人気ブログランキング |

ヨウムな生活 sanahana.exblog.jp

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります


by sanakk
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:ヨウム&ダルマ ( 480 ) タグの人気記事

11月に突入しました。ふた月ごとのカレンダーも残り一枚となりました。なんとなく年末感がじわじわと漂ってまいりました~。
一年中熱帯雨林のようなsana家のリビングも朝は大分冷え込むようになったので、先月から希のケージにはペットヒーターを取り付けました。
c0133013_2334753.jpg

希、大分調子良くなっていたので、そろそろ病院通いも卒業か・・・とひそかに期待していたのですが、この時期になって大規模換羽が始まってしまい、また少し体調が後退してしまいました。
またしてもお腹で荒く呼吸する症状が出てきてしまいました~。007.gif
食欲もあるし、煩いほどに良く通る声もでているんですが、荒い呼吸はなかなか良くなりません。

栄養価の高いおやつをせっせと与えて、少しでも体重を増やして体力をつけてもらいましょう。
毎日ナッツ類を砕いて、希のおやつ台の上にのっけてあげています。
c0133013_23345587.jpg
希は特にピスタチオを砕いたのが好き。ふた粒くらいキレイに平らげます。本当に食欲はあるんですけどねぇ~、相変わらず80g前後をいったりきたりの痩せっぽっちです。
c0133013_23352730.jpg


c0133013_23355087.jpg
ピーちゃんとリンクしてごはん中の希。このふたり、いつも仲良く同時にごはん食べてます。

c0133013_2336693.jpg
くるっと大きなお目目で可愛く撮れた海。
c0133013_23362311.jpg
相変わらず後姿はアボカド・・・。
c0133013_23364332.jpg
朝から熱心にホリホリする花を不思議そうに眺めていました。あんまり見ていると、また花に突然襲われるよ・・・。
海が見つめる先で花はソファをあんよで力強くほりほりしながら「あ”っあ”っ」というような、何とも字では表現しづらい鳴き声をあげています。
寒くなってきたから、穴掘って潜り込みたいのかな?ヨウムの習性かな?よくわかりませんが。


さてさて、先週末のグルメは、珍しくインド料理をいただきました。
c0133013_01293.jpg
東陽町のタンドールバル カマルプール というお店。某TV番組で取り上げられてから、いつも満席で予約なしでは入れないお店になってしまったようですが、私も一度行ってみたいお店でした。
名物タンドール料理、堪能してまいりました。
c0133013_23381014.jpg
まずはチーズクルチャ。これは絶対外せないと思っていたメニュー。とろーりチーズが流れ出て生地はほんのりと甘い・・・美味し~い。インド式ピザですね~。
c0133013_23394559.jpg
見た目は悪いですが、ヒイカのアチャ―ル(写真上)。ヒイカはホタルイカのような小さなイカでアチャ―ルとは、インドのマリネのようなお料理だそうです。これは、もうキリッと冷えた白をいただくしかありません。
南インドの辛くて酸っぱいトマトスープ(写真下)。深いお味でした~、香辛料が効いていてちょっとカレーを思い出すような、でもトマトスープ。
c0133013_23403497.jpg
秋刀魚のタンドール焼。秋刀魚もインド料理の食材になっちゃうんですね~。タンドール窯で串刺しにして焼くんでしょうか?いや秋刀魚がインド料理になるとは・・・意外でした。美味しかったです。
c0133013_23411698.jpg
ブナオイスター。牡蠣のインド風炒め物。香辛料たっぷり。食べたことない牡蠣料理。
c0133013_23413864.jpg
カリフラワーとトマトの炒め物。みんなちょうどいい量で出てくるので、いろんな種類のメニューにトライできます。
c0133013_23415571.jpg
レバーと砂肝タンドール焼き。バジルペーストのように見えて、バジルじゃない。じゃあ何?グリーンカレーの味に似ていたような・・・。
ちょっとワインのツマミ的なものを頼み過ぎました。このあたりで大分お腹いっぱいになってきました。
c0133013_012540.jpg
〆は牡蠣チャーハン。インド料理ですから、当然ぱらぱらごはんに香辛料たっぷり。レモンをしぼりかけるとさっぱりした味になります。
久しぶりにいただいたパラパラで細長いインディカ米
は、お米というよりは何かの野菜の茎の炒め物のようでした。
この牡蠣チャーハンは半分くらい食べきれず、お持ち帰りにしていただきました。
インド料理店に来て、カレーを食べずに帰るなんて、蕎麦屋に入って、つまみで酒だけ呑んで蕎麦を食べずにかえるようなもの
008.gif
初めてのお店は、ついつい勝手がわからず注文しすぎてしまいますね。
でも、こちらのお店、私が経験して覚えているインド料理店の中では、一番美味しかったです。日本人の味覚に寄り添ったインド料理だと思います。
お酒もワインから焼酎、日本酒まで取り揃えているし、呑みながらタンドール料理を楽しめるお店。コスパもグッド。
次回訪問した時は、必ずカレーをいただきます、と心に誓って、お店を後にしました。

