が末っ子なのでいとこ連中の間では最年少です。上は20歳近く年が離れていて、ついおばさんと呼んでしまいそうになることも・・・^^;(失礼なっ)

ノーパンピーちゃん、見ていただけましたか?
こまったものです。お猿さんのお尻みたいになってます。
雛のときは確かにお尻が出てましたね。そういえば・・・。
寒くなってきたせいか、ピーちゃんのお尻うっすら羽毛で覆われてきました。

やはりセキセイは怖いもの知らずなんですね?
ケージ越しに花に近づいていきますよ。ヒヤヒヤものですよ。
何十倍も大きい花の嘴にチューをせまるんですから・・・。
ふふ。花もぼや~っとしてますね。横をすり抜けられても反応するのがワンテンポ遅いし。

ウチはまだ鳥たちの防寒対策してませんが・・・・そろそろですかね。
Commented by sana at 2010-12-10 10:44 x
りおんさん
あー、その話、身につまされる~。子育てが終わったら、親の面倒・・・。確かにその順番が一般的ですよね~。
20代の自由を取り戻す時は60代を過ぎていたりして~。
でも、年齢に応じた人生の楽しみ方ってあるものね。
どんな状況にあっても錆びてない自分でいたいものです。^^

鳥との生活は、きっと私をいつもリフレッシュさせてくれると思います。
年齢を重ねても、私には鳥たちが居ると思うと安心します。
いつの間にか寄り添ってくれてる奴らとの生活、ずっとずっと続けたいわ~。
海にいさんにほの字のピーちゃん、海の優しさを分っているのか、威嚇されても絶対逃げないのよね~。見てるとちょっとハラハラしますが、私も海を信じています。^^
Commented by みらい at 2010-12-10 22:41 x
こんばんは。
まるで荒らしのようなことをしてホント申し訳ないのですが・・・
今更ですが花ちゃんはモノホンのアフリカンなんですかっっ!!!!
感激です。
すばらしい!

みらいは・・・横浜で行われたアフリカ国際会議の年(とアフリカに無理矢理こじつけてます)にシンガポールから来日した女です。
〜誰でもわかるのはあの秋葉原の事件のあった日に私は上野に迎えに行き、わけもわからず電車の中からたくさんの救急車や警察車両をみていました。「007〜ダイ・アナザー・デイ〜」風にいうとみらいはハルベリー演じる『ジンクス』ですわ(爆)〜

今、思うに後ろにステップアップしたりあとずさりしていたのは(前に歩いてこなかったんです)運命を背負ったちょっとひねた女だったのかしら・・・???
Commented by sana at 2010-12-12 10:10 x
みらいさん
そうなのです~。花はアフリカから来た本物の(?)アフリカンなんです。正規のルートでアフリカからの輸入されたという証明書も付いてました。よくぞ元気で日本までたどり着き私のもとにやって来てくれたものだと今も時々眼がしらが熱くなったりします。*^^*
みらいちゃんはシンガポール生まれだったのですね?
アメリカ、カナダ、フィリピン産もよく聞くしヨウムたちも国際色豊かなインコになったですね。これだけ人気の鳥さんだから、そろそろ日本生まれの子ももっと出回って来そうな気がしますね。
えっ!あのアキバの事件の日に?まー、それは、絶対忘れられないお迎え記念日の思い出ですね。
007は見てないので・・・すみません。^^;>
でも、何か運命的なものを感じてしまいますね。
by sanakk | 2010-12-07 19:01 | Comments(8)