人気ブログランキング |

ヨウムな生活 sanahana.exblog.jp

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります


by sanakk
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2019年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

セキセイインコのピーちゃんが8月26日に天国に旅立ちました。
9年前、実家の兄が飼っていたピーちゃんでしたが、諸事情により我が家にお迎えられました。
享年9歳(多分)。誕生日が不明なので正確ではありませんが10歳に近い9歳だったと思います。
セキセイインコの寿命をネットで調べると5~8歳とあったので、まあまあ天寿を全うしたと言っていいのでしょうか?
けれどまだまだ長生きしてくれると私はおもっていたのですが、別れは突然に来ました。
毎日ケージの掃除、餌替え水替えをしていますが、その日の朝はピーちゃん変わりなく元気だったように思います。
いえ、もうその時は具合が悪かったのかもしれませんが、インコは体調不良を隠すので私が気づかなかったのかもしれません。迂闊でした。
夕方家に帰ると、ピーちゃんのケージには大量の出血の跡が・・・。どうやら下血のようでお尻には血液混じりの糞が固まってついていました。
こりゃあどうしよう、救急にかけこむか、とオロオロしているうちにピーちゃんはみるみる間に弱って行き、もう病院につれて行くとかの段階ではないことは明らかでした。
そっとしておいて家族みんなで見送ってあげようと言う事になりました。
c0133013_14123385.jpg
止まり木にとまることもできなくなり体全体で荒い呼吸をして本当に辛そうだったピーちゃん。
だんだんと呼吸が弱くなってもうダメか!と思うとカッと目を見開きバタバタっと羽ばたき体勢を変えます。
何度も何度も頑張って生きようとしているのが分かりました。
手のひらに乗る小さな小さなピーちゃんの生きようとする力の強さ、命の尊さを実感しました。
そして私たちが見守る中、静かにピーちゃんは息を引き取りました。その瞬間、小さな体は小刻みに震え、それはちょっとの間続きました。ほんの数秒のことですが、小さく震えるピーちゃんの背中は私たちに「ありがとう、もう逝くね」と言っているようでした。
c0133013_14135227.jpg
一か月くらい前の写真です。この時は篭脱けして飛び回り元気だったのに。

ピーちゃんの亡骸はとりあえず箱に入れて二日間、私のワインセラーの片隅に安置されました。

c0133013_14145567.jpg
家の近くのお寺に入ってるペット霊堂の人が迎えに来てくれて三日後に荼毘にふされました。
遺骨は合同墓地に納めてもらいました。その方がピーちゃんも寂しくないでしょう。



花、今も毎日「ピーちゃん」て言ってます。
空のケージを見ると切なくなるので片付けました。
c0133013_14154480.jpg
私の実家で暮らしていた頃のまだ若いピーちゃん。仲良しだった小太郎と撮った懐かしい写真です。
天国で今頃小太郎に再会しているでしょうか?


by sanakk | 2019-09-06 14:00 | Comments(3)