by sanakk | 2015-11-04 15:47 | Comments(6)
秋雨前線の停滞のせいで、うんざりするくらいうっとうしいお天気が続いていますね。
洗濯物はカラリと乾かず、布団も干せず、鳥も干せず・・・・。そして気がつけば9月。
早い早い。008.gif
さてさて、季節の移ろいなど関係なくひっきりなしに繁殖活動を繰り返すオカメの詩さんですが、前回産卵してから2ヶ月と経っていないのに、また始まったようです。
だいたいパターンは分かってきました。
発情するとピロピロピロピロピロ~と独特の鳴き方で延々と鳴き続けます。尾羽をくぃっと持ち上げてシャチホコ体勢で希を待っているのですが、当然希は詩の誘いに乗る事はできません。
療養中のケージの中で右往左往しながら詩の声の方向を見上げて鳴き続けるだけ。
c0133013_13143989.jpg
その姿をみるかぎりでは、元気そうなんですけどね~。煩いほどよく通る声も出ていますし。
先週、小鳥の病院に行った時、先生には「全然良くなっているようには見えません。むしろ悪化してる」と言われてしまいました。確かに荒い呼吸は相変わらず治っていませんね~。
その日は、いつもの抗生剤の注射に加えてネプライザー療法も受けました。
ネプライザーとはケージを覆った状態で薬剤の粒子の混じった気体を噴霧することで、呼吸器疾患の動物には非常に有効な治療法だそうです。
その後、幾分、希の呼吸が穏やかになったように見えるのですが・・・・。
しばらくはこのネプライザー療法を受けることになりそうです。効果が出るといいなぁ~。
c0133013_13221100.jpg
       希くん、早く良くなれ~。

そして今朝、5個のケージを順番に掃除している時のこと。
詩のケージは鳥マンションの最上階にあるものだから、底が見えなくて気づいていませんでした。
詩が1個目の卵を産んでいることに。
勢いよく詩のケージの底プレートを引っ張り出して、やっちゃいました~。
c0133013_13225439.jpg
ごめんね~ごめんね~、詩~。せっかく頑張って産んだのにね。おかーさん、うっかりしてました。
早々に卵を撤去すると、どんどん生み足したしたりするので、ある程度納得するまで抱卵させておくつもりだったのに。


繁殖活動中は、ケージの中を覗くだけでたいそう怒る詩です。↓


c0133013_13242710.jpg
おやつを完食してドヤ顔で見下ろす海。

c0133013_13244565.jpg
鼠色娘のお顔アップ。恐竜顔ですがとてつもなく色白でシミ一つなくてうらやましい・・・003.gif


昨夜は久々のおウチイタリアンでした。
c0133013_13262938.jpg
旬の秋刀魚のリングイネ。冷蔵庫の野菜室に中途半端に残っていたナスとミョウガ、そして青ネギはたっぷり。
和風にしようか迷ったのですが、やはりアーリオオーリオにしました。隠し味はお味噌。
アツアツの出来上がりにカボスを回し搾っていただきました。
ん~、我ながら上出来!!

by sanakk | 2015-09-04 13:33 | Comments(4)
残暑お見舞い申し上げます。早くも秋雨前線のせいでうっとしいお天気が続いておりますが、週末にはもう一度暑さがぶり返すという予報も出ていますので、皆さまご自愛くださいませ。
長い私の夏休みも終わり、この火曜日から社会復帰しておりました。
が、しかぁーし、昨日朝、ピーちゃんの鳥かごをひょいと持ち上げようとしてグキッと左腰に鋭い痛みが走り「イタイ!!」と座り込んだまま動けなくなりました。
まったく足に力が入らず、そのまま数分しゃがみこんだまま・・・・。ま、まさかこれが有名なギックリ腰?私には関係ないとタカをくくっていたあのギックリ腰?動くこともできず、これはマズイ、と青くなりました。
どうにか数分後おそるおそるそばにあった椅子や掃除機につかまり立ち上がり、歩いてみる私。
一歩また一歩と足を前に出してみるも両足とも痺れたみたいになっていて何かにつかまりながらじゃないと歩けません。
ただ立っているだけでもお尻に負担を感じて辛いのです。
当然仕事に行ける状態ではなく、午前中家で寝たり起きたり悪あがきをしていました。 
すると少づつ歩けるようになって、最初グキッとなった直後よりは症状が落ち着いてきたので、近所の整骨院に行ってきました。
やはり、れっきとしたギックリ腰だそうです。ただ私はまだ症状が軽めだったのが幸いでした。ひどい人はそのまま動けずに入院、なんて事になりますよね。
コルセットを装着してもらい、家に帰っておとなしく横になっていたら、痛みせいか精神的に疲れたのか3時間も爆睡してしまい、目覚めてからまた起き上がる時の痛い事!
苦労して立ち上ってしまえば大丈夫です。普通に料理などの家事もこなせます。ただ足元に落ちたものをかがんで拾うことはできません。足の指で器用に拾い上げるか、力士のように大股開きで足を曲げて上体を落とすかどちらか・・・・。008.gifトホホ・・・情けないです。
なんで、ウチで一番軽いピーちゃんのカゴを持ち上げようとしてグキっとなるんでしょう?
花のケージならわかるけど。持った物の重さは関係ないのですかね~。中腰がいけなかったのかな。
今思えば、お盆休みの最中もなんだか腰に違和感がありました。前兆だったのですね~。
痛みを感じない楽な体勢で安静にして横になっていなさい、と整骨院の院長に言われたので、リビングの床にずっと転がっていました。
c0133013_10221972.jpg
久しぶりにピーちゃんをじっくりと観察しました。
普段は居ない時間に私が居て寝転がっているもんだから、ピーちゃんも不思議そうにしていました。
c0133013_102248100.jpg
大人しくしてれば、イケメンセキセイ♂なんだけどねぇ~~

c0133013_10254263.jpg
海の放鳥中にグキッとなったもんだから、海はずっと出っ放し。上から哀れな私のことを見下ろしてました。
お腹が空いた頃、勝手にケージに戻って行きました。

c0133013_1026670.jpg
「ヤバ、ヤバ」と言う花。たぶん腰の痛みで動けなかった時、私が無意識に言っていたのでしょうね~。008.gif
花はずっと興奮状態でした。

