ヨウムな生活 sanahana.exblog.jp

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります


by sanakk
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2017年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

c0133013_15394721.jpg
もうすぐクリスマスですね~。どこへ行ってもどこかから聞こえてくるマライア・キャリーのAll I want for Christmas is you(邦題:恋人たちのクリスマス)。街で流れるこの曲を聴くと華やいだ気持ちとせわしない気持ちが入り混じる時期です。この年になってイブもへったくれもありませんけどね。
最近はクリスマスを一人で過ごすことを「クリぼっち」なんて言うらしいですが、クリスマスを一人で過ごすのも悪い事ではないと思います。
どうせ夫は仕事だし、娘たちにはそれぞれに予定があったとしたら、ひとりでワイングラス片手に家でゆっくりとTVやDVDを見て過ごせるというものです。それはそれで至福の時間です。
ただ、今年は自分で自分にクリスマスプレゼントを贈りたいと思います。
それは・・・・
c0133013_15392971.jpg
ロボット掃除機です。先日、某家電量販店に出向いて、現在発売されている各社のロボット掃除機のそれぞれの特色短所長所など説明してもらいました。総合するとやはりiRobotのルンバかなぁ、という結論になりました。
我が家のリビングは鳥の羽と脂粉だらけ、鳥たちが羽ばたけば埃が舞い上がるし、毎朝の掃除機掛けは必須です。吸引力が強く稼働範囲が広く何度も同じところをお掃除してくれるタイプがベストです。
来年早々に引っ越すことが決まった転居先のリビングは今より広くなるので、毎朝掃除機掛けるなんてもう無理です。ロボット掃除機におまかせしようと決めました。
c0133013_15412082.jpg
c0133013_15412370.jpg
丸い物体がウィンウィンと勝手に動いて近づいてきたらさぞかし鳥たちはビビるだろうなぁ~と思いますが、新しい環境とともに慣れてもらうしかありません。
c0133013_15542222.jpg
新居のDLの一角です。先日、新しいダイニングテーブルが届きました♪
大理石の天板にふさわしいお料理を作って並べなければいけないのでしょうか? 
無理無理・・・119.png

c0133013_15420996.jpg
この年の瀬に、三つも卵産みました。オカメたち、確か去年も卵を抱いたまま年を越したと思います。
産卵→抱卵は彼らの年末行事になっているのでしょうか?
私の年末行事といえば、年内にこれでもかと食べ歩くこと。イタリアン納め、日本食納め、鮨納め等々。別に無理して納めなくてもいいのにね。129.png
先日は横浜は馬車道にあるジビエ料理に力を入れているイタリアンレストランに行ってきました。
c0133013_15460009.jpg
イタリアンの前菜で鮟肝がいただけるとは。バルサミコと合わせた鮟肝、美味しかったです。
c0133013_15464220.jpg
燻製した牡蠣のパスタ。全体が燻製の良い香りに包まれたパスタ料理でした。
c0133013_15470952.jpg
そしてそして、この日、お店のお勧めのジビエ料理は猪のロースト。
とても上品で甘みのある脂の乗った美味しい猪のお肉でした。ごちそうさま!







[PR]
by sanakk | 2017-12-22 16:11 | Comments(2)

とうとう・・・

師走を迎えてしまいました。先月は一回しか更新ができませんでした。

c0133013_07431365.jpg
11月のとある日に撮影した夕刻の富士山です。赤い空が映った川面とくっきりとした富士山のシルエットが幻想的でした。
冬に向かって行くこの季節の晴れた日の夕方は、帰路の途中よくこんな景色を目にします。
何となくセンチメンタルな気分になるのはなぜでしょう?

ジビエの季節になりましたねぇ~。
c0133013_07432965.jpg
先日訪問した地元のイタリアンでいただいたカザレッチェ猪のラグー。
この夜はランブルスコを楽しみつつ、イタリアンディナーをいただきました。
c0133013_07433349.jpg
蝦夷鹿のローストです。鹿肉は夏、と聞きましたが、この時期の鹿も最高ですね。とても美味でした。
昔から懇意にしていたイタリアンレストランなのですが、少し前に料理人が辞めてしまってしばらくディナータイムをワインバーとして営業していました。
その後どうなったかな?とおじゃましてみたら、なんとソムリエをやっていた男性が厨房でフライパンを振っていました。
その昔はイタリアンの料理人としての経験があったそうですが、10年以上のブランクがあるそうなので大丈夫かな?と心配していましたが、↑のようなお料理が出てきましたよ。とても美味しかったのでほっとしました。
彼は、お店の権利を買い取って新体制でこれからも営業していくと言っていました。
頑張って欲しいものです。


さてさて、この年末になってsana家は喪中となってしまいました。来年は新年のお祝いできる・・・と思っていたのですが、昨年夏に亡くなった義母に続き、先日義父が亡くなりました。この4年間ほど、こんなに弔事が続く家も珍しいのではないでしょうか?

現在リフォーム工事中の新居には施設に入っている車椅子の義父も呼んであげようと、バリアフリーの玄関までわざわざ作ったのに。義父も楽しみにしていたようですが、出来上がるのを待たずに逝ってしまいました。残念です。
そんなこんなで今年の年末はあわただしくなりそうです。そして新年早々には家族で大移動しなければなりません。気が重たいですね~。


鳥たちはみんな元気です。代表のふたりです。
c0133013_07432249.jpg
c0133013_07433774.jpg
幼いころからずーっと暮らしてきた家から新しい環境に移るわけですが、馴染んでくれるでしょうか?
それも心配事の一つです。



[PR]
by sanakk | 2017-12-02 08:09 | Comments(2)