夏休み中の出来事抜粋。
かねてから移転&建築中だった先祖代々のお墓、8月の初めに完成したのでおやーじゅと二人でご先祖様の納骨をしてきました。
c0133013_10301587.jpg
写真を何枚も撮って、老人ホームの義父に見せたらとても喜んでいました。
私たちが面会に行くたびに、「お墓はどうなった?」と気にしていましたから。
いずれ自分が入るお墓を見て喜ぶって、私にはまだよくわかりませんが、義父が納得して安心したようなので一件落着、という感じですね。

sana家のすぐ近くで毎年開催される花火大会。ウチの屋上は花火観賞には最高のポジションです。
c0133013_10325178.jpg
今年は親友のA子が見に来ました。
そのまま日付が変わるまで我が家でA子と娘たちと吞み明かし愉しい夜になりました。(娘たちはノンアルコール)ついこないだまで幼児だった娘たちがA子との呑み会に延々と付き合うようになったとは・・・頼もしいなぁと思うと同時に時の流れを感じずにはいられません。私もA子もすっかりオバちゃんになったものです。

美味しい物もたくさんいただきました。
c0133013_10341438.jpg
お盆が終わってから訪問した、お気に入りの小料理屋さんでいただいた新さんまのお刺身。
一仕事してあります。肝醤油と一緒にいただきました。美味しいですね~。
作り方を教えてもらいました。肝をお酒でほぐしながら火を通し、お醤油など調味してから濾してなめらかにするのだそうです。意外と簡単そう、今度、自分でやってみよう。
c0133013_10352951.jpg
岩牡蠣と会津の冷酒。幸せなひと時でした。
こちらのお店の大将は、日本料理の板さんでありながらもサーファーなのです。見た目はそんな風に見えないんですけどね。なのでお邪魔するといつもおやーじゅと波乗り話に花が咲くのです。
いつもいるお酒に詳しいお店の女性は、大将のお嬢さんだとばかり思っていたら、奥様だとこの時初めて聞かされて驚きました。聞けば、歳の差18歳だそうで・・・・。
仲良く美味しい小料理屋さんを切り盛りして、休日はご夫婦でサーフィンを楽しまれているとのこと。いいですねぇ~043.gif

by sanakk | 2015-08-21 10:58 | Comments(8)
7月も終わりですねぇ~。猛暑が続いておりますので健康管理には気を付けなければいけないですね。
私は今週になって二日続けて明け方に足がつって「痛、イタタタ~」と飛び起きました。
ふくらはぎが突然攣ると痛いですよね~。おかげですっかり寝不足です。
こんなことかつて無かった事です。冷房で足を冷やし過ぎたのか、または汗をかきすぎて体のミネラルバランスが崩れているのか~。
何年か前に、やはりこの時期深夜に胃痙攣を起こして、救急病院に駆け込んだことがありました。
暑さは自覚のないまま、体に負担をかけているのでしょうね~。皆さまもご自愛くださいませ。

義母の入院が長引いて、ラッシーのお散歩は大学が夏休みに入った次女のお仕事になっています。
c0133013_16522238.jpg
ラッシーはYUKAが相手だと歩かないんですよね~。最短の距離を歩くと、すぐにお家に帰ろうとYUKAを誘導しはじめるんだそうです。(私と歩くときは、私が怖いのか素直にロングコースを歩きますが)
確かにこの季節、わんこは散歩もキツイですよね。ラッシーは凄い毛皮を纏っているわけですし。しかも、老犬。
c0133013_16524538.jpg

お留守番のストレスか、犬部屋に敷いてる新聞紙やおしっこマットをびりびりにちぎって荒らすのでYUKAも困っているようです。
ただ今、犬部屋に隣接している部屋のエアコンは24時間フル稼働です。008.gif


さてさて、この暑さの中、発情期を迎えてしまった詩さんは、数日前からシャチホコ体勢で独特の耳に付くピロピロピロ~という誘い鳴きをしておりました。
けれど希は病気療養中のため、隔離されていますのでその鳴き声に応えることはできません。
離れたケージの中でせわしなく止まり木を右往左往するだけでした。その姿は、すっかり元気なんですが。
c0133013_16105072.jpg
そして昨夜、帰宅するとまたしても形の良いお卵がふたつ、詩のケージの床に転がっておりました。
だんだんと産卵のサイクルが短くなっているような気が・・・・。008.gif
体に負担だろうと思うので、どうにかやめさせたいけれど、うまくいかないものですね。
単純に希と別居したからと言って、繁殖本能が収まるというものでもないようです。
c0133013_1611455.jpg
ひとりだってアタシは頑張るわっ!とでも言いたげな表情で卵を温める詩。私が見ていても写真を撮っても全く動じずに、まるでフクロウのようにバフッとふくれています。
尾羽も広げて、熱を逃がすまいとしているかのようです。こんなに気合を入れて膨らんでいる詩を見たことがありません。今回も相当本気なのでしょう。
気の毒に・・・・。どんなに頑張って温めても、卵は孵らなにのに。
産卵→抱卵はいまや詩の生甲斐なのでしょうね~。

c0133013_16122826.jpg
海、お気に入りのおもちゃのそばに寄り添っている姿が可愛いです。
遊びすぎて振り回し過ぎて、ヒモが切れて落ちてしまったのを、おねいちゃんが直してくれたのよね。003.gif
たいそう喜んだ海は、気が狂ったように振り回して遊んだ後も愛おしそうに貝殻をくりぬいたAMIお手製のおもちゃに寄り添っていました。
c0133013_16131761.jpg
海はいつも止まり木の端っこで内股ぎみに足をちょこんとそろえて佇みます。このもっちりとして妖怪ちっくな緑がかったあんよにsana家の人間全員、メロメロになってしまいます~。

c0133013_1613431.jpg
花は海と違って、いつも大股開きの開脚立ち女。
なんとなくこうした所作にも性格が表れてる気がします。037.gif

c0133013_16163045.jpg

by sanakk | 2015-07-30 15:51 | Comments(6)

涼しげな江戸切子 他

夏本番ですよね~。毎日暑いです。
冷たい飲み物(主にアルコール)を飲み過ぎて、お腹を壊していたsanaデス。いえ、もう回復いたしましたが。
c0133013_8422363.jpg
コレはネット検索しているうち見つけてしまい、其の場で衝動ポチっとな、してしまった江戸切子のグラスです。
昨日家に届いた時は、「アレ?いったい何買ったんだっけ?」と忘れていたくらい、気まぐれに購入してしまいました。
でも、涼しげなブルーでキレイでしょ?眺めているだけで涼をとれそう。
ぐい飲みサイズではなく、結構な大きさのグラスです。この江戸切子でいったい何を飲みましょう?
ガラス器が好きな私は、使い道も無いままにクリスタルグラスやら何やら時々衝動買いしては、戸棚の肥やしにしてしまいますね~。


さて、sana家のお鳥さまたち、この暑さにも負けず、頑張って生きてます。003.gif
c0133013_8442337.jpg
あ、希は療養中。絶対安静を言い渡されているので、昼間でも毛布を掛けられています。
でも、薬の効果が出てきたのか、大分活発になって来て私がそばを歩くたびに下りてきてこちらを覗いています。
もう、ひとりで寝ているの飽きたよ~。つまんないよ~。って感じでしょうか。
c0133013_8444393.jpg
ひとりだけの放鳥タイム。詩もつまらなそう。
c0133013_8452334.jpg
海のロングテールが2本抜けてしまいました。
c0133013_8454032.jpg
生えてくるまでしばらくはコザクラちゃん。
c0133013_8465769.jpg
こわいよ、こわい、花ちゃま。頭を下げて待っているのに知らん顔してたら、にらまれました。
c0133013_8471853.jpg
放鳥時間が終わって、「さあ、お帰り」とケージまで連れていくと自分からのっそりと帰って行く花。
聞き分けの良い後姿がなんだか哀れで可愛い・・・・。


先週末イタリアンは地元の行きつけのお店でした。
c0133013_8474442.jpg
フォアグラとゴーヤのリゾット。ゴーヤの季節ですよね。まったりと苦味の組合せが絶妙。
c0133013_848076.jpg
最近、いただく機会がよくある熊本県のブランド牛阿蘇王のビステッカ。すもものピューレをつけて。
他にもたくさん食べて、精力をつけました。043.gif
今日は土用丑の日ですね~。

by sanakk | 2015-07-24 16:47 | Comments(2)
c0133013_19341262.jpg
卵を抱く希、大分上手になったでしょ?しっかりと体を低くしてしゃがみこみ、詩ほどではないけどそこそこ膨らんで卵抱えています。
c0133013_19345327.jpg
最近では、詩と希ふたりでむかいあってケージの床にうずくまっているので何をしてるのかとよく見ると・・・。
卵を分け合ってふたりで抱いているんです。微笑ましいですね。
カゴの鳥だし、誰に教わったわけでもないのに、ペアで力を合わせて子孫残そうとする本能、すごいなぁと感心しました。けれどどれだけ頑張っても孵らない卵なのに、と不憫になってしまいました。
今回は相当気合がはいっているのか、オカメたちもなかなか抱卵に飽きることが無く、粘り強いです。
c0133013_19364695.jpg
顔に綿毛がついたままで一心不乱に温める希。
卵撤去のタイミング難しいですね~。

c0133013_1938380.jpg
長女に捕まった海。みんなが海を捕まえてクンクンしたがっているから、海くん油断は禁物です。
換羽も大分おちついたかな?


今週は、梅雨もしばしお休みかな?というお天気が続いてますが、まだまだ週の中日というのに昨日は仕事終わりにイタリアン呑みしてしまいました。もう、週末まで待てなーい!という感じだったので。
c0133013_19392750.jpg
今回のお店は自由が丘の住宅街にひっそりと、という感じのリストランテマッケローニさん。
2年ほど前にランチタイムにお邪魔した時もブログで紹介しました。私の大好きなイタリアンレストランの一つ。
相変わらず、OPENもCLOSEも出てなきゃ、何屋さんかも分かりづらい店構え。
通り一遍のお客さんは受け付けない雰囲気。
10人定員のカウンターだけで、男性シェフが一人で何もかもをこなすお店です。
ディナーのお料理はシェフお任せコースのみ。たぶんその日の段取りを事前にすべて用意してあるのでしょうね~。お客さんはだいたい7時過ぎには揃って、It's showtime ! という感じで始まりよどみなくコースのお料理が出されます。私はこのシェフの完全に自分の世界に入った仕事ぶりをカウンターから眺めるのが好きです。とにかく無駄が無く、計算された動きながらどこか軽やかで優雅にも見えます。
彼は誰も雇わずに、自分だけの食の空間を作りたいのだなぁと、だからこういうスタイルのお店になったんだなぁと思いました。

冷たい前菜は二品。
c0133013_19422766.jpg
アスパラガスムース。ふんわりとしてクリーミー。乾燥した生ハムとカリカリのアスパラガスの皮が新鮮な感じ。
c0133013_19433522.jpg
馬肉のカルパッチョ。パリパリに焼いたチーズと生のマッシュルームに馬肉、独創的な組合せですね。
温かい前菜も二品
c0133013_19441485.jpg
空豆とナントカチーズのタルト。(シェフ、声がちっちゃくて聞き取れませんでした。常に動いてお仕事してるので聞き返すこともはばかられ・・・)これは、女子は大好きでしょーというお味。
c0133013_19444664.jpg
鱧のフリットとカポナータ。目の前で揚げた熱々の鱧と冷たいカポナータ、美味しかったです。
カポナータはイタリアンのお店によってそれぞれにお味が違うものです。こちらのは酸味よりすこし甘味が強いカポナータでしたが、鱧のフリットにはぴったり。
c0133013_1946172.jpg
そして新じゃがの冷たいスープ。

ここまでで結構お腹が膨れました。やっとここでプリモという構成のコースです。
c0133013_1949992.jpg
白エビとトマトを練り込んだ手打ちパスタ。ピリリと後から辛いパンチのあるお味。美味しかったです。
c0133013_19495255.jpg
そしてこれまたシェフのオリジナリティあふれる鮎とハーブのリゾット。サクサクの香ばしくてほろ苦い鮎とその旨味が染み込んだお米は私の好みの硬さ。
うーん、でもこの辺りでもうお腹いっぱい。
この後にセコンド。牛フィレチーズ焼とヤングコーンのロースト。10人のお客さんにいっぺんに出されます。
少しだけ遅れていらした一組は最初の頃は一品つづ遅れていましたが、いつの間にか追い付いていましたよ。みなさん、メイン料理のそのボリュームにため息が漏れていたけれど、残した人はいませんでした。
食べるのに夢中で最後の牛フィレだけ、撮影し忘れました~。
コースはこれでおしまい。このボリュームでコース料金は5000円を少し切ってました。たしか・・・。
生ビール×2とスプマンテボトル1本、エスプレッソダブル×2 で二人で16000円はお値打ちですね。
コスパ、大分いいと思います。シェフ一人だから、ワインのおかわりとか注文のタイミングを見計らったり、サービス的にはいたれりつくせりと言うわけではありませんが、美味しいんだからいいでしょ、って感じのお店です。
全部美味しかった~、満足満足。045.gif

平日だというのに帰りが遅くなった作夜、酔っているし食べ疲れているし、シャワーしてすぐに寝たいのはやまやまなのですが・・・。
鼠色娘がケージの中から地団太を踏み踏み、恨みがましく私のことを見つめていました。
「おいで、ちょっとだけだよ。」と扉を開けると、飛び出してきました。
c0133013_19565751.jpg
ナデナデして?と首を下げては、私を見る。
c0133013_1957154.jpg

酔っ払いの私は、思わず愛おしくて花のお腹に鼻をくっつけてフンフンとその匂いをお粉ごと吸引すると、
花はすぐにそんな私の愛情に応えてきます。私の指をにぎりしめ引き寄せてエグエグ・・・。
c0133013_195745100.jpg
花がとても官能的に見える瞬間。016.gif
本当はいけないんでしょうね?鳥の発情をそそるようなことをしては・・・。
でも、これも私と花の絆を深める大切な時間。私は花にとって母であり、恋人でもあるのかな。

by sanakk | 2015-06-25 20:38 | Comments(6)
梅雨の季節なのだから仕方ないけれど・・・所狭しと室内に掛けられた洗濯物を見てはため息が漏れる毎日です。まだまだ先が長いこのうっとおしい季節、明けるのは8月過ぎてから・・・なんて予報も出ていますがほんとうでしょうか~。だとしたら、今年の夏は短いかもですね。

前回の記事で、〇〇ダーコアという絶賛売出し中の腹筋マシンを使って腹筋を鍛えていることについて書きました。
c0133013_16131077.jpg
今回は三日坊主になるまいと強く決心して毎日頑張っていました。慣れてきたので70回から100回に増やして3日目、腹筋を鍛えるはずだったのに、背中の筋肉痛になってしまいました。しかも右側だけ。
右の背中だけっていうのが不思議なんですが・・・。筋肉が炎症を起こしている感じの痛さで、きのうから湿布を貼っています。
今回は毎日習慣にして続けられそう・・・・って思っていたのに、早くもお休みです。
腹筋が痛いならまだしも・・・なぜ背中?分かりません。
写真で見ていただいたら分かる通り、背もたれが左右別々についていてそれぞれ負荷を調節できるようになっているのですが、左右のバランスが悪かったのかしら~。この腹筋マシン、なかなか使い方が難しそう。(私だけ?)
私のやる気に珍しくスイッチが入ったのに、このザマです。
背中が痛すぎて、私のやる気はしゅるしゅると風船から空気が抜けるようにしぼんでしまいました、とさ。008.gif

さて、今朝のお鳥さまたち。
c0133013_16423087.jpg
相変わらず花は朝から私へのストーキング開始。忙しく動き回る私の後をバサバサと羽音を響かせてついてまわっていました。

c0133013_16424240.jpg
大好物のアーモンドをいただく海。大事に大事に最後のひとかけらまで器用に持ち替えて食べます。
人間に食べ物の好き嫌いがあるのだから、鳥にあったって当然なのですが・・・・。海があんなに美味しそうに食べるアーモンドを嫌う花。受け取りません。
c0133013_16431284.jpg
はっきりと「いらないの~」と言います。(語尾疑問形ですが)使い方正しいです。そして私の手からもぎ取って投げ捨てる。015.gif
c0133013_16434162.jpg
娘が食べていたロールケーキのスポンジ部分、むしゃむしゃ食べます。甘いものが大好き。面白いですね。
c0133013_16435931.jpg
       天邪鬼お嬢様。016.gif

抱卵中のオカメたち、今は詩と希、交代で温めています。片方が卵から離れると、すっともう片方が降りてきて卵を抱くという・・・。見ていると感心してしまいます。
c0133013_1645297.jpg
やっぱり詩、抱卵する姿が様になってます。希のそれと比べると(前回記事、掲載写真)、しっかりとしゃがんでモフっと膨らんで自分の体温を卵に伝えてる感じですよね。
希も詩の抱卵を見て、学習したのか、ちょっと上手になってきています。
巣箱を入れてあげれば、オカメたち、ひょっとしたら上手に卵を孵すかもしれないなぁと思いました。(ダメダメ046.gif)


うっとしい毎日ですが、仕事帰りに時々美味しい物を食べて美味しいお酒をいただくのは、私の生きがい。
家の近くに、能登出身の大将が切り盛りする小料理屋を見つけました。
c0133013_16412526.jpg
能登の食材を使ったおいしいお料理をいただくことができて大満足。
c0133013_16413514.jpg
あおさのしゃぶしゃぶ、です。冷酒が進みます。
c0133013_16415152.jpg
今シーズン初の岩牡蠣です。能登大島産。ライムを絞っていただきました。
こ・これは、美味い。ウマすぎる。しばし、天を仰いで固まりました。
梅雨は、美味しい食事とお酒で乗り切るしかないです。(私は一年中コレですが)

by sanakk | 2015-06-19 16:55 | Comments(6)
6月に入った途端にお天気は下り坂、ぼちぼち梅雨入りか・・・なんて言われてますが、5月最後の週末は良く晴れて真夏のような日差しと暑さでしたよね。
お天気の良い週末はこの時期、鳥干し決行です。
c0133013_10481347.jpg
今回は花の番。ケージごと窓辺に連れて行かれる途中は、ビビッて大騒ぎしますが、いざ太陽の光を浴びるとおとなしくなってじっとしている花なのでした。
写真を撮ったり、霧吹きで水を掛けたりしているうち自分も眠くなっていつの間にか花のそばで転寝しているところを娘に撮られました。
c0133013_10192844.jpg
気持ちいいですよね~、休日のお昼寝。窓からいい風が入って。幸せなひと時でした。

ケージの掃除中、海はやりたい放題。
c0133013_10194381.jpg
オカメsのシードを首突っ込んで盗み食いする後姿、浅ましいですよね~。
c0133013_10201447.jpg
ピーちゃん用シードは、私が容器から補充するタイミングを見計らってやって来て直食いします。(後ろでピーちゃんも無心に入れてもらったばかりのシードに食らいついています)
c0133013_10204482.jpg
久しぶりのツーショット。海は追い立てられても花のことが気になって仕方ないようです。
この時も、突然飛び立った花に蹴られてすっ飛ばされました。それでも懲りずにふたたび花のそばに降り立って、なにやらぎゃうぎゃうと話しかける海なのでした。


さて、この日は夕方からJR茅ケ崎駅近くにあるsanaとおやーじゅお気に入りのイタリアンレストランに行ってきました。
最近、お邪魔する頻度が高くなってます。イタリアンはお気にりのいくつかのお店をぐるぐる回ってる感じ。
ぼちぼち、近場で新規開拓したいところですが、美味しいと分かっているお店はやっぱり安心して訪問できますからねー。

c0133013_10271623.jpg
まずは生ビールをいただきながら、前菜一皿目、稲取産金目鯛のカルパッチョ。皮目を炙った金目鯛がおいしーい。彩もキレイ。
c0133013_10273830.jpg
二皿目は最初のお料理と若干かぶりますが、地鰺とカブのマリネ。カブが甘くて、脂ののった地鰺が本当に美味しい!ピンクペッパーがいいお仕事してます。
c0133013_10284522.jpg
蕪があんまりおいしかったので、冷たい蕪のスープを追加オーダーして・・・。
c0133013_10291210.jpg
生ビールの後にこの日いただいたスプマンテは瓶内二次発酵の赤。爽やかな辛口で、発砲もしっかりしていますが、炭酸ガスが抜けると赤ワインとしても美味しくいただけるのだそう。
このワイン、ホント美味しかったです。お値段もまあそれなりでしたが。
c0133013_10295061.jpg
白レバーのムースとイチヂクジャム。レバーと甘いジャムはどうしてこんなに相性がいいのでしょう。
c0133013_10301941.jpg
やっとパスタです。こちらのお店に来るとメニューにのってなくても頼んでしまうカーチョ エ ペペのパッケリ。
ナイフで切って食べるほど巨大なマカロニのようなパッケリにチーズと胡椒とオリーブオイルだけのシンプルなパスタ料理なんですが、自分で作っても絶対この味は出せないんだろうな。
c0133013_10314482.jpg
メインは最近ハマってる熊本あか牛のピステッカ。カウンターの上に無造作に積まれたヤングコーンが美味しそうとシェフに言ったら、付け添えにしてくれました。
お店の方がご自分で畑から採ってきたという新鮮なヤングコーンは皮ごとヒゲごと香ばしくローストしてくれて全部食べられます。
もうお腹いっぱいというおやーじゅでしたが、私はまだ食べ足りない。
「よく、食うなぁ~」という声を無視して、ズッキーニとレモンのリゾットを私とおやーじゅ比、7対3で分けてもらっていただきました。011.gifふつう逆ですよね。
c0133013_10335561.jpg
爽やかにレモンが香るリゾット、これはメインの後でもペロリとイケちゃいますよ。
ワイン、ボトル空けて、ドルチェまでいただいて、今日も美味しかったです~と、上機嫌でお店を後にしたのが10時ごろだったかな。
JR茅ケ崎駅から東海道線に乗って途中タクシーを使って帰るので家まで1時間もかかりません。
そのはずでしたが・・・。
すぐに来た東海道線に乗り込んで、ぐっすり寝込んでしまった我々が目覚めた時、電車は横浜に止まっていました。時刻は既に12時近く・・・。そんなばかな。
そうなんです、この日は(土曜日)小笠原沖震源の大きな地震がありましたよね。その時は店で呑んでいたので揺れながらもあまり深く考えなかったのですが、どうやら我々は帰宅難民になりかかっていたようです。
最寄駅に2時間以上かけてやっと着いてもタクシー乗り場が長蛇の列で、けっきょく3時間近くかかって家にたどりつきました。(逆に電車が止まっていなければ我々は確実に東京駅まで乗り越していたであろう・・・)
せっかくの美味しい食事とワインだったのに、家に着いた時には酔いも醒め、疲れ切っていましたよ。
日本各地の火山活動と最近頻発する地震、心配ですね。いま日本列島の下でなにが起こっているのでしょう。
ちなみに留守番していた鳥たちは、そんなに怖がることも無く大丈夫だったそうです。
YUKA談ですが。
人間がうろたえると鳥たちも怯えてパニックを起こすので、YUKAはじーっと動かずに鳥たちを凝視していたそうです。羽繕いをしていた花が揺れだした途端ビクッとして顔を上げた時、YUKAがじーっと見ている視線に圧倒されて暴れることも忘れていたようだったって。
なるほど~。そういう手があったのか。さすが鳥飼いの娘。
YUKAちゃまグッジョブです。049.gif

by sanakk | 2015-06-03 10:42 | Comments(4)
5月11日は、実家母の八十八回目の誕生日でした。
そしてその週末、母と同居の兄主催で「おあばちゃんの米寿を祝う会」が開催されました。
場所は実家近くの椿山荘ホテルの中のイタリアン「IL TEATRO」でした。日本酒好き、和食好きの兄がイタリアンを選ぶとはちょっと意外でしたが。
広い個室に2人の黒服の人がいたれりつくせりのサービスをしてくれて、ゴージャスなお祝いの席となりました。

ホテルのイタリアンらしいフルコースの一部をご紹介。
前菜の前のアミューズは二皿。
c0133013_1148398.jpg
c0133013_11491243.jpg
アボカドみたいに見えるのは芽キャベツ、右はフォアグラです。
c0133013_1152372.jpg
前菜5品。ハマグリのアヒージョ、ホワイトアスパラの生ハム巻き、フォアグラを挟んだパイ、アカザエビのカダイフ揚げなど・・・

c0133013_1153814.jpg
ほうれんそうを練り込んだ手打ちキタッラ、イカや浅蜊がたっぷりのパスタに生うにが乗っていて、美味しかったです。
c0133013_1363419.jpg
ティアラに見立てた旬のイサキのロースト、瀬戸内産レモンが薫るエマルジョンソース・・・だそうです。
c0133013_11534199.jpg
和牛サーロインのグリリア、モリーユ茸とグリーンアスパラガス添え。こちらは文句なしにお肉が美味しかったですね~。量もちょうどよく、甥っ子が選んだ赤ワインが進みました。
私がいつも行くようなカジュアルなイタリアンレストランと違い、やはりホテルの厨房は遠いのか、すべてのお料理が少し冷めているのがタマニキズ。目にはゴージャスなんですけどね。
イタリアンは目の前のオープンなキッチンでシェフが腕を振るった出来立てのお料理をいただく方が私は好きかな・・・。
若干、結婚披露宴のフルコースを彷彿とさせるものがありましたね~。
食事が一段落すると、孫たちからのプレゼント贈呈タイムです。
c0133013_11554820.jpg
長女からは、母が欲しがっていたリュックサック。長女の記念すべき初給料で買ったものです。
c0133013_1156911.jpg
次女からは、これからの季節母の必需品、帽子。なけなしのバイト代で購入。
c0133013_1551164.jpg
兄側の孫、男子ふたりからは、母の名前の字を頭文字にして、なにやら著名な方が書いてくれたという詩を書にしたもの。なかなか記念になるプレゼントですね。
c0133013_1403447.jpg
母の名前バレちゃいますね。028.gif

泣き虫の母はこの夜何度も涙ぐみました。
4年前に父が他界してからというもの、家にとじこもりがちですっかり元気をなくし、ネガティブな事ばかり言うようになった母ですが、うれし涙と笑顔を交互に見せてくれました。良かった良かった。
狭心症の兆候はあるものの大きな病気は無く、頭もしっかりとしている母は、孫4人に囲まれ米寿を祝ってもらえて幸せな方だと思います。
私は母のように米寿を迎えられるのでしょうか~、自信がありません。その頃私に孫がいるかどうかも分からないし。
そう考えると、こんな年になった私にもまだまだ未知の未来があるんだなぁと思いました。(ポジティブなのかネガティブなのかわからない考え方ですね003.gif)

c0133013_13215934.jpg
抹茶を纏った柑橘風味テリーヌ仕立て、という名のデザートには、母のだけお祝いのプレートが付いていました。
このころになると私は大分ワインを飲み過ぎていて、このデザートのお味がどうだったのか覚えていません。
完食しているはずなんだけど・・・・、きっと美味しかったのでしょうね~。
この後、小さなデザートとコーヒーが出てコースは終わりでした。

さあ、次の目標は白寿(九十九歳)だね、あと11年がんばろう~とみんなに言われて「とてもとても無理だよ~、東京オリンピックだって見られない」という母でした。
白寿と言わず、100歳越えして内閣総理大臣からのお祝い状と記念品を是非受け取って欲しいと思います。
「遺影にするから、綺麗に撮ってちょうだい」なんて言うけれど、実はもっともっと長生きする気満々な母だということを私は知っていますから。

さてさて、お鳥さまのお話をすこし。
先日、夕方帰宅するとリビングに入ってまず目に入ったのはこの光景。
c0133013_13232298.jpg
鳥マンションの下の床、つまり花のケージの回りにたくさんの糞の跡。朝、ケージを掃除し、周辺の床も拭いてから出かけているので、私が留守中に何者かがケージから出てきてそそうをしたか、あるいは花がケージ越しにうんP飛ばしをしたか・・・。後者は今までそんなこと一度も無かったので考えにくいです。
・・・とすると、やはり犯人はコヤツ。(勝手にケージの出入りをするのはコイツしかいませんから)
最初は気がつかなかったけど、私のすぐ傍らに気配を消してじっとしていました。
c0133013_1326354.jpg

うんPの状態を見るとほとんどがカラカラに乾いていたので、海が相当長い時間外に居たと推測されました。
しかも花のケージの回りにしか落ちていないので、海はずーっと花のそばにいて話しかけていたのでは?と思います。床におちたうんPの量からみて、おそらくケージを抜け出して数時間は経っていたでしょう。
私が朝、ラックと壁をぴったりとつけていかなかったからいけなかったのです。
c0133013_13272817.jpg
こんな隙間からケージ抜けをしたようです。
貼り替えたばかりのクロスを汚されたくなくて、無意識に私は壁との間に隙間をあけてしまったのかなぁ~。
出たはいいけど戻れなくなったのかずっと外にいてすっかりお腹が空いてしまった海、ケージに戻されるとすぐにむしゃむしゃゴハンを食べていました。
海が留守中カゴ抜けしたのは、これが初めてじゃありませんが、こんなにたくさんのうんPをするほど長時間は初めてです。何事も無くて良かったです。
気を付けなければいけませんね~。部屋の中の危ない物を齧ったりしたら大変ですから~。
c0133013_14141629.jpg
ダメだよ~、勝手に出て遊んだら。
花が、近くに居るようにケージの中から引き留めておいてくれたのでしょうか~。
花ちゃま、ありがとう~
c0133013_1416494.jpg

by sanakk | 2015-05-20 19:03 | Comments(4)

粉と戦ってます

更新滞りがちですが・・・、3月になってしまいました。春はもうすぐ、ていうかもう来てますね。花粉と共に・・・。私の苦手な季節がやってきました。
暖かいかと思えば、寒かったり、強い風が吹きまくりいろんな粉が飛散するこの時期、私も心身ともに不安定になりますね~。
一昨年の春、いきなり花粉症デビューしたsanaです。(仲良くおやーじゅも一緒にデビューしました。)
そして去年の春は、なぜか症状が出なかったので、花粉症デビューは気のせいだったか、と思っていたのですが、やっぱり今年はキツイです。
今朝は自分の連発くしゃみで飛び起きました。鼻にティッシュを詰めたまま放鳥、おそうじをして、鼻水を垂れ流しながら出勤してまいりました。
c0133013_11525154.jpg
保湿ティッシュ無しでは、生きていけません。
抗アレルギー剤をのむと、仕事にならんのですよ。ただでさえもいつも眠たいのに。
今の所、薬に頼らずに戦っています。職場に着いて、不思議と午後になると症状は落ち着いてくるのです。
そして家に帰るとまたひとしきりくしゃみ鼻水、目の痒み・・・。家?ん?これって花粉が原因なんでしょうか?
脂粉だったりして。
おやーじゅが耳鼻科で仕入れてきた情報によると、花粉アレルギーから脂粉アレルギーを併発することもあるとか?(真偽は未確認)確かに花粉と脂粉、ねっとりとしたお粉の感じや粒子ぐあいも似ている気がします。


一年中、恋の季節、恋愛体質の詩さん。このところ独り暮らしのケージの中でシャチホコ体勢でお尻を突き上げ「ピロピロピロピロ」と誘い鳴き(私が勝手にそう思っている)をしていたかと思ったら、卵産んでました。
c0133013_11544587.jpg
今朝、掃除のときに気がつきました。008.gif
私がケージを覗くと、いつも逆さにぶら下がって翼を広げてこのポーズをとります。
あっちへ行け!と威嚇してるんでしょうか?
c0133013_11551368.jpg
全然怖くないけどね。ウータン。003.gif
c0133013_11552960.jpg
sana家のお鳥さまが全員海の様に脂粉を出さない体質だったらよかったのに。海が頭をガシガシ掻いても、花の様に白いのろしはあがりません。

c0133013_11561349.jpg
「ズズズズゥ~」という鼻かみ音ばかり真似する近頃の花。私がティッシュに手を伸ばすと「ズズズー」と先に鼻をかんでくれますよ。
おやーじゅと私の鼻をかむ音の微妙な違いまで正確に再現するので、可笑しいやら、悔しいやら。
そういえば、今年もすっかりスルーしました。3月4日の花の誕生日。11歳になりました~。043.gif


さてさて、先日、sanaエリア内でなかなか良いお鮨屋さんを新規開拓しました。
お鮨も美味いし、雰囲気も良し、大将が気さくで好印象、しかもお代が良心的。
カウンターでつまむお鮨屋さんは、握ってくれる大将との相性も結構重要だったりしますね。
c0133013_11565182.jpg
生サバとカワハギのお造り。たっぷりの肝醤油につけていただくカワハギ、今が美味しいですよね~。
美味しい物を食べると花粉症が良くなるのだったら、どんなにいいでしょう~015.gif

by sanakk | 2015-03-06 12:01 | Comments(6)